« 遠隔監視ハンドコントロールガイドの実際 | トップページ | オートガイダーへ(1) »

2010年1月22日 (金)

オートガイダーの模索

 ほんとうはPCレスのスマートガイダーに逝きたいのだが、まとまった予算が取れない。
 一方、フリーソフトのASTRO SNAPやGuidemasterはダウンロード時なぜかエラーが出てしまったが、PHD Guidingは、無事インストールできた。

よって、
USB汎用webcam+PC+USB対応リレーボックス※→EM-200ハンドコントロール

のシステムで当面考えていきたい。

問題は※のリレーボックスだが、ミズタニファーム(くわなの星空)のものを見つけた。
基板のみの仕様で、箱は自作で済まそうと思う。
接続などの質問にもきわめて迅速に回答いただいたことも好感が持てるし、回路図もきちんとしていて、保守にも都合がよさそうだ。

さっそくポチッた。送料別で7.5k円。

もうひとつの懸念、PCは以前使っていたシャープのXPのノートを整備して使うことにした。
劣化しきった充電電池(定格10.8V 4.5Ah)を取り除き、そこにシガーライターソケットで12Vを加えると、ローバッテリーの警報は出るが使用には問題なさそうだ。

絵に描いたモチでいつまでも逡巡しているより、ゼニ無しオートガイダー構築に向けてとりあえず一歩前に踏み出せた。(かな)

|

« 遠隔監視ハンドコントロールガイドの実際 | トップページ | オートガイダーへ(1) »

コメント

リレーボックスもゲットしてPCの電源もクリアでオートガイド準備万端ですね♪
XPならGuidemasterも使えるんじゃないですか?レリーズケーブルも自作してEOSのレリーズもGuidemasterからしてみてはいかがでしょう、とても便利になりますよ。リレーボックスがあればUSB-シリアル変換ケーブルもレリーズ用の1本で済みますし、ドライバーが干渉してしまうこともないと思います。
心配なのはバッテリーの電圧低下ですね。Qcamですとガイドマウントを使うことになると思いますが、ガイドマウント自体にガタがありますし、電圧の変化で追尾速度が変わってしまうようならかなり厳しいです。効率が悪いですが昇圧してから降圧するような、安定化電源も考えないといけなくなりますね。
電圧低下は低温時はもちろんですが、使用するケーブルの太さや長さでも思っている以上にロスが大きかったです。うちは以前0.75mmのケーブルを3.5m使ってましたが、約1V以上の電圧低下がありましたので2.0mmに変えました。2.6mmのスピーカーケーブルが電圧低下もほとんど無くて柔らかくなかなか良さそうですので、今のケーブルが悪くなったら替えようと思ってます。

投稿: Fuuma-mfuk | 2010年1月22日 (金) 23:24

準備着々、ですね。
当方も道具立ては揃っている(はず 笑)ものの、なかなか本格的に着手できていません。
主砲(RS200)はともかく、ガイドは何とかしたいんですが。
一応、Thinkpad X30の中身を整理したりしています。

最大の問題は、自分の寒さ耐性が著しく落ちたこと・・・かな。(苦笑)
考え方によっては、オートガイドの必要性が一段と増した、とも言えるのですが。(爆)

投稿: ich | 2010年1月23日 (土) 09:00

既にテスト段階に入っている?と推察いたします。結果が楽しみです。
自分も「くわなの星空」扱い?リレーアダプタを用いました。(現在掲載されている前の型?と思われます)
同じく透明プラケースに組みました。リレー音と緑LEDが光るので、動作確認が分かりやすくていいと思います。
電源対策としては、一番電気喰いと思われるノートPCはなるべく小型にしました。(SONYのU1中古:XPが何とか動く)
PHD_Guidingのみ稼働のガイド専用機?としたことで、512MBメモリしかなくても追尾動作に支障はありません。
当初問題になったのは、U1のUSBデバイス番号との不一致だけでした。
Korea製ディープサイクルバッテリー1個だけですが、自動追尾一式全ての電気を賄っても一晩は楽勝でした。
やはり、ノートPCをどうするか?が鍵のように思います。
どうしても高性能CPUに惹かれますが、ガイドだけなら中古小型省エネPCで十分と思われます。

投稿: Ken28 | 2010年1月23日 (土) 19:41

>ふうま様

リレーボックスはポチッただけで、一部部品が欠品しているようで、発送が遅れているようです。
PCもXPなのはいいとして、USB1.1なので?、webcamに必要な帯域が不足しています、と警告が出ます。
案の定、webcamの捕らえた画像は、Vistaの現行機種では何も異常ないのですが、古いPCでは縞縞の幾何学的な模様が出てしまいます。
いらないアプリケーション削除したり、ディスクデフラグしたりしていますが、だめそう。
PCの性能は要になりそうです。仕切りなおしする必要がありそうですorz
レリーズコントロールも便利そうですが、まずはwebcamの撮像だけでPCの能力がやばそうです。
配線の太さの件、以前の貴ブログエントリで拝見していました。参考にさせていただきます。
その前に、その段になるといいのですが(苦笑)

>ich様

Vistaのはいっている現PCでは、問題なさそうなのでこのシステムで歩み始めたのですが。。。
古いPCはwebcamの撮像だけで問題発生です。USBポートの帯域が不足しているとかで、撮像がコマ送りになりますorz
先が思いやられる(笑)
現役Vista機を表に出すか、PCを新調しなければならないのか、根本的見直しが必要です。
せっかく安く上げられそう、とモチベーション高まっていたのに。

私もなんだか今年は寒さが身にしみます。
実際、寒いのですが(笑)
寒さに耐えてガイド操作するのか、懐が寒くなるのか二者択一の予感がします。

>Ken28様

まだ、一部部品が欠品していて、リレーボックスは届いていません。
仰るようにPCの能力がキーを握っているようです。
旧PCでは、webcamの撮像モニターそのものですら、能力不足でまともに行きません。
いきなり暗礁に乗り上げました(苦笑)
webcamの認識途中で、「最小限の環境条件を満たしていませんので、インストールは出来ますが、最適化されません」とのこと。
モニタがコマ落ち画像。
でも、リレーボックス発注しちゃったから、もうあとには引けません。
PC精一杯軽くして、デフラグしなおして、だめならPC調達よりほかありません。
今月中には運用開始を目指していたのですが。

投稿: 豚磨 | 2010年1月23日 (土) 21:27

そうですか、USBはとりあえずUSB2.0変換PCカードを使ってみてはいかがでしょう?
以前Dynabook SSでQcamとEOSカメラコントロールのためにバッファローのものを使ってましたが、特に動作に問題ありませんでした。Pentium3で750Mhzの非力なPCでしたが、Qcamの画像を小さくすると何とかなりましたよ。
PCが古いならGuideDogのほうが軽くて良いかもしれませんね。ASCOMプラットフォームもひとつ前のバージョンのほうが良いかも。

投稿: Fuuma-mfuk | 2010年1月23日 (土) 22:09

>ふうま様

耳寄りな情報、ありがとうございました。
早速USB2.0変換PCカードを手配して実験しました。
どうも、PCのカードスロットに不具合があるようで、(PCの中を覗くと電極が曲がって見える)カードが破損してしまったようです。
認識されませんorz

どうも、ウチの古いPCはこのほかにも信頼性が低く、ダメそうです。
当面、我が家の現役PC(Vista)でやってみるしかないみたいです。
これでうまく動けば、ネットブック新調ぐらいの元気は出るでしょう(笑)

投稿: 豚磨 | 2010年1月24日 (日) 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/47357405

この記事へのトラックバック一覧です: オートガイダーの模索:

« 遠隔監視ハンドコントロールガイドの実際 | トップページ | オートガイダーへ(1) »