« EF300mm 1:4Lのゴースト | トップページ | 負け越しっぽい。ふたご座流星群 »

2009年12月 7日 (月)

K-m購入から一年

 なんとはなしに、久しぶりにチャリにまたがりお散歩。


「下校」

Gekou

もっとも日暮れの早い時期。静かに暮れていくひとときに戸外に出ると、
小学生のようなうきうきした感じになる。

Gekou_hinomi

PENTAX K-m/smc PENTAX-FA 1:2.8 28mmAL/ISO100  一枚目シャドー補正ON

一年前の今日、K-mを買った。
それから半年ほどは、天体も含め、メイン機として使ってきた。
最初は天文改造したKissFと、日常用のK-mと、棲み分けるつもりだった。
でも、星も無理やりK-mで撮ったりもした。
揺れ動きながら、嘆きながらも、当時はペンタファンの端くれだった。

・去年の今頃、ペンタックス天体望遠鏡終了のお知らせ。
・そして、春には中判の終了宣告。
そして、K-7、K-xの発売となっていくわけだが・・・

ひとついえるのは、天文趣味でペンタファンを続けるのにはつらい1年だった。
そして、乗り換えの往生際が悪かった。事実と本音を綴っただけだが、いろいろな人の気分を害したかもしれない。

適材適所というけれど、うまく切り替えがきかないでいた。
そんなところに、数日前から再びK-mが戻ってきた。
そして、なぜだかK-mは我が心の一角に息づいている。
使いたいときだけ、気ままにK-m を使っていこうと思う。

自分でも意味不明な文である(笑)

|

« EF300mm 1:4Lのゴースト | トップページ | 負け越しっぽい。ふたご座流星群 »

コメント

ペンタのファンだから、それ以外使ったらいけないとか、
ペンタ嫌いになったから、ペンタ使ってはいけないとか、
写真が好き、カメラが好きなら、どこの使ってもいいんじゃないかな。
「使いたい時に、使いたいカメラを使って、撮りたい写真を撮る。」
これでいいのだ。

投稿: でぱいゆ | 2009年12月 8日 (火) 02:56

28mmAL、やっぱりよい写りをするようですね。
このレンズ欲しかったんだけど、手に入れることなく今に至ります。
対角線にこだわったペンタならば、いつかはDA28mmとか出して欲しいけど、
かなり難しいかな?
それまでは他の28mmで我慢するのだ。
K、M、A・・・の描写の差がわかるまで!

投稿: らすあるはげ | 2009年12月 8日 (火) 21:35

>でばいゆ様

いままで、自分で自分に呪縛をかけていたようで、バカでしたorz
仰るように、今後は「使いたい時に、使いたいカメラを使って、撮りたい写真を撮る。」
ということで、気ままに写真生活をおくって行きたいと思います。

>らすあるはげ様

FA28AL、星のときはそれほどいいとも思いませんでしたが、いろいろ使ってみるとやはりいいレンズですね。
販売終了になってから買って置けばよかった、と後悔しましたが。
DA28あったら、明日にでも欲しいです。
HPを見ると一本二本と、じわじわ販売終了のレンズが増えているのが気がかりですが。
WR化の前夜でしょうかね。そのうち余力が出てきたらお願いしたいところです。
ウチにはFA,M,smcTAKUMARの28mmがありますが・・・、TAKUMARもつかってみないといけないなぁ。

投稿: 豚磨 | 2009年12月 8日 (火) 23:25

う~~ん、そうですか。
おいらは、ツアイスにほれてるんで、レンズが使える嫌いなCANONへの
移動を余儀なくされてます。
フォーサーズは焦点距離が2倍になるラインナップで、ツアイスの良さがスポイルされそうなんで、
今は、5DmarkⅡですかね・・・・・・お金が溜まったら早速実行です
ペンタに不満があるとしたらフルサイズがラインナップにないのと
オートフォーカスの精度の低さですかね・・・・・・
ではでは

投稿: mike | 2009年12月24日 (木) 04:23

>mike様

ツアイス、いいですね。
わたしも以前、プラナー50/1.4とテッサー45/2.8のマウント座金をKマウントに換装して、描写を*istDで楽しんでいました。
EFマウントならアダプターで付くから、Canonなら改造なしに取り付きますし。5D2、フルサイズ、はあこがれるところであります。

実は、一年半位前までは、キヤノンのデザインからなにから、生理的に受け付けませんでした。
しかし、天文適正は認めざるを得ませんでした。
今でも特に好きというほどでもないけど、工具箱に入っている専用工具のように、その用途のときに信頼して使っています。

K20D以降、ペンタックスDSLRは当社比でも、天体用途にはむしろ退歩した面もあり、このことでペンタを許せない気持ちでおりました。
今は、だんだん普通に戻ってきていますが、キヤノンを超える天文適正が出ない限り、自分の中では、主力にはもうならないだろうな、と思います。
でも、ちょっと肩の力を抜いて、気分転換にというときペンタックスという選択肢があるかないか。
このことは趣味の豊かさに大きな違いが出るだろうな、とも思います。

投稿: 豚磨 | 2009年12月24日 (木) 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/46963388

この記事へのトラックバック一覧です: K-m購入から一年:

« EF300mm 1:4Lのゴースト | トップページ | 負け越しっぽい。ふたご座流星群 »