« 6/15のC/2009R1 | トップページ | 6/17のマックノート彗星C/2009R1 »

2010年6月17日 (木)

ラフアイドル

 4気筒の軽、ビストロ。アイドルからエンジンマナーがよろしく、こもり音や不快な振動が少ない。そう、そのはずであった。が、ちょっと長く乗った後のアイドルは、息をつくように時折ボコッボコと脈を打つ。
燃調が狂って、かぶっているのだろうか。面倒な原因だと嫌だな。

 星見遠征で、少し長く乗ってみた。走行中は、特に異常を感じない。撤収のとき早めにエンジンをかけて様子を見てみた。暖機が進むと息をついてくる。が、息をつくとき、同時にカチカチ、というかパチパチというか音が出ている。この音はもしや・・・星見で暗いから、エンジンルーム開けたら、なにか見えるかも。

やっぱり。

Leak2c

向かって左から2番目のプラグコードから、火花がリークしている。
走行は少なくても、ゴムは経年劣化で出てくるから、油断できない。まあ、大古車だから、完璧を求めず、都度対応のおおらかな気持ちが必要である。
不幸中の幸い、原因がはっきりと目に見える形で、交換も容易な部品でよかった。
さっそく良品と変えてもらおう。

|

« 6/15のC/2009R1 | トップページ | 6/17のマックノート彗星C/2009R1 »

コメント

おはようございます。
年式なりのトラブルはやむを得ないですね。このくらいの不調だと放置してしまうユーザーも多いかも知れません。さすがです。
今朝は私も彗星観測を試みましたが、雲が薄明まで切れず時間切れでした。

投稿: ich | 2010年6月17日 (木) 08:04

>ich様

 早速、販売店に連絡しましたところ、「交換も簡単なので、短時間の入庫で済みます。」と同様の感想でした。
以前乗っていたスバルドミンゴはRRなので、後輪で巻き上げた雨水がエンジンルームに入りやすく、やはり高圧系のリークを起こしました。そのときのリーク音に似ていたのでピンときました(苦笑)
 彗星のほうは、地元の観測地点では、霧が立ち込め無理と判断し、ちょっぴり遠征しました。が、雲に阻まれてかろうじて使えそうなのが1ショット。地元に戻ると、やはり明け方まで雲のふたが被さっていました。一応、悔いはありません(--;)

投稿: keypon13^2 | 2010年6月17日 (木) 10:53

さすが、トラブルシューティングを心得ていらっしゃる。
バイクの高圧系のリークで、感電したことがありますが、
感電しなくて良かったですね。

エンジンハーネスやメーンハーネスがパチパチいい出したら、火災になるケースもあります。
プラグコードで何よりでした。

投稿: でぱいゆ | 2010年6月18日 (金) 22:06

>でばいゆ様

プラグコードは、昨日のうちに良品に変えてもらいました。
ゴムの状態は悪くありませんでしたが、裂けているような部分がありました。外すのに誰かがペンチのような尖ったもので無配慮に引き抜いたのかもしれません。

中学校の技術家庭科でエンジンの構造があり、うっかり感電したことがあります。
片腕をなにかで殴られたような電撃を受けました。

まあ、故障としては単純なものでよかったです。

投稿: keypon13^2 | 2010年6月18日 (金) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/48650660

この記事へのトラックバック一覧です: ラフアイドル:

« 6/15のC/2009R1 | トップページ | 6/17のマックノート彗星C/2009R1 »