« 初めてのオートガイダー | トップページ | 負荷電流 »

2010年1月30日 (土)

工人舎SH6KX12B

 電源負荷の軽い、ネットブックが、オートガイドには必須。
 しかし、買える値段であることも重要。
アウトレット品で、2万円台前半の表題の機種が、直販で出ていたのでポチッた。
中古でも、なかなかこの値段のものは無いし、あっても訳あり品だったり電池が怪しいものばかり。

後からいろいろ調べると、もっと応用の利く機種もあったのだが、恋は盲目。
↑※画面解像度のことを言っていますが、ich様のコメントにありますように、問題解決しました。

Newpc2

・ネットはLANケーブルを挿すだけで、何もしなくても、つながった。
・PHD Guiding他、フリーソフトも無事DL
・webcam、プリンタなど、CD-Rでのドライバはどうする。
→他のPCでCD-RからSDカードに複製をとれば、大丈夫だった。

ただし、手持ちの使いそうなドライバ類のうち、EOS Utilityだけは、複製は作れたが、インストール時に「画面のサイズが足りません」と、拒まれた。
(1024×600の本機に対し、1024×768以上必要とのこと。スクロールして可能にすればいいのに、融通が効かんソフトだ。)
工人舎の機種でもOKなものもあったが・・・必要な人は、注意する必要がある。
↑※ich様のコメントにありますように、解決方法が工人舎HPにあります。
結局、観音のタイマーリモコンをゲットする方向で考えることとする。

このPC、なかなか使い勝手は良い。
小さいながら、剛性感のある函体。
暗い中で使うのでバックライトを落としたい→バックライトの調整が、ダイレクトにキーで調整でき、しかもその明るさを覚えている。
600MHz、512MB(現メイン機のお下がりを利用してすぐ1GBに増量した)と非力だが、HDDは今のメイン機より大容量。

さて、オートガイダーはこのPCでもうまくいくのか。

Ag_newpc

初めて家庭用電源に頼らず動かしてみたが、動作そのものは、問題なさそう。
内蔵電池の持ちも、寒空のもとでも少なくても1時間以上は大丈夫のようだ。
(もっと持ちそうだが、翌日の勤務を考え、本日は人間の限界が先に来て撤退。)

ちなみにDC12V→AC100Vのインバータで駆動すると、DC側電流は、
無負荷時のインバータ自身のアイドル電流・・・400mA
当PCの(電池満充電時の)通常動作時・・・1600~1900mA
PC電池消耗時(これの充電電流分増える)・・・4500mA
となる。6.5Ahのポータブル電源なら、2~3時間というところか。
※初投稿時、テスターレンジ読み間違いにより一部数値に誤りがありました。
訂正済みの数値に変えてあります。

PHD Guidingでは、追尾状況のグラフが出せる。

G_graph

RA(灰色)は時折大きく波打つところがあり、たぶんここがギヤの悪いところが出ているのだろう。
赤道儀本体のUP,DOWNのボリュームをMAXにすると、悪いところに出たときの波打ちの振幅が大きくなるので、本日は、それぞれMAXまでの半分程度にしてみた。

とそのとき、キツネ。

Fox1

ゾクゾクッ。

Fox2

てなこともあったが、実験継続(笑)

M42_all

EOS KissX3/MT-160+レデューサー 1:4.8  fl=768mm/ ISO100
EM-200赤道儀

以下、中心部分の拡大。
ガイドあり384sec
M42_0047

ガイドあり934sec
M42_0046

放置413sec
M42_0049

放置921sec
M42_0050


前回はビギナーズラックという感じかな。
もちろん、オートガイドの効果は紛れも無いのだが、星像がややいびつなコマも見られた。
放置のコマも前回より一段と悪い。
たぶん、ギヤの悪いところが出たのだろう。

・バランスウエイトの調整・・・完全につりあわせるのか、わずかに負荷をかける方向に故意にずらすのか。
・UP、DOWNのつまみの位置の最適箇所を探る。
・ガイドソフトのパラメーターの調整。

などなど、次の新月期までにデータを蓄えたい。

|

« 初めてのオートガイダー | トップページ | 負荷電流 »

コメント

>SH6KX12B
私の入手した時よりも、さらに一段安価になっているようですね。
(私も本当はこちらが欲しかったんですが 羨)
SH6KL08Aとの違いはHDDの容量とBluetooth、それにタッチパネルも搭載されているので、普段使うにも便利そうです。
筐体は確かに頑丈ですね。メーカーによれば蓋の上から100kgくらい荷重をかけても壊れないとか。もちろん、これを試す機会は無い方がいいですが。(笑)

>画面解像度
前のエントリでふうま様がコメントされていましたが、ネットブックの多くに採用されている1024x600という解像度は結構曲者で、EOS Utilityに限らず問題の出る場合があるようです。
まあ、主目的に問題なく使えるなら気にせず行きましょう。(笑)

・・・と、ここまで書いて、ふと思い出して工人舎のホームページを見直してみました。

サポートページを見ると・・・
>画面の縦の解像度が576ドットしかないため、ソフトウェアによっては起動しないことがあります。画面の解像度を仮想的に大きくすることによ
  って(1024x768モードなど)、この問題を回避することができます。

私のSH6KL08Aで試したところ、インストール&動作することを確認しました。
細かなところまでは見ていませんが、ライブビューでのフォーカスなども動くので、たぶん大丈夫かと思います。
動作的には、
>スクロールして可能にすればいいのに・・・
という感じになりますが、実用的には問題なさそうです。お試しを。

投稿: ich | 2010年1月30日 (土) 07:33

 SH6KL08Aは私も野外で愛用してます。やはりアウトレットで格安入手でした。
 先日の金環日食の時にも持って行きました。これでGPSのユーティリティを使うとき、いつも縦が足りなくて下の方にあるボタンが押せないため、画面を90度回転させて縦長で使ってました。
 この記事を読んで「な~んだ仮想デスクトップが出来るのか」とすんなり解決してしまいました。やれやれです。
 あとは持ち運びを考慮してSSDにしたいところですが、改造がめんどくさくてそのまま。

投稿: うみほし | 2010年1月30日 (土) 11:36

工人舎ノート、凄くそそられます。性能に大差なければ小さい方が好きです。(羨)

もともと真のマルチユーザ・マルチタスクとは言い難いMS.Windowsなので、
パソコンは1台で何でもできる?というより、1台で1タスクをこなせれば..と思っています。
(Windowsでなくても、安く手に入って、便利に使えれば、マックOSでもLinuxでも構わない)

以前、ACアダプタを忘れてしまい、所有のHP小型ノート2133に大型バッテリー(と、DSIカメラ)で
3時間ほど耐えさせた記憶があります。小型PCは、野外でも普通ノートPCより有用と思いました。

話は逸れますが、興味津々な感じのキツネ君がよく撮れていますね。
ちょっとだけ我が家に居た雑種犬と似ている感じもして、在りし日を思い出しました。

投稿: Ken28 | 2010年1月31日 (日) 00:09

>ich様

ちょっと前にはわずかながら2万円を切るおアウトレット品もあったのですが、(今回と同じ機種だったか定かではありませんが)、PCレスオートガイダーも模索しているうちに、このような選択になってまいりました。
なんといっても、オートガイダーに使えてバッテリーのバテてない未使用品がこの値段で買える、というのがこれを選んだ最大の動機です。
私のメイン機が80GBなのに、120GBあるのが不思議な気分です。
タッチパネルは、実はちょっと苦手です。車掌のPOS(車内補充券発行機)に使われていて仕事を思い出すからです(苦笑)
ちょっと鮮明度が落ちるかなという感じもあります。
しかし、オートガイダーという目的には、何の問題もありません。
工人舎は、実は貴ブログで知りました。

>画面解像度
ご紹介、ありがとうございました。早速やってみました。見事、EOS Utilityもインストール、Kiss Fでの動作、ともにOKでした。
いまのところオートガイダーとしての要素技術を固めるほうが先決で、EOS Utilityとの統括制御までは手が回りません。
それに、EOSではないカメラの可能性も少しは残しておきたいです(笑)
しかし、このPCのコンパクトさを生かして、インターバルタイマーなど制御できれば便利なことは、もちろんです。

自分の用途には、このPCは、結果的に悔いの無い、的を得た選択だったと思います。

投稿: 豚磨 | 2010年1月31日 (日) 13:44

>うみほし様

金環食、遠征されたのですね(羨)

今回、この機種を手にして、初めて画面解像度による制約を知ることになりました。
でも、まもなく解決法も教えていただき、助かりました。
これだけコンパクトにまとまり、電源的にも軽くて済めば、天文用途にも気軽に持ち出せると思います。
回転部分が無くなれば、持ち歩きによる振動の心配や消費電力の低減にもつながり、興味はありますが、まずは追尾精度の追い込みにパワーを注ぐことになりそうです。

投稿: 豚磨 | 2010年1月31日 (日) 14:14

>Ken28様

工人舎のPCは以前のich様のエントリで、初めて知りました。
このくらいの大きさなら、気兼ねなく天文用途にも持っていけます。
メインのノートに比べて、消費電力も段違いに少ないですし。

あまり余分なソフトはいれずに天文の制御専門に使うつもりでしたが、HDD容量もメイン機種より1.5倍も大きいし、
日常使いでも便利で面白いアイテムだな、と思ってまいりました。

EOS Utilityも無事インストールでき、カメラ制御とオートガイドと別々なら、動くようになりました。
統括制御は、やるとしても、ちょっと先になりそうです。
あとは、PC電源の対応をどうするかが当面の課題です。

キツネ君、このところ子どもたちの間では、目撃情報が寄せられていました。
ふとガイド状況のグラフから視線を上げると、興味深そうに佇んでいました(笑)
最初は腰を抜かす位にびっくりしました。
が、わりと人懐こい感じで、写真撮影にも応じて?くれました。
野犬かもと考えましたが、太い尻尾はたぶんキツネでしょう。
そういえば、貴ブログでいまも拝見するご愛犬に、どことなく似てますね。

投稿: 豚磨 | 2010年1月31日 (日) 14:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/47424024

この記事へのトラックバック一覧です: 工人舎SH6KX12B:

« 初めてのオートガイダー | トップページ | 負荷電流 »