« PHD GuidingのAdvanced setup | トップページ | PHD Guiding試行 続き »

2010年3月 2日 (火)

お散歩とPPといろいろ

 今回のお散歩レンズは、これ。

Pl_k

 時はさかのぼる2004晩秋、初代PP併設のBBSで、これはなんだろうみたいな話題がでてきた。「はやりのアイコラじゃないだろうし(笑)」のようなノリで。
 そんな楽しい雰囲気に悪乗りして、作ってみたのがこれ。

 興味本位で作ってみたきり、あまり使っていないのが実情だった。
でも、なんかそういう楽しいノリが初代PPには確かにあったなぁ。

このレンズ、あまり絞り込まないほうが個性が感じられる。

Neko_y


春霞

Asa_asa

PENTAX K-m/Carl Zeiss Planar 1.4/50 Kマウントに改造したもの


 惜しまれつつ終了した初代PPにかわって、畏れ多くも2代目PPは自分が担当した。
今から思えば、身の程知らず、というものだ。IT難民だったのに。
例えてみれば、車両保守のおっさんがツナギ着たままラッチにはいって改札しているようなものだ。
初代PPの底流に流れてた精神を、実のところは理解していなかった。
でも、PENTAXが好きという点に関しては、一点の曇りも無かった。そのときは。

しかし、時は流れ・・・。
語弊を恐れずいうとK20Dから始まる製品の流れは、天体撮影ペンタ人にはつらいものがあった。
たとえば、「長秒時NRが強制ON」になること、または「ケーブルスイッチ端子がない」こと。

星撮りを取るか、PENTAX愛好者を取るか。
賢くこの問題を解決している人もいる。
自分の場合、なぜ星撮りでなお且つPENTAX人でいる、という選択肢が出来ないのか、というもどかしさに苦しんだ。
文句も言ったりした。
この辺のことは天体写真やっている人なら理解してくれると思うけど、確かにPP管理人としてはまずかった。PPの黒歴史として、批判は甘んじて受けなければいけないと思う。

いろいろな人からのアドバイスもあり、しぶしぶではあるが、自分は天体撮影に適しているといわれる他社機を選択した。
結果は良かった。
星撮りへのモチベーションも上がってきている。

ただし、確実にPENTAXへの熱は下がった。
申し訳ないけれども、PP運営を継続するモチベーションはもはやない。

でも、やはり自分も今もどこかでPENTAXが好きだ。
昼間の撮影にはKissは留守番でK-mをセレクトすることは、自分の中で何の矛盾も感じていない。
天体人御用達だったKodakのE200フィルムももう入手困難だけれど、代わりになるフィルムをさがして6×7また使ってみようかな、とかも考えている。
ここしばらくは、そっと、水面下のPENTAX愛好者でいようと思う。



皆様、新しいPENTAX PEOPLEで盛り上がっていってください。

|

« PHD GuidingのAdvanced setup | トップページ | PHD Guiding試行 続き »

コメント

まずは、お疲れ様でした。
私もパソコン通信時代に短期間ながら掲示板のシスオペ(死語w)をやった経験がありますが、それなりに労力が必要なのは承知しています。

天体適性に関してのPENTAX機については私も同様ですが、自分の場合は早々に使い分けすることで割り切ってしまいました。
豚磨様ほどの思い入れが無かった、とも言えますが(笑)逆にPENTAXについての思いは今までと変わるところはありません。

使用機材に関しては、必要に応じていろいろ試すと思いますが、これからも基本はPENTAX PEOPLEでいようと思っています。

投稿: ich | 2010年3月 2日 (火) 06:15

>ich様
 
 新しいものをどんどん試して、文化を切り拓いていく人たちと、同じ形をただただ維持するだけでいっぱいの人種。私は間違いなく後者です。これでは、面白くはありません。その面では、PP開始早々から重荷であることは自覚していました。

 人生のおよそ4/5はPENTAXファンとして暮らしてきただけに、天文における他社機の導入は、自分の中で何かが崩壊しました(笑)
しかし、ふりかえれば銀塩のときは5年も買い換えないのは普通で、そのときだって心にときめかない機種はスルーしてきたので、今だって焦らずにこれぞと思う機種の出現まで気長に待てばいいのです。が、デジタルになって、なにかと変化が激しいです。

 自分なりに、適材適所の気持ちの整理がつきつつあります。また、いずれ無理してでも買いたくなるPENTAXも出てくることでしょう。そのときまでは無理して自分のPENTAX心をあおらないように自戒したいと思います(笑)。

 

 

投稿: 豚磨 | 2010年3月 2日 (火) 14:47

豚麿さま お世話になりました お疲れさまでした♪
ほんとうに たのしい場を ありがとうございました♪
あ (^○^) り (^。^) が (^∇^) と (^O^) う (^-^)ノ♪

あまり深く考えないでくださいませぇ
た~ちゃんも 他社のカメラも所持しております
写真がスキ 夜空がスキ
その時々にあった カメラを使いこなして
これからも たのしんでいただければと思いますです
生意気で申し訳ございません <(_ _*)>

豚麿さまとであえたことが とてもうれしいです v(*^-^*)ゞ*'゜☆

投稿: 美豚 | 2010年3月 2日 (火) 21:48

PP運営お疲れ様でした。
当初から浮気性の身でありながら、琢磨様のおかげで図々しくPPで過ごさせていただいたことを感謝しております。
ペンタックスカメラは、小型高性能を比較的リーズナブルな価格で提供してくれたことが何よりも有り難かったです。
(特に、銀塩期のM42マウント時代。ESを出した頃などは、CやNとはまた違った優れた技術をもった会社と感じた)

仰るように、デジタル全盛期の今はとにかく回転が速いと思います。多様化もすさまじい。
反面、特に撮像素子に関しては淘汰されつつあるように思います。撮像素子は同じでもメーカー各社処理プログラムの
違いでデジタルカメラの独自性を打ち出している?と思います。

カメラ業界だけでなく、統合や撤退でメーカー再編成が進められておりますが、業界内での競争がないと進歩は望めないと思います。
(先の某車リコール問題のように)いわゆる一人勝ち状態では、傲り高ぶりによる弊害が生じるなどロクな事が無いように思います。

ペンタックスさんには、とにかくブランド名を残して欲しいと願うばかりです。(と、浮気者が言っても説得力ありません。汗)

投稿: Ken28 | 2010年3月 2日 (火) 23:19

PENTAXがあったからこそ、出会うことができました。
このメーカーの歯がゆいくらい商売が不器用なところが、好きでした。

AF精度がおかしくなってきた*istDS。
ファインダーにこだわれば、代替にK-7が欲しいところですが、
景気がどうにかならないことには・・・。

FA77や43Limitedを手放すのはちょっと惜しいですから、
当面、PENTAXでいくと思います。

投稿: でぱいゆ | 2010年3月 2日 (火) 23:47

お久しぶりです。PPの運営お疲れ様でした。

PPは終わりますが、私はこれからもPENTAXファンで有り続けつつ天体写真を続けようとは思っています。

さて、PENTAXファンとしては最近のPENTAXの天体適正には泣かされっぱなしでしたが、なんだかPENTAXの新機種は期待できるのかも??と思わせるディザー広告が出てますね。
ディザー広告の星空写真にワクワクしてます。

まあ、過度な期待は禁物なんですけど…。

投稿: Gumbo | 2010年3月 3日 (水) 23:01

PP運営お疲れ様でした。
疲れたら休む!それでいいのだ。
私も写真や、星に時間を割いたことがありますが、
いまは力を抜く事にしました。

ところで、お散歩レンズのことですが、
私はミノルタの58mmF1.4をマウント改造し、
DS2で遊んでいます。
本当はF1.2が欲しかったのですけど、なかなか無いですね。

投稿: らすあるはげ | 2010年3月 3日 (水) 23:22

>皆様

 暖かいコメントいただき、まことにありがとうございます。
申し訳ございませんが、勤務の回り上、お一人ずつのコメントのお返しは、もうしばらくお時間をください。
m(_ _)m

投稿: 豚磨 | 2010年3月 4日 (木) 07:21

>美豚様

 拙ブログにもPPのほうにも、いつもあたたかいコメント、ありがとうございます。
ゆるーくあったかいPPにできればよかったのですが、力不足ですみませんでした(^-^;
 閑話休題。
 美豚様のお宅のように、ねこのいる家庭っていいなと。実は我が家にもねこ、嫁がもらってきたのですが・・・
トイレの網戸破って逃げました( ̄Д ̄;;

 これからは、ねこのように気ままにカメラを選んで、写真ライフを送っていきたいと思います。


 

投稿: 豚磨 | 2010年3月 5日 (金) 18:22

>Ken28様

PP運営、もうちょっと自分的にハッピーエンドにもっていきたかったのですが、このざまです(苦笑)
初めはペンタ一筋だったのですが、しまいにはアンチペンタに映るような言動もしばしばで。管理人なのに。
でも、他の文化を知ることは良い事です。
各社偏りなくお使いながら、なおペンタもご愛用のKen28様の記事は大変参考になります。
天体では、引き続きお付き合い願えれば、と思います。

Canonの件のレンズの両面テープ問題や某機種の残像問題も、車だったら大きな騒ぎになりかねません。
一人勝ちは良くないですね。

ペンタックスは、なかなか厳しい中で新たな層のユーザー、ファンを獲得しつつあるように思います。
うちの職場でも、K-xのカラーバリエーションなど、若い人が意外と新しいペンタックスに興味を示しているのです。
某女性社員の持っていたコンデジOptioが、それはそれはセンス良く見えたものです。(ああ、今は人妻だなぁ・・・笑)
新しい感覚のいまのペンタックスをいいな、と思う人が増えればペンタックスも生き残るのではないか、と思います。

それでも、いつかは星撮りアイテムにPENTAXを指名することができたら、と思います。

投稿: 豚磨 | 2010年3月 5日 (金) 21:07

PENTAXを合言葉に、いろいろな人といろいろなやり取りをすることができました。
たしかに、商売は不器用なところがあったと思います。
それが魅力でもあったのですが、ペンタは生き残りを模索しなければならない運命に?

K-7は家電屋では作れない、カメラ屋の作ったDSLRだと思います。
いまだ、魅力的です。
私も、昼と夜を使い分けがうまくいきつつあるので、K-7、IYHしてしまおうか、と発作的に今でも衝動がきます(笑)

自分の場合、こだわりの単焦はDA Limitedが一本、あとはFAなのがいまいち弱かったです。
でも、これからもささやかなペンタックスファンでいきますよ。

投稿: 豚磨 | 2010年3月 5日 (金) 21:11

>Gumbo様

自分でも意外なのですが、PP管理人始めたときは、まだ*istDのときで、まだK10Dも手に入れてなかった時期なんです。
*istDで天体は厳しかったのですが、K10Dで天体にもがんばれば使えるくらいになったので、私のPENTAXファン度も上げ潮調でした。
その後さらに天体にも良くなるかと期待が高まったのですが、うーん。
しぶしぶ星はCanonとなりましたが、それはそれで視野が広がったと思います。(苦笑)

さて645D(?)ですが、例のディザー、夜になると星空に流れ星ですね。
ひょっとして、と期待が生まれますよね。
よその中判デジタルは、基本感度の画質はすばらしいのですが、ISO400とかは、勘弁願いたい画質ですがPENTAXはなにか革新がなされたのでしょうか。
高感度はいかなくても中庸感度での描写がよければ、夜の部にも画質番長のおでましがあるのかも。
そうだったらいいですね。

絶対ありえない40万円でも、すぐには買えないけれども。
買えなくても、画質ならPENTAXというシナジー効果はあるでしょうし、夢のある話ですね。
イメージサークル大きいレンズそろえて、お待ちしております>PENTAXさま

投稿: 豚磨 | 2010年3月 5日 (金) 21:46

>らすあるはげ様

ありがとうございます。
疲れたら休む、でいきます。

昼間の写真は写欲がイマイチですが、天体撮影には、モチベーションが上がってきつつあります。
ので、当面、当ブログではCanonの登場回数は増えることと思います。

ミノルタも銘レンズが多いですから、マウント改造も面白そうですね。
学生のころ、ミノルタの1.2レンズは前玉が大きくてかっこいいなあ、とあこがれていました。
今度はどのレンズで遊ぼうかな、と思案中。
じつはズイコーの標準レンズ(M42マウント)、ジャンクでゲットしたのですが、程度よくなくて(苦笑)

投稿: 豚磨 | 2010年3月 5日 (金) 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お散歩とPPといろいろ:

» PENTAX? [Gumbo Champroo]
 満月期だし、仕事に忙殺されているという事情もあり、ちょっと更新が止まっていたが、久しぶりにニュースがあったので更新。  *istDを初めて使ってからずーっとPENTAX好きなんだけど、最近は天文適正を考慮して泣く泣くCANONを使っている私にとってなんだか期待出来そう....... [続きを読む]

受信: 2010年3月 3日 (水) 22:52

« PHD GuidingのAdvanced setup | トップページ | PHD Guiding試行 続き »