« DA21でお散歩 | トップページ | 巡る季節と星 »

2010年4月28日 (水)

グランドに降り立つふたご

 DA21でお散歩夜編

Cb_gemi

PENTAX K-m/smc PENTAX-DA  1:3.2 21mm AL Limited→F4/30sec ISO100 JPEG
30コマをステライメージ6で比較明合成
傾いた構図を修正するため、多少トリミング

|

« DA21でお散歩 | トップページ | 巡る季節と星 »

コメント

貴記事に触発され、初めて比較明合成による流し撮りをやってみました。
カメラは、長秒時ノイズが酷くて天文用に諦めかけてたE-P1です。今回初めてNR-off,JPEG撮影しました。
ペンにちょっぴり光明が差したような気がします。有り難うございました。
同じく長秒露光時に問題のある*istDS2(やK-7)などにも道が開けそうに思いました。
今度は*istDS2(DA21mm)でもやってみようと思います。
なお、勝手ながらTBさせていただきました。m(_ _)m

投稿: Ken28 | 2010年4月30日 (金) 02:45

>Ken28様

 TBありがとうございました。
 1カット30秒までの露出なら、愛しの(!)ペンタックス系も長秒時ノイズの問題も顕在化せずにすむようです。
まあ、さすがに盛夏に*istDでやったら、一コマごとに赤カブリが増強していってお手上げでしたが。
私が経験した中では、画像系がK10Dベースのはいけそうです。
比較明合成も、ランダムノイズを抑制する働きもあるようですし。
好きなレンズと、ボディでいろいろな星景にチャレンジすれば、観音一色より楽しい気がします(笑)。

投稿: keypon13^2 | 2010年4月30日 (金) 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/48209265

この記事へのトラックバック一覧です: グランドに降り立つふたご:

» 医王に降り立つふたご [星空雑記簿.。.:*・°☆]
keypon13^2(ブログ「レレレの星おじさん」)さんの記事に触発され、比較明合成による処理をやってみた。#すみませんタイトル名までパクらせていただきました。m(_ _)m [続きを読む]

受信: 2010年4月30日 (金) 02:11

« DA21でお散歩 | トップページ | 巡る季節と星 »