« M4・・・K-mでやや強めの画像処理 | トップページ | 44年ぶりに我が家にきたスバルの軽 »

2010年6月 3日 (木)

6/2のマックノート彗星C/2009K5

 前日の反省を生かして、位置情報を観測現場に持っていった。透明度は6/1にひきつづき、悪い。おまけに遠くの山の上空では時折雷光を発している。案の定、眼視的導入は全く無理だった。目盛環でどうにかこうにか主砲MT-160に導入した。自動導入がないので、途方にくれたら目盛環を活用しよう。
 撮影時気温は12℃。ずいぶん撮影は楽になった。反面、ぼちぼち熱ノイズは気になってくる。
 オートガイドは特に問題なく動作を続け、多数ショットもタイマーリモコンをセットするだけ。
 熊よけのラジオを聴きながら、漫然と夜空を見上げて星々を結んで星座を追ってみるのは、なんだかとっても幸福。りゅう座をひさびさに結んでみた。・・・

C2009k5_8cb

EOS KissX3/MT160+レデューサー D160mm  fl=768mm  1:4.8/各241sec ISO800
EM-200赤道儀、PHD Guidingによるオートガイド
21:34-~22:04-の8ショットを彗星頭部を基準に加算平均合成、ダーク処理

直線状の光跡は人工天体。
30分余の、見かけの彗星の動きがわかる。

同上拡大。8ショットコンポジットしても、拡大するとノイズ的に厳しい。
今回もバックグラウンドスムーズを軽くかけてみた。
すっきり晴れた空が欲しい。冷却システムも(笑)

C2009k5_8cbup

 撮影後MT-160に40倍で眼視的観測を試みたが、視野内中央部に導入されているにもかかわらず、はっきりと見えたと確証するには至らなかった。眼視的導入は無理なわけだ。C/2009R1も今回の経験は生かさなければ。

|

« M4・・・K-mでやや強めの画像処理 | トップページ | 44年ぶりに我が家にきたスバルの軽 »

コメント

TB有難うございます。それにしても、さすがに大口径・長焦点だと迫力がありますね。
尾も見事に現れていて羨ましいです。
この日も、次の日も、そして昨夜も快晴でしたが、職場のネット環境不調により帰宅が遅れる日ばかりで観察できたのは昨夜だけです。
しかも、相変わらず詳細な位置予報を持たず、略図に頼っていて、昨夜はおぞましい結果に終わりました。
今夜に備えて、詳細位置を入手しておこうと思います。

投稿: Ken28 | 2010年6月 4日 (金) 05:52

>Ken28様

 そちらは快晴だったのですか・・・うらやましいです。こちらは夕方まで雲が多くて、夜には晴れましたがかすんでいるような状況で、諦めムードでした。
 8ショット稼ぎましたが、遠くの稲光りでバックグラウンドの明るさがコマごとにぜんぜん違いましたのでコンポジットは意味あるのかなと思いました。それでも、比較的良好な4ショットをコンポジットしたものよりはノイズが少なく滑らかでした。
 眼視では口径16cmを持ってしても明確にはわからず、視野に導入できていたとしても見えてないので途方にくれると判断して、天文ガイドに載っていた赤経・赤緯で導入しました。
 確かに、ドイツ型赤道儀は極付近の対象は導入、微調整に対し動き方がわかりづらいですね。オートガイドのキャリブレーションも赤経が異様に長くおこなわれ、最初故障ではないかとびっくりしました。が、所定なのですね。

 TB、2発目のは誤発射みたいですみません。当ココログで過去に成功したTBの欄をみると見えなかったので、もう一回発射したのですがその際違う記事を発射してしまいました。貴記事との関連性がないので2発目は消していただけたらと思います。
m(_ _)m

投稿: keypon13^2 | 2010年6月 4日 (金) 07:13

尾がはっきり判りますね。ここはやはり長焦点でないと・・・。

当地は昨晩も晴れていたのですが、2009/R1の方を確認だけでも、ということで早めに寝ました。
そちらは何とか撮影できましたが月明かりと薄明までの時間の無さで、やはり視認は難しいです。

投稿: ich | 2010年6月 4日 (金) 08:07

>ich様

 透明度が悪かったり月明かりがある場合、長焦点のほうが救える画像になりやすいというのがあります。導入が問題ですが。
 目盛環で導入すると、どうにかこうにかX3の視野内には入っていました。あとは構図を調整するために、ちょっと時間が掛かりました。

 c/2009R1はまだ見ていません。もう存在はカメラレンズで確認できるのですね。こちらは今後の増光が楽しみですね。早起きして、捕らえてみなければ。

投稿: keypon13^2 | 2010年6月 4日 (金) 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/48536375

この記事へのトラックバック一覧です: 6/2のマックノート彗星C/2009K5:

« M4・・・K-mでやや強めの画像処理 | トップページ | 44年ぶりに我が家にきたスバルの軽 »