« A645 1:3.5 150mm ファーストライト | トップページ | 昭和の執務室 »

2010年4月14日 (水)

桜満開・・・上田城

 ここのところ寒かったり、暑かったりですが開花は順調に進み、ここ上田標高400m前後では、見ごろを迎えています。

Cbu414_1

共通 PENTAX K-m/smc PENTAX-DA  1:2.8 40mm Limited/雅 JPEG

あんずや梅もいいけど、やっぱり華やかさは桜。

Cbu414_2



Cbu414_5



Cbu414_4

ズーム2本も持っていったが、結局DA40を付けっぱなし。
高品位単焦点の描写力を味わうのは、やはりペンタならではの楽しみ。
DA40だって、焦点距離は標準ズームの守備範囲にはいってしまうが、描写はまた別物だと、改めて感じ入った次第。
屋台の大阪焼きを横目に見ながら、次はきっとDA21Ltdだ、とこころにつぶやいた。

|

« A645 1:3.5 150mm ファーストライト | トップページ | 昭和の執務室 »

コメント

いい色合いですね。今年撮った桜は天候に恵まれずに煤けたような色のばかりでした。(--;

DA40mmも何度か手にしかけたのですが、今だと35mm Macroもあるので、ちょっと手が出し難い感じがしています。
この辺の5mmの違いは、無さそうで有りそうで・・・(笑)

投稿: ich | 2010年4月15日 (木) 00:37

DA21Ltd・・・色々な場面で使えて良いですよ。
今はDA35の具合を各場面で試し中。
単焦点のレンズが一番使いやすいな~と思ってます。

投稿: suge | 2010年4月15日 (木) 07:55

>ich様

 ここのところ、天候が安定しませんね。昼間の晴天と勤務開放は合うようになってきましたが、夜はダメです。
私の場合、逆に先にsmc PENTAX-FA 1:2 35mmALがありましたので、DA35はなかなか難しいです。(本当はぜんぜん別物なので、両方あるといいのですが)
 やはり40mmという焦点距離はAPS-Cでは微妙ですが、ボディーキャップのような薄さ、クリアーでヌケのいい描写は、これはこれでひとつの価値があると思います。

投稿: keypon13^2 | 2010年4月15日 (木) 09:49

>suge様

 単焦点ひとつをつけっぱなしにして撮ると、いろいろな発見があります。
DA40Ltdをつけっぱなしにしてみると、みずみずしい描写であるし、先入観から微妙な難しい画角と思っていましたが、その気になれば案外使いやすい、と思いました。
 でも、遠景の引きだけは、もう少しワイドなのがあったら、と思うのも事実です。長い思考のループを抜けて、DA21買いたい、という方向で気持ちがまとまってきました。

 

投稿: keypon13^2 | 2010年4月15日 (木) 10:09

最近仕事で写真を撮ることが増えてきました。
人物を撮る時は、いつも単焦点で撮ります。
TAMRON SP 90mm F2.5 52BBをCanon EOS Kiss Digital初号機に装着というのがおきまりのパターン。
銀塩135mm相当になるので、遠くから自然な笑顔を撮ることができます。

投稿: でぱいゆ | 2010年4月17日 (土) 00:38

>でばいゆ様

TAMRON SP 90mm F2.5は評判のレンズですね。135mm相当になるのも使いやすそう。
キスデジ初号機というのが、しぶいです。
単焦点はひとつの視点、気持ちを据えて撮る、というところがいいですね。
今後も意識して、使ってみようと思います。

投稿: keypon13^2 | 2010年4月17日 (土) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/48086921

この記事へのトラックバック一覧です: 桜満開・・・上田城:

« A645 1:3.5 150mm ファーストライト | トップページ | 昭和の執務室 »