« 暮れ行く山 | トップページ | 老境 »

2009年12月31日 (木)

月光と星と

月明かり、いままで嫌っていたけれど・・・。ふと、月光りを生かした星景もやっていきたい、と思った。

Jasastar_re

EOS KissX3/smc PENTAX-FA☆1:2 24mmAL 絞りF4.7/30sec  ISO200  AWB  JPEG
12/29 23:18 より112枚連写、比較明で合成

・比較明でも、星の色は出るようだ。露出のさじ加減か。
・天の北極を入れるには、もっと別の撮影地でなければ。
・撮影の終わりごろになると、レンズに霜の結晶が出来始めていた。
 67魚眼とEF300mm 1:4Lには有効な電熱ヒーターをそのまま使用してはいるのだが、鏡筒がプラのレンズは、レンズまで熱が伝わりにくいようだ。

今年は、撮影機材に翻弄されすぎた。
来年は、もっと撮影そのものに力を入れていきたい。

でも、超広角域のレンズも欲しい。
オートガイドの前段の、車内遠隔手動監視ガイドシステムができたら。
・・・
・・・
結局物欲じゃん。

K-7sが出たら、物欲優先順位が大幅に変わるかも・・・。


ことしもお世話になりましたm(_ _)m

|

« 暮れ行く山 | トップページ | 老境 »

コメント

いや~今年は管理人さんの移り気に家族離散か、とはらはらしました
(冗談ね)
棄てられたあいつは何処に!
(結構、管理人さんもやるな~)

投稿: suge | 2009年12月31日 (木) 14:21

>suge様

 だいぶいろいろとお騒がせしました。m(_ _)m

自分の何かどこかで、ペンタ愛好心は、生き残ったようです。
まあ、自然に、成るがままにしておきますが。

>棄てられたあいつ・・・
まだ、某お店の中古ショーウインドゥに、淋しそうにしておりましたorz
あの値段じゃ、売れないよな。新品買うよなぁ、という値札をつけて。
いっそのこと買い戻してしまおうか、と何回か思いましたが、もはや経済力が残ってなく。
ずっと売れ残るようだったら、いつか買いに行ってあげたいような。でも次期K-7も気になるし(苦笑)

投稿: 豚磨 | 2009年12月31日 (木) 20:14

今年もいろいろとありがとうございました。

地上の景色を生かしたい時には、月明かりも有効ですね。(^^
長秒時のノイズレベルの低いEOS系は、こういう時には確かに有効だと思います。

>ペンタ愛好心
失礼ながら、機材の一部(主力機ではありますが)移行に伴う、一過性の混乱かな、と比較的冷静に拝見しておりました。(笑)
自分の方は、早期に改造機の導入をしたこともあって、機材の使い分けにはあまり抵抗を感じていません。
貴Blogでもしばしば語られていますが、EOSもKiss系や2桁機は機能優先という意識があるのも一因かもしれません。
PENTAXが比較的安価に中級機を提供してくれているので、自分なりにヒエラルキーを作れていますが、相手がNikon機だったら多分相当に悩むと思います。
S5Proの導入も、価格と比較性能がこなれてきたからこそ、のところがあります。(笑)

投稿: ich | 2009年12月31日 (木) 22:22

こんばんは。
あと少しで今年も終ってしまいますね。
自分のところのブログ更新も滞り気味でしたが、
こちらにもあまりコメントに寄れずにすみませんでした(--;)

ところで、突然ですがこの度ブログの引越しをしました。
先に告知することも出来ずに急なことで申訳ありませんが、
これからは新しいブログの方へ足を運んでいただけたらと思います。
今年も一年間いろいろとありがとうございました。
よい年をお迎えください。

投稿: しんいち | 2009年12月31日 (木) 23:48

あけましておめでとうございます。
半月~満月は比較明が撮り頃ですね、月が辺りの風景を美しく照らしてくれます。
星の色はやっぱり露出加減でしょうか。でも8秒以上になると軌跡が途切れてしまうのでなかなか難しいですよね。感度の高い設定ができる機種なら色も乗りやすいのでしょうか・・うーん、今年の課題としておきましょう。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Fuuma-mfuk | 2010年1月 2日 (土) 02:37


おめでとうございます。

浅間の星景いいですねぇ


浅間頭上といえばパラダからなのは調査済みなのですが
冬は当然営業してますので難しいと二の足。

行動力がある管理人さま、ポーラースター入りは是非是非見たいです。

本年も宜しくお願いします。

投稿: baja | 2010年1月 2日 (土) 09:21

>皆様

明けましておめでとうございます。
旧年中は、お世話になりました。
新年は、雪かきと融雪材散布で始まりましたorz


>ich様

TBありがとうございます。海岸は月光を生かす良い題材ですね。海無し県民としては、うらやましいです。
今年は、月明かりは月明かりのよさ、新月期は星の輝き主題で、星のある風景を撮っていきたいと思います。

このときは、寒く、低感度で一コマの露出も高々30秒なので、電源さえうまく工夫すれば、ペンタックス機でもきれいに写る
と思っています。この撮影では、X3の電池もダウン寸前でした。
天体には、当面非SRボディのC社と、非ISレンズ(メーカー問わず・・・笑)を組み合わせていこうと思っています。

”お見苦しい”混乱は、KissX2改+ステライメージ6の導入で、自分のなかで機材の役割分担が明確になり、吹っ切れてまいりました。
ただ、X2入手のさい、購入まもなくのK-xを下取りに出したことがアホですが(苦笑)

Cとステライメージによる直焦点撮影は、いってみればプロテイン飲んで筋トレしているような気がします。
そんななかで、野菜でも食べて栄養バランスを、というような感じで、ペンタ機と付き合っていけたらと、思います。(笑)


>しんいち様

リアルにお会いしてた方々とこうしてネットで、また、一回もお会いはしていないけれど日ごろからネットを通じてやり取りする方々、
形態はいろいろですが、出会いというものは大切にしていかねばと、感じた次第です。
新ブログのほう、PPにリンクしておきました。
(ということで良かったですよね。不都合あったらお知らせください)
これからも、よろしくお願いします。


>ふうま様

E200フィルムの入手難を契機に、銀塩による天体写真は、自分のなかでほぼ終了してしまいました。
でも、デジタルならではの比較明ですと、人工の明かり、月明かりとも仲良くしていけそうです。
いろいろな表現に挑戦していけたら、と思っています。

星の色はどうしたら出るのでしょうか。
30秒という露出時間で、ISO感度と絞りをあれこれかえてやってみていますが、一コマ一コマの星はみすぼらしいくらいに
暗めのほうが、合成したときに星に色が残っている気がします。
でも、星の軌跡の数や迫力とはトレードオフとなるのは致しかたないのでしょうか。
自分としても、研究の余地ありだと思っています。

ともあれ、孤独な星撮り人、ネットを通じての情報交換は、勇気付けられます。
今年もよろしくお願いします。


>baja様

旧年中は、いろいろとお世話になりました。m(_ _)m
昨年はペンタに病んだ?一年でしたが(苦笑)、心の再構築が進んでまいりました。
そのうちPPのほうにも。。。
そして、以前のように楽しくやっていきたいと思います。

>浅間頭上といえばパラダ

なるほどその手が。しかし、冬はパトロールに保護されてしまいそう(笑)
この撮影の帰り道にも、ああ、ここなら。という場所はあったのですが、木々に視界が遮られて難しいです。
が、いずれ試みてみたいテーマです。

今年も、よろしくお願いします。

投稿: 豚磨 | 2010年1月 2日 (土) 18:15

明けましておめでとうございます!その後アドレス変えていますか?秋頃に呑みたいと思い、メールしたのですが・・・・・
この浅間山と星の写真いつか挑戦したいです・・・あとK-7s気になります。情報集めたいです。今年もよろしくお願いいたします。

投稿: 浅間やん | 2010年1月 5日 (火) 11:16

>浅間やん様

 明けましておめでとうございます。

>アドレス
夏ごろ前n携帯を雨で濡らしてダメにしてしまい、その際、ドコモからauに替えてしまいました。
電話番号は引き継がれるのですが。。。あっ、当然ながら。。。メアドは変わってしまいますねm(_ _)m
せっかくお誘いいただいたのに、すみませんでした。
新アドレス送っておきますね。

浅間山と星・・・ぜひ挑戦してみてください。三脚とレリーズスイッチあればできます。
K-7s(?)、私も注目しております。どうなりますかね。

"噴火"からはちょっと日がたってしまいましたが、"小浅間"さんも登場されたとのこと、おめでとうございます。

投稿: 豚磨 | 2010年1月 6日 (水) 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/47161223

この記事へのトラックバック一覧です: 月光と星と:

» 上るオリオン(勝浦) [ich's Notebook]
K-7 DA 1:4 16-45mm ED AL (16mm/F4.5) ISO [続きを読む]

受信: 2010年1月 2日 (土) 05:04

« 暮れ行く山 | トップページ | 老境 »