« 硫黄岳の思い出 | トップページ | 六連星 »

2010年8月 4日 (水)

クラッチペダルから異音

 実は、納車のときから気づいていた。クラッチペダルを踏むごとにカコン、カクンと異音というか足応えがする。ほぼ毎回であるが、たまに音のしないときもある。
 なんとなく、これは大事には至らないという気がしていて、今まで放っておいた。

 しかし、今日は「六連星のエンブレム」入手に向けて具体的に行動を起こしたいので、スバルのディーラーにいく口実(笑)として、異音の件を見てもらった。
 エンブレムの件は具体的に車種を決めれば、部品としては取り寄せ可能ですよ、とのこと。いろいろ現行の車を見せてもらって、少し小ぶりなインプレッサのリヤのものを発注した。どうVIVIOに取り付けるかは今後の課題だが、2,650円はリーズナブル。

 さて、ついでのはずのクラッチペダル異音ですが・・・

うーむ。

Shindan1

うーむ。

Clutchassy
○ビ カーライフにはちときつい、微妙な額の見積もり。

中古車には、「完璧を求めてはいけない」、という座右の銘を持っているのだが。
クラッチのすべりのような故障なら、待ったなしなのだが。

「軽はVIVIOのころが一番走りが良かったですね。走行距離も少ないし、いい車ですね。」などとお話してくる。スバルの車が好きでスバルのディーラーに勤めている、という気概の感じられる人だ。

もう、本丸埋められたかな。直す方向でゴーサインしてしまった(笑)

|

« 硫黄岳の思い出 | トップページ | 六連星 »

コメント

気になり出したらどうしようもありませんね。常に使う走行系ですし。
こちら、車検直前に前ブレーキから異音が出るようになり、診断の結果、ブレーキパッド摩耗・消失とのこと。
さらに20万km近い走行で点火プラグやファンベルト等の交換が加わり、見積もりは200k円オーバー orz
(新品D700ボディが楽勝で買える)

先日、車検&修理が終わり、請求額は180k余でした。あー、大台突破でなくて良かった!でも、痛い出費には違い
ありません。(かといって、他の中古車に乗り替えるにはもっと資金が要るし..)
これまでトヨタはエンジンが保たぬ!という印象でしたが、意外とタフなことに認識を改めました>(#月まで行きたい)

投稿: Ken28 | 2010年8月 4日 (水) 18:24

前車のストーリアは点検の度にクラッチは大丈夫か、と確認していましたが部品交換など大きな整備はした記憶がありません。
走行距離の割には、変速する回数が少なかったのだと思います。

ワイヤーの引っかかりのように、走行に直接影響するトラブルに繋がるのか判りませんが、やはり気になるところは直した方がよさそうですね。
なにより、操作感の向上はVIVIOをさらに魅力的にしてくれるのではないでしょうか。

毎度引合いに出して恐縮ですが、ミッション周りの操作フィーリングでは、デミオはストーリアの足元にも及びません・・・。

投稿: ich | 2010年8月 4日 (水) 21:19

>Ken28様

 車両購入価格、また効果と比べて「うーむ」というところ。
すぐ故障に結びつくからやばいよ、ぐらいのインパクトが欲しいところです(笑)
でも、フィーリングも大事なところなので、長い目で見ればいいのかな。

 ディスクブレーキのパッドは残り少しになると、一種の警報のような感じでキーキーと音が出るようになります。
あの音が出てから換えると、良く使ったな納得なのです。

 見積もりより少し下回ることが多いのが、トヨタの上手なところかな、と思いますが、小エスティマのときは40万円の見積もりに諦めました。それにしても20万kmですか。節目節目には出費になりますね。でも、最近の車は耐久性もよくなりましたので、必要な消耗品を換えればまた長く乗れそうです。
 整備性では、その凝った構造から、スバルはやや難ありな感じです。やはり安心感はTNのほうが上かな、という気はします。
ファンはそれも込みで乗り越えていくのですが(笑)

>ich様

 クラッチ本体とか、クラッチワイヤーだと心配なのですが、指摘を受けたのは意外なところでした。段摩耗など、目で見えれば納得なのですが。

 クラッチ本体は上手に使えばとても長く持つものです。反面、下手に使えば数分でもすべるようになります。値段がつかない廃車直前の車で思いっきりふかしてクラッチミート数十回・・・常時半クラ車になって廃車回送・・・実験したことがあります(笑)
 ワイヤー切れは・・・ジェミニで路上故障経験あり。国道20号を東京に向かう際、相模湖駅前の信号で停車した際ブツッとorz
セルを回して駅前ロータリーに辛くも移動(笑)予兆は「ああ、なにか運転が楽しくない」でした。

 MT車はクラッチミートも大事な操縦感をつかさどるので、まあ長い目で見れば直しておくのは手でしょうか。
 デミオとストーリアでは、シフトリンケージが違うのでしょうか。防振重視とか、時代背景もあるのでしょう。
VIVIOは、ミッションオイルを交換して直後はあまり変化を感じませんでしたが、今はなんだか前より良く決まるようになって来ました。

投稿: keypon13^2 | 2010年8月 4日 (水) 23:02

>シフトリンケージ:
デミオのは、シフトノブがインパネに付いていることもあって、ケーブル式なのですが、ストーリアはロッドが手元まで来ているタイプだと思いました。(たしかvivioもこのタイプでは?)
ストーリアのシフトフィーリングも、とりたてて優れているという評価は聞いたことがありませんが(笑)、少なくともダイレクト感はありましたし、うまく決まった時の感触は悪くありませんでした。
まあ、今もう一度比べてみたら案外大した違いは無いかもしれませんが。(笑)

投稿: ich | 2010年8月 5日 (木) 06:05

>ich様

 VIVIOを現車で確認したところ、ご指摘のとおり、ロッド式でした。
いままで経験したMT車では、
・FRジェミニD(代車)・・・ミッション直生え→ダイレクト感満点、振動もろ(シフトノブの数字がぶれて見えにくい笑)
・FFジェミニD・・・プッシュプルワイヤー→ごろりごろりとした鈍重な感触、振動は伝わりにくいけど
・VIVIO・・・ロッド式→シフトフィール及第点、振動もさほど気にならない(ガソリンエンジンのせいもあるかな)
といったところ。
VIVIOのシフトフィールも2ちゃんあたりではそれほど高評価ではないけれど、軽として、FFベースとしては(贔屓目を割り引いても)いいほうではないかと思います。やっぱり贔屓目かな(笑)

投稿: keypon13^2 | 2010年8月 5日 (木) 22:53

クラッチペダルASSY交換作業工賃、けっこうかかるんですね。
故障診断・各部点検に2500円もかかるのが、ちょっと高い気もしますが、
明朗会計で誠実な気もします。

我が家のMPVは、エンジンのクランクシャフトのメタルが割れて、
エンジン載せ換えになり、本日修理完了で、33万円也。
8年落ちの車にこの追い金はツライですが、買い換える余裕もないので、
仕方なく修理しました。
もう、なんにも買えんです。

投稿: でぱいゆ | 2010年8月 6日 (金) 21:04

>でばいゆ様

 故障診断の2500円は、まあ、リーズナブルなのかなとは思いますが、ペダル交換工賃に満貫払いはちときついです(笑)
分けてあるのは、ある意味親切だとは思います。
工賃けちって自己責任でDIYしようかな、などと思ってみたりもします。

 クランクシャフトのメタルが割れる・・・なんていう故障もあるんですね( Д) ゚ ゚
もっともVIVIOのエンジンを調べていたら、シリンダブロックのどてっぱらに穴が開いて向こうが見える、などという故障事例もありましたが(--;)
 33万円・・・痛い出費ですね。我がVIVIOちょうど2台分です。。。
 でも、エンジン乗せ換えで33万って、エンジンはいくらなんでしょう。大きな働きをするものの割には微妙な値段ですね。安いというわけではありませんが。ホイールだけで80万円もする車に乗っている職場の後輩もいるもので。。。
そういえば、その輩のT社クラウンはエンジンのバルブスプリングのリコールで入庫だそうです。V6エンジンの24個のバルブスプリングを全部交換だそうで、手間だけでも大変な話です。 

投稿: keypon13^2 | 2010年8月 7日 (土) 13:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/49059335

この記事へのトラックバック一覧です: クラッチペダルから異音:

« 硫黄岳の思い出 | トップページ | 六連星 »