« M101リベンジ編 | トップページ | うひょー、またやられたorz »

2010年3月25日 (木)

645Dを触ってきた

 ついでがあったので、新宿の聖地に行ってきた。これをさわりに。

P645d_0

さして待つこともなく、触ることが出来た。

 画像の持ち帰りは出来ないということで画質の評価は出来ない。が作品を見る限り、解像感は半端ではない。エッジの立ち方はローパスがないせいか、パキッとしている。

 まずなんといっても、カメラとしてのつくりがいい。やはりカメラはガラスと金属で出来ているのがいい(笑)
ファインダーの見え味はフィルム645譲り、静粛なAFはやはりSDMならでは。
シャッターの感触は、フィルム645のようなシャッター後の引きずるような音が少なくなって軽快になった。

P645d_2

操作系も直感的にわかりやすい。
カスタムイメージの「フィルム」は、モニターで見る限りかなり彩度が高そう。

P645d_1

レンズ内モーターはリングタイプではなく、マイクロタイプの超音波モーターと見受けられる。それでもQFS仕様なのはよい。

Superwd

このレンズは焦点距離が厳重にシールで隠されていたが、ここに及んでも公表するのは不都合があるのか??(いまさら、もういいのでは。)
画角90°級?=対角線の長さの半分くらいの焦点距離?・・・APS-CならDA14あるいはもう少し短い?というところかな。

同時に来ていた来客者は、「今までの中判デジタルを買うつもりなら2台買える。画期的なことだ。」とのたまわっていた。
一方、ふつうの素人には、車が買えるほど高価な買い物であることも事実。

でも*istDなどに使われたAPS-C判610万画素のCCDだって、最初は大変高価だった。
645Dがある程度まとまった数売れれば、CCDの単価が下がることだってありうるのではと、どこかで他力本願の期待もしている。

すごいものを見せてもらった!・・・貧乏人には、今回はこんなところで充分だろうと思う(笑)
そして、すごくワクワクした。まだどこかでペンタックスファンな自分を再確認した。

|

« M101リベンジ編 | トップページ | うひょー、またやられたorz »

コメント

中判デジタルで100万円を切ってきたのは、すごいことだと思います。
が、どれだけの市場があるのだろうかと不安にになります。
このカメラを使うユーザーの姿がイメージできないのですが。。。
個人的には、銀塩35mmカメラで使えるデジタルバックが欲しいな・・・と。

投稿: でぱいゆ | 2010年3月25日 (木) 00:33

銀塩でも、中判はなかなか田舎の店頭に置いていないので、実際に手にするには聖地詣でが必要です。(羨)

PENTAXの中判(645 6x7)は無所属的なところがあって、CやNをメインにしているプロカメラマンでも中判はPENTAX、という方が少なくないようです。
ハイアマチュアの方でも、1DS系やD1桁クラスを複数所有されている方も多いので、そこそこ市場は有るのでしょうね。

とはいえ、大多数のユーザーには高嶺の花なのも事実でしょうから、キタムラあたりがレンタル機材にラインナップしてくれるといいですね。

投稿: ich | 2010年3月25日 (木) 20:54

もう触れる状態なのですね。都会と都会に近い人々が羨ましいです。

乗用車が買える値段なので自分も指を咥えて見ているしかありませんが、
135フルサイズデジ一眼では物足りないリッチなアマチュアからは需要があると思います。
また、プロというか町の写真館等からの需要も少なからずあるのでは?と思います。

集合記念写真などは大判か中判銀塩が定番でした。この先も銀塩フィルムや乾板の供給が
安定して続くのであればともかく、一般写真DPEがデジタル化へ移行してしまった以上、
プロの写真屋さんといえども、従来の銀塩システム維持は難しいのでは?と思います。
135フルサイズで高解像度CCDといえども、フォーマットがさらに大きい645には負ける。
だから、こうしたプロ、写真館等からの需要が少なからず見込めると思います。

投稿: Ken28 | 2010年3月25日 (木) 22:26

>でばいゆ様

速写性は乏しく、重く大きく、高感度もNやCのフラッグシップのようにはいかず、
となるとやはり三脚をどっしりと構えて風景を、ということでしょうか。
吐き出す絵がどのくらいすごいのか、自分で撮って、確かめてみたいものです。
でも、どこか他人行儀になってしまうのは、あまりに神すぎて、自分で買える範囲の存在ではないせいでしょう(笑)。

>銀塩35mmで使えるデジタルバック
あったら面白そうだと思います。手ごろな価格でお願いします(笑)

>ich様

前からペンタファンやっていても、中判はまたべつのサークルのような雰囲気がありました。
フィルムさえあれば、ペンタの中判でまだまだ気合入れて撮りたいと思うのです。
これをいじらせていただいてから、いま手に入るフィルムで67や645でまた撮ってみたくなってきました。
このくらいなら何とか出せる、という人は貧乏人の私が想像するより世の中大勢いるかもしれません(笑)。
でも触るだけならタダなのにK20D、K-7お触り会よりずっと静かでした。待っている人数も一桁違うんじゃないかな、と。
K-7のようなギミックは少ないけど、中判ペンタらしい、堅実なつくりはこれにも受け継がれていました。なんだかウマが合います。
でも、どこか他人行儀になってしまうのは、あまりに神すぎて、自分で買える範囲の存在ではないせいでしょう(笑)。

>Ken28様

フィルムでは、レンズの性能が同様なら、情報量は画面の面積で決まってきます。
デジタルでは、フルサイズにくらべてフィルムのときのような圧倒的な差があるのだろうか、というところでひとつの価値判断が生まれそうです。
この筋では価格破壊といっていいと思いますので、どのようなインパクトが生じるのか、そっと見守りたいです。
とりあえず新レンズだけフィルム645につけて新しいペンタックスを賞味、などとも考えましたが標準レンズも10万円。
仰るように、カメラは健在でも、あのフジでさえフィルムが刻々と終わっていくとなると。
用途が合う人には、ものすごくお買い得なのかもしれません。

でも、どこか他人行儀になってしまうのは、あまりに神すぎて、自分で買える範囲の存在ではないせいでしょう(笑)。
まあ、将来、この手のカメラを駆使するような写真を撮りたいという淡い願望はありますが(苦笑)

投稿: 豚磨 | 2010年3月26日 (金) 13:55

 ようやくPENTAXでも(私には)容易に買えない高級機が出たなあと感慨深く見ています。
いつかセンサーが安くなれば私たちにも買えるのでしょうか。
 発売されてもっと自由にさわれるようになったら、ぜひいつもの長秒時テストをお願いします。
その日を楽しみにしています。

投稿: うみほし | 2010年3月26日 (金) 21:44

>うみほし様

 後ろに列を作って待っている人もいなかったので、もっとじっくりといろいろな操作を確かめればよかったのですが。。。
完全に、カメラの迫力に圧倒されてしまいました。机に置くときなど、コトリと音を立てないようにそーっと(笑)
ある程度量産効果が出れば、CCD単価の引き下げにならないかなぁ。そうすれば、もしやなんて空想するのも楽しいと思います。
写りももちろんいいでしょうけど、操作性がやっぱりペンタ中判のDNAを受け継いでいるなぁ、と、戸惑いもなくすんなりと受け入れることが出来ました。
 長秒時テスト・・・いつかそのチャンスは訪れるのでしょうか。素子の発熱は大きそうだから、あまり期待はしていないのですが、やっぱり、長秒時も、期待していないというと嘘になります。使い方は限定的でも、その撮り方では抜群の絵を見せてくれるような、天体方面でもそんな使い方が出来るといいですね。
 

投稿: 豚磨 | 2010年3月27日 (土) 18:27

今日、私も触ってきました。
思ったよりもずっと扱いやすくて、たぶん撮影そのものは銀塩645よりとっつき易いのでは、と感じました。(もちろん使いこなしは別ですが)
今日説明してくれた方の話では、予約数だけで500台は軽く超えているようです。
アマチュア向け、とは言いながらスタジオ撮影でも十分使える、とスタッフ全員で訪れたところもあるとか。
こういうところは数台まとめて購入するでしょうから、最初は生産能力が追いつかないのではないか、と話されていました。

天体撮影については、やはり長秒時がネックになりそうです。説明員の方も星撮りの経験があるそうで「やっぱりこれ(645D)で星、撮りたいですよね」と。
フィルター改造も、DRのこともあって難しそうだと言われていましたが、月や星景などでも工夫しだいでは中判ならではの撮影ができそうです。

いつかは手にしたいですね。PENTAXファンとしては、そう思う対象があるだけでも意味があると思います。>645D。

投稿: ich | 2010年3月27日 (土) 21:08

>ich様

 聖地、行かれたのですね。
645Dを仲立ちに、間接的に握手を交わすことが出来ましたね(笑)
需要は製造が追いつかなくなるほどあるのですね。一安心です。

うーん、やはり長秒時はネックなるのですか。そんな予感はしていましたが。ちょっと一安心です。
なぜなら、もし星撮りにばっちりだったら、借金地獄で首が回らなくなりますもの(笑)

1コマ数十秒までの露出の、比較明合成などでの星景だったらすばらしい表現が出来るかも、とそっと遠くで見守っています。。。

投稿: 豚磨 | 2010年3月28日 (日) 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/47901715

この記事へのトラックバック一覧です: 645Dを触ってきた:

« M101リベンジ編 | トップページ | うひょー、またやられたorz »