« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

スピーカー交換その後

 前回、ヴィヴィオのダッシュボード取り付けのスピーカーグレードアップを図ったのだが、一聴して、スピーカー背面からの音が回り込んでいるように思われた。ユニットだけで鳴る中高音は大幅に改善したが、低音のほうは、なにか地に足が着いていない、そんな感じだ。

 もう一度観察してみると、スピーカー開口部のほかに、無配慮に穴が開いている。(緑の斜線部)
完全な密閉は無理としても少なくともスピーカー近傍の穴は塞がねばなるまい。

Csp_bef

これはけっこうな根気仕事になりそうだ。

続きを読む "スピーカー交換その後"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

スピーカー交換

 銭もないのに、カーオーディオのスピーカーだけは、可及的速やかにグレードアップしたいと思っていた。一応純正でも聞けることは聞けるが、やはり中高音は、がさがさと荒れ気味でいわゆる「紙臭い」音。ホイールは右が金色、左が赤のままなのに(--;)

 ヴィヴィオのスピーカーは、ダッシュボードの左右にある。グリルを外すのも実に簡単だった。

Vi_osp

続きを読む "スピーカー交換"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

免許更新

 昨日、免許の更新をした。通常の人と違うのは、医師の診断書提出と面接。
おまわりさんににこやかに呼ばれ、別室で診断書をもとに面接。
今回、主治医は今後3年程度であれば発作はないと診断・・・ということで、無事更新。
もう20うん年車は運転してきたが、「初回者講習」ということで2時間講習の後、免許証は来た。診断書3150円、更新手数料5650円(安協1400円込み) (--;)

Men_kou2

まあ、これがないとせっかくゲットしたヴィヴィオも置物になってしまうので、まずはありがたや、というところ。
当地区もICチップ内蔵式となった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

ホイール塗色変更

 ヴィヴィオ ビストロについてきたホイールは真っ赤だ。それだけ見ていればいい色だと思う。だが、その鮮やかさからボディーに目を移していくとワインレッド(正式にはラズベリーレッドマイカというそうだ)の色が相対的にくすんで見える。

 ボディーを負けずに真っ赤なソリッドカラーに塗るか→もうそんなに若くない、却下。
 ホイールをワインレッドに塗るか→ホイール用スプレーは色があまり選べない。
 ホイールを塗りかえるとしたら、スプレーの設定から、シルバーかゴールド(.黒もあるけど)

 そこで、カー用品店に駐車している何台かの車を観察することにした。
ホイールがシルバーなら、まあ無難。だけど、ちょっと物寂しい取り合わせかな。
と思っているとスバルのブルーメタリックのすばるしい車・・・たしか「STI」とか称号が付いていた・・・が、ゴールドのホイールを履いているのに、ひどくシビレた。
 短絡的な頭は、「よし、これで行こう」とゴールドのスプレーを1本、手にしていた。
以前、ソリッド色の車なら黄色→白色にスプレー30本を使って塗りかえたことはあるので、ホイールなら鼻歌交じりと思われた。
 が、下地処理が、マスキングが意外と手間が掛かる。が、赤い地肌をサンドペーパーかけた時点で、もう戻れない。さようなら、赤いホイール。

Wh1

続きを読む "ホイール塗色変更"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

定期通院100618

 脳外科定期通院。本日はVIVIOで。天候的には自転車でもいけたなぁ。
血圧:122-85で良好。気候が良くなったせいか。
尿:蛋白、尿糖とも(-)
血液検査:総コレステロールは範囲内なのに、善玉が下限値以下、中性脂肪が上限値の2倍、尿酸値が上限値ぎりぎりなど、指摘された。
自転車、続けていますか?と痛い所を突かれた(苦笑)

免許更新を間近に控え、病状に対する所見(診断書)を依頼した。
発作は起きていないが、肝機能の数値には余裕があること、また免許更新を安心して行うには血中バルプロ酸の数値をもう少し上げておきたいらしく、服用量が朝2夕1から朝2夕2に増量になった。ジェネリック薬品も可になったから、出費そのものは大して変わらない。

そして、実は、別の科(整形外科)にも掛かった。
2ヶ月前頃から、手首の関節辺りに、硬い腫瘤が出来、大きくなってきた。

Gangurion

この歳で骨肉腫とかは、あまり可能性はないだろうけど、早いうちに診断を受けたほうがいいような気がしてきた。

Ga2

片腕切除というシナリオも想定した。
予備診察のようなことをされて、看護師がさわり、奥で「多分ガン☆▼лИだね」とか言っているのが聞こえる。
 

続きを読む "定期通院100618"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

6/17のマックノート彗星C/2009R1

 6/16宵は、梅雨とは思えないほど晴れ渡り、出撃することに何の迷いもなかった。しかし、機材を搭載し終わり、23時半ごろ自宅から5kmほどのいつもの観測拠点に向かうと、霧が立ち込めている。ここで待っていても勝算は薄いと判断し、八千穂高原を目指した。

 VIVIOは、さすがに山岳路は非力。(エンジンの回転を上げれば走ることは走る。)でも、カーブもきついし、機材に横Gかけながらそんなに急ぐこともないので、必要十分。低重心のせいか、ハンドリングの挙動もいたってナチュラルで、うれしくなる。

 標高1700mあたりだろうか。うーん、ここも天気は微妙。ただ、地元辺りは雲のふたがかぶさっていることがわかる。一応、多少は勝算はありそう。
  しかし、いざ準備を始めると、極軸あわせも難儀。全体としては晴れ間はあるのにペルセウス座のほうに決まって雲が流れていくorz

↓撤収直前の光景から。

C09r1_617a

EOS KissX3/smc PENTAX-FA 1:2.8 28mmAL→F4/03h08m~78sec露光、ISO400
EM-200放置駆動

続きを読む "6/17のマックノート彗星C/2009R1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラフアイドル

 4気筒の軽、ビストロ。アイドルからエンジンマナーがよろしく、こもり音や不快な振動が少ない。そう、そのはずであった。が、ちょっと長く乗った後のアイドルは、息をつくように時折ボコッボコと脈を打つ。
燃調が狂って、かぶっているのだろうか。面倒な原因だと嫌だな。

 星見遠征で、少し長く乗ってみた。走行中は、特に異常を感じない。撤収のとき早めにエンジンをかけて様子を見てみた。暖機が進むと息をついてくる。が、息をつくとき、同時にカチカチ、というかパチパチというか音が出ている。この音はもしや・・・星見で暗いから、エンジンルーム開けたら、なにか見えるかも。

続きを読む "ラフアイドル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

6/15のC/2009R1

 6/15未明の記録。 
 前日宵から入梅ですっきりしない空。日が変わり6/15、寝る前にもう一度赤いVIVIOでも見ておこうか、と外に出ると、星が見えるではないか。風雲急で、観測時にはダメになるかもしれないが、ドライブを兼ねてさっそくVIVIO出動。
 いつもの観測道具は、VIVIOにもすんなり載せ切れた。

 まずSPACEBOYを据付け、標準レンズで。

C2009r1_50
EOS KissX3/撒き餌レンズ 絞りF3.5/ 02h05mから30sec  ISO3200
SPACEBOYで追尾

ペルセウス座のδ星と並んで、緑のイメージを標準レンズでも容易に捕らえることが出来た。

続きを読む "6/15のC/2009R1"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

44年ぶりに我が家にきたスバルの軽

 中古のスバル360・・・これが我が家の最初のマイカー・・・が我が家に来たのは、まだ自分が保育園児のころ。時を経て、本日、おなじ駐車スペースにスバルの軽が再び着地した。

 予算は諸経費込みでDA☆60-250mmレンズ一本分(笑)
その中では、よい車にめぐり合えたと確信している。
整備は完了しているというので、予定より一日早くゲットしてきた。

E_kk4f

スバル ヴィヴィオビストロ 5MT 4WD --- H10年式、走行4.1万km

 欧州クラシック風だが、自分はこのデザインはあまり好きではない。専用にデザインした本物の欧州車はいいけど、派生車種ではどうしてもとってつけた感があって。そんな中では、ミラジーノのほうが個人的には好きである。
でも、それよりも色がおじさんにはつらいか・・・(--;)
白熱灯下で見るとなかなか艶っぽい、いい色なんだがなぁ。なあ、ムスメよ。

なぜ、この車を選んだかというと、

続きを読む "44年ぶりに我が家にきたスバルの軽"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

6/2のマックノート彗星C/2009K5

 前日の反省を生かして、位置情報を観測現場に持っていった。透明度は6/1にひきつづき、悪い。おまけに遠くの山の上空では時折雷光を発している。案の定、眼視的導入は全く無理だった。目盛環でどうにかこうにか主砲MT-160に導入した。自動導入がないので、途方にくれたら目盛環を活用しよう。
 撮影時気温は12℃。ずいぶん撮影は楽になった。反面、ぼちぼち熱ノイズは気になってくる。
 オートガイドは特に問題なく動作を続け、多数ショットもタイマーリモコンをセットするだけ。
 熊よけのラジオを聴きながら、漫然と夜空を見上げて星々を結んで星座を追ってみるのは、なんだかとっても幸福。りゅう座をひさびさに結んでみた。・・・

C2009k5_8cb

EOS KissX3/MT160+レデューサー D160mm  fl=768mm  1:4.8/各241sec ISO800
EM-200赤道儀、PHD Guidingによるオートガイド
21:34-~22:04-の8ショットを彗星頭部を基準に加算平均合成、ダーク処理

直線状の光跡は人工天体。
30分余の、見かけの彗星の動きがわかる。

続きを読む "6/2のマックノート彗星C/2009K5"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

M4・・・K-mでやや強めの画像処理

 マックノート彗星を導入できなかった主砲をただ片付けるのもむなしいので、レリーズ端子を追加したK-mで、さそり座のM4を狙ってみた。透明度は最悪に近く、おまけに下弦より太い月もあるという、悪条件下なのですが、その素性を知っておくのは、悪くはない。天体にはK10Dとおよそ同傾向という印象があるのですが、ダークを引いたり、コンポジットしたりというようなやや本格的な画像処理は、今回が初めてとなる。 

M4_4c

PENTAX K-m/MT160+レデューサー D160mm  fl=768mm  1:4.8/86sec ISO400 RAW
4ショット加算平均、ダーク処理
EM-200赤道儀、PHD Guidingによるオートガイド

使用前に、センサークリーニングはしたんだけどなぁ。K-mのDRはいまいちかな。一般撮影でも「おい!おい!」と思うような大き目のゴミが付いてて舌打ちをすることがある。

続きを読む "M4・・・K-mでやや強めの画像処理"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/1のマックノート彗星C/2009K5

 月末から来月初頭に、ひょっとしたら肉眼彗星になるのではと期待されているマックノート彗星C/2009R1にもそろそろ関心を払わねば、と思っていたら、Ken28さんのブログに表題の彗星が尾を伴って写っているではないか。これは捕らえるしかない、と6/1は久々に出動。

C2009k5fc

EOS KissX3/smc PENTAX-DA  1:3.2 21mm AL Limited、開放/181sec ISO400
SPACEBOYで追尾

 北極星からおおぐまの頭部方向へ・・・と、位置については、大雑把にしか予習してこなかった。普通、標準レンズで3分も露光すれば、緑色のイメージから大抵すぐわかるはず、とタカをくくっていた。しかし、空の透明度は最悪に近いし、ちょっと位置を勘違いしていた。また、思いのほか暗くて小さい。結果的には1時間半も探す羽目になった。ようやく捕らえたときには、真っ赤な月が東の空に昇ってしまった。
_ノ乙(、ン、) .. 

続きを読む "6/1のマックノート彗星C/2009K5"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »