« すばる(2) | トップページ | AWBの微調整・・・EOS60D »

2011年1月12日 (水)

やっぱりマフラーは新調

 ヴィヴィオのマフラー太鼓に穴が開き、応急処置で塞いでいたが、最近また音が図太くなってきた。純正パーツだと部品代のみで32,000円あまり。工賃5,100円は自分でやるとしても、痛い出費。
 そこで、ヴィヴィオを購入した、行きつけのお店に相談して見ると、

・本当に車検を通すだけのジャンク品
・現車の太鼓を溶接で直す
・社外品の新品(オールステンレスで2万円前後、実際にはさらに負けてくれた)

の選択肢を示してくれた。今後とも長く乗るなら新品だな。しかも純正より安くてステンレス。ディーラーより親身になって低コストの方法を考えてくれる。ちょっと足を運んだだけで13,000円ほども安くなったのだから、ダメ元で相談してみるのはいいことかも。
で、来た太鼓は、HST MUFFLER:株式會社 辻鐡工所 製のもの。
その道では有名なのかもしれないが、正直なところ、知らなかった。 

Mufn2


ドレスアップ用のステンレスとは違うけれど、おいらにはむしろうってつけ。

この間の脱着で接合部のボルトナットは新しくしてあったので、楽勝。

Mufon

ガスケットももちろん新品にして、交換作業は楽勝だった。

Mufnj

やはり、新品は気持ちいい。

Mufn1

そして、損品は、やはり腐食が進行していた。

Mufo1

最善の手を尽くした、ということにしておこう(笑)   

|

« すばる(2) | トップページ | AWBの微調整・・・EOS60D »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/50562497

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりマフラーは新調:

« すばる(2) | トップページ | AWBの微調整・・・EOS60D »