« 東京アクセスの模索 | トップページ | 遠隔監視ハンドコントロールガイドの実際 »

2010年1月16日 (土)

ステライメージ6、KissX3などに対応

 ようやく、X3ほか最新デジイチ対応アップデータが公開された。
以前、X3で撮影したM31を画像処理してみた。

RAW+JPEGのJPEGとってだし。

M31su

KissX3/EF300mm 1:4L(F4)/ 露出5分30秒 ISO800/EM-200で放任追尾
2009.10.19 大河原峠にて

上記画像をステライメージ6でRAWから処理し、トーンカーブをまげて強調したもの。

M31s


3枚コンポジット、デジタル現像後、トーンカーブで調整したもの。
宇宙にぽっかり浮いている感を出してみたかった。

M31oog2

 この日は強烈な風が吹き、星像が膨らんでしまった。
が、X3もRAWからの本格的な天体画像処理ができるようになって、選択肢が広がったのはうれしい。
X2とどう違いが出るかも興味のあるところ。
 それには、撮影に出かけなくては。(でも、めちゃめちゃ寒いし。貴重な晴れ間が出そうだし・・・葛藤)
 

|

« 東京アクセスの模索 | トップページ | 遠隔監視ハンドコントロールガイドの実際 »

コメント

情報有り難うございました。早速アストロアーツ社のサイトを見て参りました。
(我らがペンタックスも)K-xとK-7に対応したようですね。
#どちらも持ってないのが、か、悲しい orz

残念なことに、所有機の中で最新鋭であるE-P1は、今回のUpデータから外れています。
↑これだから、新品デジ一眼には手を出せない!←あっ、嘘です(¥が問題=苦笑)
『K-7と同時期発売だから』と、密かに期待していたのですが..(泣)
やはり、あまりのノイズ量と不安定さが妨げになっている気がします。(大泣)

投稿: Ken28 | 2010年1月16日 (土) 19:27

>Ken28様

K-7とK-xにも対応したのですね。
K-xは、高感度はカメラのデフォルトのJPEGだけで手放す判断を下してしまったので、
RAWから本気で仕上げたらどうなったかは、ちょっと心残りです(苦笑)
ただ、30秒を越える露出は両機とも長秒時NR 強制ONですので、ステライメージで画像処理するような対象
は、何コマもコンポジットすることが多いので、撮影時に根性がいると思います。

今回E-P1には、(残念ながら)対応してこなかったですね。
アストロアーツがどのような基準で対応機種を決めているのかはわかりませんが。
何枚もコンポジットしたり、強調して淡い対象を浮かびあげる使い方ではなく、ミラーが無い(振動が少ない)ことを生かした
月や惑星、機動性を生かした星景など、別の持ち味があるのだと思います。

投稿: 豚磨 | 2010年1月17日 (日) 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/47309570

この記事へのトラックバック一覧です: ステライメージ6、KissX3などに対応:

« 東京アクセスの模索 | トップページ | 遠隔監視ハンドコントロールガイドの実際 »