« ISO12800は使えるか | トップページ | やっぱりマフラーは新調 »

2011年1月10日 (月)

すばる(2)

 前エントリの撮影地から、冬空に凍えるM45を300mm望遠レンズで気軽に狙ってみた。

M45_s2

EOS 60D/EF300mm 1:4L F4開放/90sec ISO3200
SPACEBOYで追尾
SI6でダーク減算、8コマ加算平均、わずかにトリミング
撮影地 佐久市香坂 、撮影時気温-12℃
 

上記画像のトリミング

M45_s2tr




SPACEBOYの極軸をできるだけ正確に合わせて、空が暗い分露出を延長した。
-12℃・・・自然の冷却カメラ状態で、ノイズには有利なはずだが、だいぶ強調しているせいか、若干カラーノイズは目に付く。SI6のノイズフィルターは色々試してみるべきだが、現状ぼかし系NRは無しが最適解のような気がしている。
軽量級機材ではとても想像できないような(ただし自分作品比・・・笑)、ディテールが出ているように思う。
やはり、空のよさは結果に大きな影響を及ぼす。

|

« ISO12800は使えるか | トップページ | やっぱりマフラーは新調 »

コメント

とても90秒露光で撮ったとは思えない写りですね。(羨)
所有レンズで300mmは何一つありません(悲)。唯一FS60C+0.85レデューサ(fl=約300mmF5)だけです。
本日、金沢の量販店へ出かけたら、観音EF300mmF4/Lと同サンニッパ(いずれも中古)が置いてありました。
#サンニッパは到底無理ですがF4/Lは何とかしたいなぁ!資金調達まで置いてあるかな?(無理だろうなぁ)

投稿: Ken28 | 2011年1月11日 (火) 00:56

>Ken28様

昨シーズン、同じレンズでISO1600、181sec、4コマコンポジットで狙っていました。ただしカメラはKiss X2でしたが。
ほぼ同じ結果です。進歩が無いとも言います。ただしそのときは赤道儀がEM-200でしたので、機動性に関しては新たな開発(大袈裟ですが)といえます。
300mmF4は、藤井旭著の「星雲・星団ガイドブック」を眺めていた頃は、憧れのレンズでした。
EDでもない、色収差でまくりでしたが。
この手のレンズを入手となると、ボディーより高いこともありえますので、どのメーカーにするかは悩みます(笑)
自分の場合中古の300/4Lがたまたま比較的安価に入手できたので、ボディーもまさかのCanon党に進みつつあります(爆)
300/2.8となるともう夢物語ですが。。。

投稿: keypon13^2 | 2011年1月11日 (火) 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/50551646

この記事へのトラックバック一覧です: すばる(2):

« ISO12800は使えるか | トップページ | やっぱりマフラーは新調 »