« ふたご座流星群2010 | トップページ | EOS60D通過儀式(ダークノイズ) »

2010年12月17日 (金)

ガラスプリズムのDSLR、切望

 先日のふたご座流星群では、星用のEOS KissX3はもちろん、PENTAX K-mも戦力となってくれた。

 ところで、流れ星に少し願いがかなったのか、所得税を納めすぎていて調整されたこと、ヴィヴィオのマフラー太鼓に中古が見つかったことなどで、お金が無いけど少しあるような気になってきた。一介のへたれペンタックスファンとしては、孤軍奮闘のK-mに援軍を送りたい。
 だが、ぜひガラスのペンタプリズム採用機が欲しい。
あくまでも、星人間からの観点で眺めてみた。評価も独断なので、あしからず。

Dc_comp1


金さえあればK-5、というのは間違いの無いところ。
しかし、車検が、新学年にむけての学校諸費が、・・・と考えると今ここでどうしても120kは出せそうも無い。

K-rも実力機だが、プリズムじゃない。それに、買って早々ケーブルレリーズ端子取り付けの改造をするのも気分が乗らない。K10Dなら、お求め易い中古が沢山出てきた。でも、どうしても今更感がある。

いっそ、K-7なら、一般撮影前提なら満足、新品でもK-rより安いのもあった。
でもK-5を見てしまってからでは、と逡巡するばかり。

で、結局、今回は、これにした。m(_ _)m

Eos60d

なぜこのカメラを手にしているのか。K-mの援軍じゃなかったのかい>俺様・・・自分でもいまだに不思議である(笑)

一言でいうと、びっくりするほど安く買えたから。隣に並んでいたX4と同じといっても過言ではないほど・・・。しかし、如何に安くても、目的に沿わなければお得な買い物とはいえない。

Dc_comp2

キヤノンの中級機なんて重くてでかくてなんかエラそうで、自分としては「out of 眼中」だったのですが。
意外なプライスカード、下取りありで10k円引き、さらに逡巡中5k円引くとは!
墜ちました。

EOS 7Dのせいで、ちょっと格下げ感、例えば、プラ外装とか、レリーズスイッチ端子がEOS KissX3と同じタイプのステレオミニミニジャックとか。
でも、これが自分の用途には案外いいほうに働いている。K10Dだと思えば、むしろ軽いのには驚いた。

Eos60d_lev

バリアングル・・・これは、機械としての品位を落とすという向きもあると思う。しかし、これがなかなか便利そう。短足ポタ赤でピントを決めるときなど、毎回苦しい姿勢を強いられる。あったらなぁ、と思っていた機能だ。

動画時の音量レベル手動調整可能・・・KissX3で音楽会で動画記録すると気になっていた、ダイナミックな演奏に対する、ゲインの変動による不自然な音量変化。まだやってみていないが、これが改善できそうだ。(ムスメがけいおん系に転身しそうな気配・・・笑)

肝心のファインダー。OptioW60をMFにしてピントと焦点距離を固定し、ファインダーにあてがって撮影。
EOS KissX3
F_x3


EOS60D
F_eos60d

やはり、ガラスプリズムはいい。俄然写欲が湧いてくる。会社の商品にも自分が撮影した画像がいくつか採用されているので、今後も撮影に励まねば。こういう趣味、きわめて微力ながら業務にもつながっているということも含めて、理解のある伴侶なら理想なのだが。

すべてデフォルト(ただし、オートライティングオプティマイザーだけはOFFにした)の、作例。

E60dtest1

EOS60D/EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 USM

まだ評価というほど撮影してみていないが、EOS KissX3がともすると露出オーバーで薄っぺらな絵になりがちなのに比べて、コクがある。ネイチャー系にも適性がありそう。山にも連れて行けるかも。

余談:
 喜び勇んでKiss FのときのキットレンズEF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 ISをつけたところ、AFが動作しない。EOS中級機の操作系に慣れていないせいだと、設定を再三確認するも駄目。さては早速はずれを引かされたかと落ち込む。そのレンズをKissX3に付け替える。やっぱり駄目。そうか、レンズが駄目なのか。ほっと胸をなでおろす。が、わがC社レンズラインナップはきわめて貧弱。大事な戦力を失っては、と分解してみた。

Efskitfugu

すると、距離情報を伝えるフレキが、赤矢印のところで破断していた。ズーミングに伴って反復屈曲するところ。
これは部品がないと直せない。 _ノ乙(、ン、) ..

|

« ふたご座流星群2010 | トップページ | EOS60D通過儀式(ダークノイズ) »

コメント

新機導入おめでとうございます。
現状、中級機としてはD7000がダントツ人気であまり目立たなくなっていますが、60DもCanonらしく動画機能などを含めて上手くまとめている印象がありますね。
一般撮影の能力も申し分ないし、良い選択かと。

しかし、画素数が18000というのはすごいですね。JPEGならともかく、最近はK-5でもRAWは結構重たくて、あまり使わなくなってしまいました。PCもなんとかしないと。(^^;

投稿: ich | 2010年12月18日 (土) 06:17

>ich様

いまこの時期にどうしても必要だったのか、と問いかけると?がないわけではありません。
本当のところ、超広角域のズームレンズの方が優先度が高かったと思います。
実のところ、EFS10―22レンズと同じくらいの支払額でした。
この時期寒いので、いじっているだけで楽しめるのはボディの方だし(笑)

このEOS60Dは、ちょっと立ち位置がC社の中でも微妙なのかな、と。
D7000やK-5の方が上級な印象ですし。
でも、自分の用途にあった機種がお買い得な値段で買えるなら、よしとしましょう。
ボディーをめでるような高級感はまるでありませんが。

1800万画素も正直いりませんし、メリットも感じられません。JPEGで画像表示するにも「うーん」
高感度のキヤノンもいまや影が薄く。これも高画素に走りすぎた?
でも、ダークノイズは安心感があります。

投稿: keypon13^2 | 2010年12月18日 (土) 12:36

これは賢い買い物でしたね。本日、量販店で7D,60D,X4等を眺めてきました。
質感は、仰るように7D≧60D>X4といった感じでした。
60Dが価格とガラスプリズムであることを考えると、X4は選択外ですね。
キスデジ以来、Xシリーズは見かけがチープで、人目の無い夜しか使えません(笑)
それとバリアングル液晶は品質感を下げるとはいえ、望遠鏡直焦点撮影時には
大変重宝すると思います。所有デジ一眼はいずれもバリアングルが付いてないので
羨ましいです。ということで、実用度、満足度がとても高い機種と思います。

先月、念願のK-5を手にしました。半月余り使用してみて、すっかり虜になってます。
D700導入を我慢すればよかった!と後悔しています。
(唯一のフルサイズ機なのと旧ニッコールがあるので手放しませんが..苦笑)

投稿: Ken28 | 2010年12月18日 (土) 18:46

追伸です。EFS18-55mmですが、最近全くと言ってよいほど使用しておりません。
加えて、キャノン機を通常撮影に利用しなくなりましたので今後使うあてもありません。
そういうわけで現状態を見ていませんが、少なくとも部品取りになると思います。
自分もキャノンレンズは殆どありませんが、ますます夜間専用、天文用途となっている
現状では、このまま持っていても仕方ありません。
送料負担でお譲りできます。

投稿: Ken28 | 2010年12月18日 (土) 19:51

>Ken28様

テーマは、現行のガラスプリズム搭載機種ということで、私も、決断の前に、量販店で実際に手にして見ました。
K-5のボディ質感、シャッター感触、ファインダーの見え味はそれだけの対価を支払う価値のあるものだと思います。
7Dのファインダーも、60Dとも一味ちがうものでした。しかし、いずれも軽の車検代ほどの差額があると、今回は60Dが自己葛藤のなかの妥結点となります。
バリアングルも早速、21日の月食で活用してみようと思います。
60Dなら、最近ステライメージ6にも対応したことで「趣味なら本気で。」を星のほうでも実行することが出来ますし。
本音は、K-5のダークがもう少しよければ無理してでも、というのもありました。

レンズのほう、お声掛けありがとうございました。じつは、ISなしの18-55USMは、作例でも使用しているとおり、現存しています。
(急遽、中古品を入手してしまいましたorz)
お心遣いありがとうございました。入手、もう数日待てばよかったかと反省・・・汗m(_ _)m

投稿: keypon13^2 | 2010年12月19日 (日) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/50326378

この記事へのトラックバック一覧です: ガラスプリズムのDSLR、切望:

« ふたご座流星群2010 | トップページ | EOS60D通過儀式(ダークノイズ) »