« ISO6400は使えるか(2) | トップページ | ISO3200は使えるか(2) »

2011年1月 3日 (月)

ISO3200は使えるか(1)

共通データ:
EOS 60D/EF300mm 1:4L開放/30sec ISO3200
SPACEBOYで追尾

まず、JPEG撮りっぱなし1枚もの。高感度ノイズ低減:強め

M42jp


時々稲光があったり、街明かりがあったりと空の状態はイマイチだったにしても、なんだこのAWBは?
パッと見には、ISO6400よりはノイズも少ない感じはあるが。

RAWで撮影しておけば、EOS 60D付属のソフトDPPでも色調やトーンはある程度改善・加工できるが、いっそステライメージ6でやったほうが手っ取り早いこともある。

↓ステライメージ6にて8枚コンポジットしたもの(ダークNR処理、デジタル現像は行った)
ぼかし系NRは無し。

M428c

↓同時に得られたRAW画像を、DPPで一枚を懸命にWBとレベル補正を行い現像したもの。
バックグラウンドの色は、何とか直せる。
高感度ノイズ低減:強め相当

※全画面5184×3456のうち2358×1572ピクセルをトリミング。

M42dpptr

↓上に掲出の8枚コンポジットもののトリミング。デジタル現像はともすると眠い感じになり、難しい。

M428cm

やはり、当然ながら、ISO3200だと、コンポジットなしの1コマで直焦点ものは厳しい。
8コマコンポジットは、拡大しても、まあ見れる。高々4分ほど待てばいいだけだし。
しかし、8コマコンポジットするくらいなら、ISO1600、1分で4コマという手もある。
しかしSPACEBOYで追尾だと、300mm30秒でも心持ち星像が伸びている。

。。。ということで、使う赤道儀の性能によってはISO3200はありかな?

|

« ISO6400は使えるか(2) | トップページ | ISO3200は使えるか(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/50468404

この記事へのトラックバック一覧です: ISO3200は使えるか(1):

« ISO6400は使えるか(2) | トップページ | ISO3200は使えるか(2) »