« ブーツ交換(4) | トップページ | ガラスプリズムのDSLR、切望 »

2010年12月15日 (水)

ふたご座流星群2010

 ムスメが「流星というものを見たことがない。」という。誕生がふたご座であるし、みたいという。寝袋をもって観測地へ。だから、撤収は早めにした。

共通データ:PENTAX K-m/smc PENTAX-FA☆1:2 24mmAL/30sec ISO800
                EOS KissX3/smc PENTAX-FA 1:2.8 20mm/30sec ISO1600
                EM-200赤道儀、オープンループ追尾
       撮影日:2010/12/14 撮影地:佐久市志賀

「あっ、飛んだ。」撮影機材設営中も、ムスメの声が聞こえる。設営早く、と焦る(笑)

20:35  EOS KissX3、トリミング カメラに映るのは、だいぶ明るい流星。だから、この瞬間は、「あっ。」の歓声が上がる。

Gem10_0

20:39 PENTAX K-m、トリミング

Gem10_2

20:39 EOS KissX3 上と同一流星と思われる。

Gem10c_2

20:48 PENTAX K-m、トリミング 静止流星に近い。瞬間的に三つ子座の気分。これもムスメと同時に確認できた。

Gem10_3

21:04 PENTAX K-m

Gem10_4

上と同一流星とおもわれる。 EOS KissX3

Gem10c_4

観測時間は正味1時間程度と短かったが、初心者を飽きさせないためには止むを得まい。(苦笑)
しかし、流星もさることながら、最近ムスメが「星をじっくり見たい。」と言い出していたのは、いい傾向である。
上弦の月があって、HR=50を実感するには至らなかったが、もちろん写真に写らなかったのも沢山あったから、それなりに堪能できたのではないだろうか。

|

« ブーツ交換(4) | トップページ | ガラスプリズムのDSLR、切望 »

コメント

短時間のうちに見事に捉えられましたね。(羨)
こちら、夕方明るい時間帯は一時的に綺麗に晴れ上がったのですが、暗くなるのに合わせて天気は急降下。
現在も荒れ模様。おまけに内務大臣様も荒れ模様で『明日は雪かも。冬タイヤにして!』と催促される始末。
氷雨と冷風に打たれながら深夜のタイヤ交換でした。(悲惨)
もう一つ。
お嬢様との流星観察、いいですね。(羨)
我が娘と共に星を眺めた記憶はただ1回、小学生高学年のとき。
それも学校から理科の宿題で、○○座の星が何処に見えるのか分からん。ということで教えた時。
『あそこに見える星』と教えた次の瞬間、『ふ~ん、分かった』という言葉と一緒に娘は家の中でした。(嘆)

投稿: Ken28 | 2010年12月15日 (水) 01:52

今回の流星群は、結構見ごたえがありましたね。
当地では宵の内は薄雲に月で、少し早めに寝て2時頃から観ていました。火球クラスのものも含めてかなりの数を確認できましたが、撮影できたのは2つほどでした。

流星を見たことがない、という人は結構多いですね。実際には見えていても気がつかないのかもしれませんけど。
たまには星を見上げて欲しいですね。

投稿: ich | 2010年12月15日 (水) 05:57

>Ken28様

30secそれぞれのカメラで100コマ程度の時間でしたが、写ったのはそれぞれ4コマ程度、歩留まりそのものはいいほうですが、月明かりのある時間帯でしたので感度を上げられず、写りに派手さがありません。
実は、ムスメを連れていたので、すぐ地元で見ようと思ったのですが、低い雲に覆われてしまいました。晴天を求めて隣町まで移動しました。なんと、やはり晴れていました。わが町、夜の晴天率では、本当に損しています。
こちらは、12月にはいるとスタッドレスに履き替えるところが多いです。

今年になって、なぜか娘も息子も星を見たいということが多くなって、面白い傾向だと思っています(笑)
この日も、観測が終わって帰ってきた私と娘が撤収するころ、息子が流星を見に、外へ出ました。10個くらい見たと、けっこう喜んでいました。

>ich様

本当は、私もつきの沈んだ夜半に見たかったのですが、次が徹夜勤務だったこと、娘が翌日学校だったことで、早々の撤収になりました。まだ月があったので夜空のバックグラウンドが明るく、流星とのコントラストが弱い画像になってしまいました。
天文現象は、夜遅いのもあり、よい子には難しいものもありますが、2001年のしし座だけは、翌日学校生活に影響があっても見せてやるべきだったと、いまだに後悔しております。
眼視的には、けっこう明るくゆっくり飛ぶのもあって、願い事がかなえられそうでしたが、「あっ。」というばかりでした。
長経路のは「金くれ。」ぐらいはいえたはずなのですが(笑)
いずれにしても、生の星の輝きを眺めて欲しいですね。

投稿: keypon13^2 | 2010年12月16日 (木) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/50303717

この記事へのトラックバック一覧です: ふたご座流星群2010:

« ブーツ交換(4) | トップページ | ガラスプリズムのDSLR、切望 »