« 6/2のマックノート彗星C/2009K5 | トップページ | 6/15のC/2009R1 »

2010年6月14日 (月)

44年ぶりに我が家にきたスバルの軽

 中古のスバル360・・・これが我が家の最初のマイカー・・・が我が家に来たのは、まだ自分が保育園児のころ。時を経て、本日、おなじ駐車スペースにスバルの軽が再び着地した。

 予算は諸経費込みでDA☆60-250mmレンズ一本分(笑)
その中では、よい車にめぐり合えたと確信している。
整備は完了しているというので、予定より一日早くゲットしてきた。

E_kk4f

スバル ヴィヴィオビストロ 5MT 4WD --- H10年式、走行4.1万km

 欧州クラシック風だが、自分はこのデザインはあまり好きではない。専用にデザインした本物の欧州車はいいけど、派生車種ではどうしてもとってつけた感があって。そんな中では、ミラジーノのほうが個人的には好きである。
でも、それよりも色がおじさんにはつらいか・・・(--;)
白熱灯下で見るとなかなか艶っぽい、いい色なんだがなぁ。なあ、ムスメよ。

なぜ、この車を選んだかというと、

  試乗のとき、エンジンフィール、シフトフィール、ハンドリングともにこの予算ではハナから諦めていたfun to driveを、ひしひしと感じることが出来たため。
また、年式こそ12年落ちだが、走行は割りと少なめ。

E_kk4_er

 660ccという限られたキャパのなかでは異例の4気筒、EN07エンジン。
1シリンダーあたり165cc・・・牛乳瓶にも満たない行程容積・・・では、トルクも燃費も3気筒より落ちるに違いない。スペックは52ps/7200rpm、5.5kgm/5600rpm。
前所有したtoday(E-JA4)は3気筒で48ps/6300rpm、5.8kgm/5500rpmなので、微妙に4気筒の苦しさがうかがい知れる。
 このエンジンを積んだスバルDNAの軽も、近い将来終了になり、OEMになるという。

 しかし、いざエンジンをかけると、さすがは4気筒、シルキースムーズ。アイドルから嫌な振動がない。吹き上げると、甲高いけどいい音。

内装は、何気に充実。ステアリングは純正皮巻き、オーディオはCDも付いているし、電動調整ドアミラー、ドアミラーヒーターまで付いている。
・・・しかし、計器盤は質素そのもの。まん丸な計器は好きだが、よぶんな細かい装備はいいからタコメーター欲しい。夜間の計器盤照明も、いかにも安っぽい。

E_kk4_cp

リヤハッチは普通に大きく開き、実用性はスポイルされていない。

E_kk4_rd

 試乗のときはシフトフィール最高、と思ったのだが、いざ自分のものになるとさほどではない気もする(笑)。でも、軽にありがちなグニョグニョ感はなく、合格レベル。

 4気筒なので低速トルクは弱点のはずだが、ギヤ比でカバーしているらしく気にならない。むしろ回転が低くてもいやな振動も出にくく、意外とフレキシブル。
40km/hも出ていれば、いやな振動も出ずに5速に入るし、トルクバンドに乗れば、シエンタA/Tではシフトダウンしてしまうだらだら上りでも、5速のまますんなり登ってしまう。
 ちょっと引っ張り気味にすれば、軽のざわざわしたエンジン音というよりはちょっと前のM/Tの普通車という感じの、いい音でご機嫌に加速する。

 操舵感もなかなか大人びている。軽というと、ゴムをこじるようなただダルい感触や、微小操舵に対してそわそわ落ち着かないタイプがありがちだが、これは違う。長く付き合えそう。

 燃費は・・・うーん、多分todayの21km/Lにはだいぶ及ばないのではないか。
その根拠として、次の点が挙げられる。
・車重:4WDのせいもあり、todayの650kgに対して+100kg
・相対的に摩擦損失、冷却損失の大きい4気筒エンジン。その弱点を補うためギヤリングがクロスギヤ気味。
・気持ちいいので、ついついエンジン回転を引張り気味にし勝ち。

まあ、これは測定してのお楽しみ。シエンタの11km/Lは大幅に超えてほしいところだが。


↓ 4WD駆動系と懸架装置。金かかっていそう。いいものが必ずしも市場には残れない、そんなスバルの不器用さが好きだ。けど、残れなくなって他社OEMでは・・・。

E_kk4_ds

 意外と辛らつな評価を下すムスメを同乗して近くをドライブ。荒れた路面でのシャーシのよれ加減は、最近の高剛性な車にはやはり及ばないなぁ、と思った矢先、「シエンタに比べたらぜんぜん乗り心地悪い。」と。(--;)
 子どもにとっては、軽自動車への置き換えは単なる生活水準の低下に他ならず、最初はずいぶんがっかりされたものだ。
 でも、いい路面では、フラットでひたひたと接地する感じがいい。ひとしきり走ってきた後では「思ったほど、そんなに悪くはないね。オーディオも聞けるし、いいんじゃない。」とのこと。
「でも色だけは、私には無理。塗りかえて。」だって。
お絵かきや塗り絵じゃねーの_ノ乙(、ン、) .. 

|

« 6/2のマックノート彗星C/2009K5 | トップページ | 6/15のC/2009R1 »

コメント

納車おめでとうございます。
待ちきれないご様子でしたので、販売店さんに聞いてみれば・・・と言うまでもなかったわけですね。(笑)

個人的には小型車(軽はもちろん)にはMTが似合うと思っています。
効率的には最近のCVTも良いのでしょうが、運転者の気持ちがそのまま走りに表れるようなフィーリングはMTならではだと思います。
燃費はユーザーのレポートを見るとMTなら街乗りでも15、6kmは行きそうですから、まあまあなんじゃないでしょうか。

カラー、やっぱり駄目ですか。(^^;
Twitterでも私見を述べましたが、そんなに悪くないと思うのですが・・・。まあ、こればかりは感性の問題ですので、止むを得ませんが。
ホイールだけでも色を変えると、気分が変わりそうですけどね。

投稿: ich | 2010年6月15日 (火) 00:06

>ich様

 待ちきれない・・・図星です(笑)
純正では、オーディオはカセットラジオが標準でCDがないタイプでしたので、確認しに行ってみたところ納車可となっていました。速攻で自転車をばらせるタイプに乗り換え、急行しました。

 小型車はMT・・・エンジンと相談しながらギヤを選ぶのはやはり楽しいです。反面、上り坂での渋滞などでは勘弁願いたいこともあり、ちょっと歳とったかな、と思うこともあります(--;)
 かつてvivioデビューでのECVT試乗、cubeでのNCVT車所有もありましたが、キックダウン時のタイムラグ感などどうもしっくり来ませんでした。まだ普通のトルコンATのほうが好きです。
 
 色・・・光線の加減でずいぶんと印象の変わる色です。曇りの日など、くすんだえび色?のようなあせたソリッド色にみえることもあります。色温度の低い光りで照らされると艶っぽいいい感じなのですが。夜など、消防車両のようにみえてギクリとすることも(笑)
内装にも塗色が(鉄板が)入り組んで入るところもあり、塗色変更はハードルが高い感じです。というかムスメのいいなりになるなよって感じですが>自分
仰るように、ホイールの塗りかえで様子を見ようと思いますw

投稿: keypon13^2 | 2010年6月15日 (火) 09:27

羨ましいです。走行距離既に月までの半分を超した江洲手間ですが、昨年の夏冬タイヤ一挙更新が仇となり、少なくとも新タイヤがすり減るまで乗り替えできません。(否、乗り替え不可の真の理由は¥=車検を通すのに精一杯)
『こうなりゃ、月まで行ってしまえ!』って、修理・部品代が嵩むようならそれも無理。orz
万一、乗り替えることとなれば、中古車は間違いないところです。#エコカー減税どころでない(苦笑)
tにもかくにも壊れぬように、と願いつつ月への道のりを(空気圧を高め、激安セルフで燃費向上に努めつつ)走らせる昨今です。
現在、空いた7座席は光学製品占有状態なので、もし買い替える機会があれば、次は商用車だな。

あっ、そうそう。赤いホィール、真っ先に目がいきました。塗り替えるのですか?(個人的には、もったいない気がしますけど)

投稿: Ken28 | 2010年6月15日 (火) 21:01

>Ken28様

 我が家の財政再建のため、これが私のファーストカーです。羨むほどのものでも(笑)
 本当はエンジンに余裕のある車のほうが、長距離に耐え、長持ちすると思います。乗用車で月到達キロ走ったらすごいですね。
タクシーなんかはあるみたいですが。

 多人数乗車が目的でなければ、活用するなら商用車はタフで安価でいいかも知れませんね。活用の見通しがない場合は悲惨です。実は以前1t積みのバンに乗っていたことがあるのですが、バネは硬いし、ハンドルはぐらぐら遊びがあるし・・・だいたい1tも何積むんでしょう・・・一回文化祭の資材運搬に、近くにお住まいの先生に貸しただけでした(笑)

ホイール、シルバーに塗りかえるつもりでスプレーペイント買ったのですが、実はペイントは返品しました。・・・スバルの軽は赤もありかな、と思い直しているところです。
昔のスバル360に真っ赤なのがあって、いいなと思ったことがあります。
かといって、車体がもっとヴィヴィッドな赤なら映えるのですが、なんとなく車体の色とホイールとアンバランスで。うーん。
もうしばらくで見慣れるかもしれませんし(--;)

投稿: keypon13^2 | 2010年6月15日 (火) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/48632419

この記事へのトラックバック一覧です: 44年ぶりに我が家にきたスバルの軽:

« 6/2のマックノート彗星C/2009K5 | トップページ | 6/15のC/2009R1 »