« 老境 | トップページ | 東京アクセスの模索 »

2010年1月10日 (日)

ガイドスコープ遠隔監視への試行

 直焦点撮影においてどうしても必要となる、ガイドは冬の高冷地では非常につらい作業になる。
 せめて、遠隔監視で車のなかででもこの作業が出来たら・・・。
ただし、子どもの進学を控え(もっと他にも理由はあるでしょ、というツッコミは勘弁を・・・笑)お金はかけられない。安いことが絶対条件。

 そこで、普通に売っているウェブカメラ、ロジクールのC200、1,980円をゲット。

Webc200

すでに分解して、ピントリングを外してありますが。
これを、適当な接眼レンズと組み合わせてピントが来るようにすればいい訳なのです。

 ウェブカメラのレンズは温存したコリメート法でピントが来る接眼レンズは、ペンタックスのO-7mmと相性がいいようだ。
 (投影法でもやってみたが、ピントがうまく来ない。)
どう、結合するかだけにかかる。
あれこれいじっているとDA  1:2.8 40mm Limitedレンズのキャップがちょうどいい。
シャープのビューカムのフィルター枠についているリングを改造しO-7mmと固定するリングは、以前惑星撮影のとき作ってある。
下のアルミ製のリングがそれ。

Webc200_2

ちょっと犠牲になってもらって、のぞき穴を開ける。

Webc200_3

リーマーで穴を広げて・・・けっこう硬い材質だ。
接着面積を確保して、瞬間接着剤で接着・・・キヤノンのレンズのような両面テープではない(笑)

Webc200_4

早速実験。GA4の十字線は写るようだ。星が見えるかが問題だが・・・天候に恵まれず、まだ実験できていない。

Webc200_5

たぶん1~2等星ならPC画面上でも観察できるような気はするのだが。
※後日1/11、追実験 ガイド鏡はタカハシFC-60

一等星 リゲル
C200_1c

二等星 オリオン三ツ星のどれか
C200_2

アルキオーネ
C00_25

2.5等でもまだ余裕ありそうなので、車内遠隔監視手動ガイドは実現は出来そうだ。

が、どうせ、PC上に結像させるのなら、オートガイダーを構成したくなってきた。
出来るだけ簡便で、安く出来るもの。
そして、既存のEM-200を利用できるもの。・・・リレーボックス式かな。
その気になってネット検索すると、けっこうあるものだ。
今年の課題になるかな。

人生、「その気になると」というきっかけは案外大切かもしれない(笑)

|

« 老境 | トップページ | 東京アクセスの模索 »

コメント

私も最近は星景や星野ばかり撮っていて、直焦点撮影はさっぱりです。
ガイドシステムも何年越しかの課題、のままですし。(^^;
写真レンズでも、せめて少し長めのやつで撮らないとなぁ。
じっくり狙うには好適なシーズンなんですが・・・。

投稿: ich | 2010年1月11日 (月) 08:29

仰るようにPCカメラ→オートガイド化は自然の成り行きだと思います。
PCとEM-200を繋ぐデバイスを用意すればもうできたようなものですね。
(おそらく、試作品は出来ているような気がします)
このデバイスとプラネソフトがあれば、ガイド用途だけでなく天体の
自動導入も可能になります。(導入速度はEM-200に依存)

実は、EM-10赤道儀用に自作したデバイス不調で、昨年は利用していません。
PCを撮影現場に持ち込んで立ち上げるのが面倒くさい!というのが本音です。

投稿: Ken28 | 2010年1月11日 (月) 13:52

おお、これはオートガイドへの大きな前進ですね!
コントローラ片手に僕も以前やりました。ガイド星導入時のみQcamとアイピースを付け替えるようにして、ASTRO SNAPの画面に出てくるレチクルを利用すればGA-4も必要ないと思いますよ。
ここからリレーボックスでオートガイドに前進するなら、GuidemasterやPHDGuidingを利用するのでしょうか。だとしたらガイド鏡は50mmファインダーで充分ですよ、明るくて出来るだけ視野の広いガイド鏡がベストです。鏡筒を少し切ればピントが出ますし、Qcamでも付属ドライバーソフトで調整すれば5~6等星までガイドできました。
某和風天文ショップ三ツ○のようなコンパクトなイメージシフトを自作すると、ガイドマウントが必要なくなるのでガタを避けられて良いと思います。
・・この辺の試行錯誤は豚磨さんのお得意の分野ですね~、いろいろ試してみてください♪

投稿: Fuuma-mfuk | 2010年1月11日 (月) 13:56

>ich様

昨年は、KissX3の購入がきっかけになって、星景というものに興味を持ってきたところです。
が、X2を天文改造したことによって、直焦点もやってみたくなりました。
あれもこれも、と手は付けてみるけどさらに奥深くとなると、しり込みをしてしまうのがいままでのパターンですorz

星景なら、自分の地上風景をどう見つけ、入れるかで個性が出せますが、直焦点は中くらいなことをしても、
他の人のすばらしい作品をみると挫折して、やらなくなってしまう可能性大なので、投資もためらいがちです(苦笑)
それでも、きれいに晴れた日に、高地でもぎたての?透明感ある星雲星団を狙えたら、画像処理も自分なりの解釈を加えてと、構想を暖めてはいます。

300mmレンズ程度なら手動修正でもいけそうなので、とりあえずは遠隔監視手動修正でやってみようと思います。

>Ken28様

あちこちを検索すると、よさそうなもの、そして疑問点がいくつもあって、まだ方針が定まりません。
というか、予算が無いだけなのですが。
外にPCを持ち出すことが苦になっていて、いままでも考えては見たものの、しり込みしていましたが、
低価格のモバイルPCも見かけるようになり、昨日など、いっそのこと新調しようかとポチリかけました。
が、やっぱと手を引っ込めるチキンハートです(笑)
オートガイダー導入先輩諸氏のを拝見していると、安定して動作するまでの労力も並大抵ではなさそうだし。
・低予算なこと。
・設営・撤収が楽なこと。
・コンパクトで確実性のあること。
今年1年というスパンのなかで、何らかの答えを見つけていきたいです。

>ふうま様

いろいろと検索してみると、やり方はいろいろありそうですが、疑問点が整理できていません。
わからないことがわからない、という勉強不足の学生みたいです。
PCは、ソフトは、インターフェースは?と。
まずは早速ご紹介いただいたASTRO SNAP導入してみました。が、どういうわけか我がPCではエラーが出て動きません。Vistaだからかな?
とりあえずはGA-4のレチクル光らせて、遠隔手動監視でやってみようと思います。
導入しても、使い物になるまでの過程を見させていただいて、なかなか大変だなぁ、
と思うと同時に、何とかしてみたいという意欲のようなものも芽生えてまいりました。

 検索中、K-ASTECという業者をみつけ、ゆくゆくは自動導入も含めそこの製品のEM-200用のを利用できたらと思い始めましたが、
そこの主人の天文台自作記事を見るに付け、いいなぁ、と。
好きなこと(それなりに経営は大変だとは思いますが)に取り組んで収入を得て、観測適地に土地を得て天文台まで自分で作っちゃうのですから。
 自分も独身のころはまだ可処分所得も今より余裕があってEM-200買ったりしてたので、オートガイダー一式ぐらいの資金にビビッている今の自分はなんと情けない。
人生そのものをリセットしたくなりました(笑)。

投稿: 豚磨 | 2010年1月12日 (火) 17:08

こんばんは、私は初めからオートガイドを使用しています。
GPD赤道儀+リレーボックスでPHD Guidingの組み合わせ
オートガイドは楽で良いですよー カメラもインターバル
設定しておけば、OK
あとは、車の中で寝るのも良し、双眼鏡で星見もよし
私も長野在住ですので、寒さが身にしみるのは良く分かります。

投稿: 星のおじ様 | 2010年1月12日 (火) 23:14

9日EF300f4L改で撮影してきました。ゴーストレスとなっていました。感謝感謝。軸ズレが原因と思われる流れが発生しましたが、ふうまさんの天Pに貼っています。さてwebcamですが、私はC500+ガイドスコープ(Φ50f6ぐらいのやつ)でオートガイドさせています。Guidemasterを使用していますが、4等星ならガイド出来、うまく調整すればもう少し暗い星でもいけそうです。Guidemasterはvistaでも起動できました。今はネットブック+win7で使っています。

投稿: t-maru | 2010年1月12日 (火) 23:57

t-maruさん、Guidemasterだと半自動ガイドするにはレチクルがないので不便ですねぇ。
豚磨さん、VistaではASTRO SNAP動きませんか。これが使えたらフリップミラーもGA-4も必要ないので軽量化には結構な効果があるのですが・・。
撮影仲間の話を聞いていると将来的にオートガイドするなら7かXP Proに入れ替えたほうが良いようですね、Vistaはドライバーなどいろいろと不具合が多いようです。うちはEeePC1000HでXP Proです。

投稿: Fuuma-mfuk | 2010年1月13日 (水) 20:08

>星のおじ様さま

 私も、webcamで星を覗かせてみたところ、「どうせならオートガイドに持ち込みたい」
と思う気持ちが強くなってきました。
GPD赤道儀+リレーボックスでPHD Guidingの組み合わせ  なのですね。
今後の参考にさせていただきます。
せっかくの夜空ですものね、ガイド星とにらめっこに終わるのは人生のQOLが下がりますし。
この寒さ(デジカメのノイズでは有利なのですが)を味方に付けられるようなシステムを組めるといいな、と思っています。

>t-maru様

天Pの作品、拝見してきました。改造レンズ、クリアーにそして淡いガスまで描写されていますねぇ。
私も、長い時間の露出に耐えるような整備がしたくなりました。

>Guidemasterはvistaでも起動できました。
情報、ありがとうございます。
GuidemasterをDLしてみたのですが、これまたエラーが出てうまく行きません。となると、Vistaの問題ではないようです。
なにか、基本的な勘違いのようです。
じっくり時間をかけて英語を理解していかないといけないようです(汗)

>Fuuma-mfuk様

ASTRO SNAPのエラー、Vistaのせいというより、基本的になにか私が勘違いしている可能性が大です。
実は、先日東京で掘り出し物のEeePCをゲットしかかりましたが、PCレスのオートガイドシステムも見つけ、迷っています。
イタリア製のSMARTGUIDERなるものを見つけ、自分としては理想的なものに思えたからです。
ただし、お値段だけは条件を満たさずですが。
もう少し知恵を使って、安く上げる方法も引き続き検討して、自分なりの結論を出していきたいと思います。

投稿: 豚磨 | 2010年1月14日 (木) 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/47253931

この記事へのトラックバック一覧です: ガイドスコープ遠隔監視への試行:

« 老境 | トップページ | 東京アクセスの模索 »