« 気ままなエンジン談義(13) | トップページ | 気ままなエンジン談義(14) »

2010年8月27日 (金)

ヴィヴィオ、クラッチペダルから異音・・・修理記

 以前スバルのディーラーに診断してもらったこの件に関する部品がようやく整ったとの連絡をうけた。
Clutchassy

 なかなか工場と自分の都合のいい日が合わない。「いっそ部品を買っていって、自分で作業してもいいですか。」と聞くと、なんの異論もなく「どうぞ。」とのことなので、部品代に加え、診断の技術料2500円だけでも請求されるかと思ったら、それは要りませんとのこと。良心的ー。

Shindan1

 改めて現象を確かめてみると、ペダルを踏むたびに出るコクンというような音は上図図面36036Dのバネから出ている。

 それでは、まず分解。
まず、ペダルをいっぱいに踏んだ状態にする。アシスタントがいれば問題ないが、いないので、TAKAHASHI君の足を利用した(笑)

Recp_1

次に、その状態で、エンジンすぐ脇のクラッチ操作レバーに、あて木を突っ込む。

Recp_2

こうすれば、クラッチワイヤーの張力をころすことが出来る。
あとはEリングを外せばいいだけなのだが・・・。

Recp_4

↓あらかじめ、バネがスラスト方向に伸びてバラバラに吹き飛ぶのを防止するため、ハタガネみたいなもの(ホームセンターに売っている)で抑えておく。

Recp_3

実は、分解時には36036Dのバネがスラスト方向に伸びたがっているのを予想できなくて、ペダルがぶっ飛んだ(笑)

Recp_5

外したクラッチペダルアッシー。そんなに一見して異常な部品は無いようだが、本当に直るのか。

Recp_6

うーん、しいていえば図面36022A・・・樹脂製のブシュ・・・が磨耗気味、とくに左のものは粉が吹いている。

しかし、ここで重大問題が発覚。新品ブシュ36022Aが一つしかないannoy

スバルに連絡。
「ブシュ左右に合計2個いるのですが。」
「あっ、そうでしたか。すみません。至急仕入れます。」
でも、分解しちゃったから、とりあえず元に戻さないとorz

比較的程度のよい右側を左に振り替え、右に新品のブシュということでくみ上げた。

Recp_8

たぶん、ペダル本体は問題ないんだろううなぁ。まあ、踏む面のゴムパッドも新品にして気分一新としよう。

ちなみに、シャフト。

Recp_7

それなりに磨耗気味ではあるが、異音の原因とも思えない。疑心暗鬼のまま組み上げた。

結果は・・・バッチグーgood
微妙な半クラの場所でコキンと鳴っていたのがなくなったので、すこぶる気分はいい。

ブシュが磨耗して、ペダルがスリコギ運動をしてバネが振動したのだろう。
ブシュがもう一つきたら再手術だが。

|

« 気ままなエンジン談義(13) | トップページ | 気ままなエンジン談義(14) »

コメント

直ってよかったですね。
樹脂製のブッシュだとフィーリングはともかく、油切れや錆で固着という事態には、なり難いでしょうね。
最近問題になったトヨタのアクセルペダルの件を思い出しました。

投稿: ich | 2010年8月28日 (土) 00:24

>ich様

 本当に直るのか、最後まで疑心暗鬼でしたが、異音というのは、どうもデリケートなことで発生するみたいです。
このスバルの診立ては正しかったようです。
操作回数も多いので、こんなチャチな樹脂製はどうかと思うのですが、ひとつ90円の部品2個で直るなら定期的に交換してしまえばよさそうです。
 確かに不具合がアクセルペダルで出ると怖いですね。ヴィヴィオはフロアマットの位置決めも慎重に設計されていて感心します。

投稿: keypon13^2 | 2010年8月28日 (土) 07:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/49269577

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴィオ、クラッチペダルから異音・・・修理記:

« 気ままなエンジン談義(13) | トップページ | 気ままなエンジン談義(14) »