« オートガイダーの模索 | トップページ | すばる食 »

2010年1月25日 (月)

オートガイダーへ(1)

・旧PC シャープPC-GP1-C5M は、USBポートが1.1なので、webcamの画像がコマ送り状態になる。しかも、幾何学的な模様をともなって。
  とてもガイド星どころではない。
  無駄とわかっていても、いらないファイルの削除、ディスクデフラグ等で懸命の努力。
→ダメなものはダメ。
・USB2.0変換PCカードで必要な速度を・・・と。

Autog_gd

しかし、説明書どおりやっても、認識しない。ばかりか、Windowsがシャットダウンしてしまう。
変だな、とカードスロットをみると、電極の一部が折れ曲がっているように見える。
ここまでで、大変な時間を費やしてしまった。
どうも、このPCのお相手をしていても、時間のロスに終わるに違いない。
ちょっとしたことで、まったく動かない。だからパソコンは嫌いだ。とループし始める。

・一方、遥々三重県桑名市から、リレーボックスが思ったより早く到着した。
・とりあえず現行のPCで動作試験をやってみることにした。

webcam:ロジクールC200
PC:シャープPC-WE40T(Vista)
ガイドソフト:PHD  Guiding
補助ソフト:ASCOM Platform5.5、
それに加えて、(←これが必要なのがなかなかわからなかった)
その望遠鏡別のTelescope/Mount Driversファイルは  SS2000PC用 で良いらしい。
(ここまでフリーソフト)
USBリレーボックス:くわな WEBカメラガイド基板 USBバージョン

Relaybox

リレーボックスのUSBドライバーインストールは、指定どおりにやれば、特に問題点無く完了。
あとは、PHD Guidingの望遠鏡接続でSS2000PCを選び、プロパティで通信ポート(このPCの左サイドの場合COM3)を選択すればOK。
以上、自分自身の覚書。

GA-4で十字線の中央をガイド星と見立てて、十字線をわざと移動させてみると、それに応じて、当該リレーが動作することを確認できた。
あとは、ハンドコントローラーに配線して、箱に収めるだけ・・・なのかな?
でも、25日宵はすばる食なので、晴れたら観測。
曇ったら・・・もちろん工作。

PCがまともだと、あれよあれよといううちに夢が実現していく。
うまくガイドできれば、ネットブック新調だなぁ、たぶん。

|

« オートガイダーの模索 | トップページ | すばる食 »

コメント

スロットのピンが曲がってしまっていたんですか・・それは大変でしたね。^^;
でもどうやらPCを変えればうまくいったようですね、おめでとうございます。
ネットブックに新調すればもう悩みは一気に解決ですよ。消費電力が少なくてカーバッテリーからでも効率良く使えるようなのが良いですね~。

投稿: Fuuma-mfuk | 2010年1月25日 (月) 19:51

>ふうま様

 古いPCには振り回されました。今のから比べればめちゃくちゃ遅いし、画面が揺れだしたり、バックライトも劣化しています。
見切りをつけるための確認だと思えば・・・(笑)
 これで心置きなく、ネットブックに逝けると思います。
今までの試行でオートガイダー用としての仕様を考えることが出来てよかったと思います。
仰るように、消費電力はポイントですね。

投稿: 豚磨 | 2010年1月26日 (火) 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/47383620

この記事へのトラックバック一覧です: オートガイダーへ(1):

« オートガイダーの模索 | トップページ | すばる食 »