« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月23日 (水)

高画素化は意味あるのか(2)

  KissX3の1500万画素とEOS 60Dの1800万画素。この間簡単に比べたら、むしろ KissX3のほうが切れ味いいのではないか、というような疑問が浮かんだ。
 また、 出る度に高画素化してきたKissシリーズも、KissX5では打ち止めの同じ1800万画素で、低画素化したX50も出てきた。ということで、15M、18Mの同門対決。

共通データ:smc PENTAX-FA 1:1.4 50mm→F6.7/AWB JPEG 高感度NRは標準。
全画面の10倍(面積にして1/100の部分を)トリミング

ISO100 X3
Iso100_kx3

60D
Iso100_60d

以下ISO400、1600、、3200、6400、12800と単調に続きます。ご注意。

続きを読む "高画素化は意味あるのか(2)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

高画素は意味あるのか

*istDS2は610万画素、K-mは1000万画素、EOS 60Dは1800万画素。自分のカメラは7年でちょうど3倍ほど高画素化した。
高画素化の弊害がよく言われる。夜景で同一レンズで比較してみた。

共通:smc PENTAX-FA 1:1.4 50mm→F6.7/JPEG最高画質、AWB
高感度NR:K‐m→弱、60D→標準

ISO200  *istDS2
Iso200_ds2

続きを読む "高画素は意味あるのか"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

ヴィヴィオ、排気系統の共振性ノイズの原因は?

 我がヴィヴィオは、4速で40km/h強、5速で55km/h強の速度域で、ブワーンと共振性の唸り音が出ていた。けっこう使う速度域なので、気にしだすと気になる。
 しかも、皮肉にも、マフラータイコを新品に取り替えた頃から目立つ気がしている。ガスケットを新品にしたりしてみたが、こもり音に関しては改善を見なかった。
 車検準備で下回りを目視していると、排気管とタイコのジョイント付近のゴムハンガーにひびが入り、劣化しているように見えた。

Haiki_gomu

続きを読む "ヴィヴィオ、排気系統の共振性ノイズの原因は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

初めてのユーザー車検

 初めてとなるユーザー車検をヴィヴィオで受けてみた。
まあ、初めてのことは、何をするにしても不安はつきものだ。
サイドスリップが駄目ならタイロッド調整10、17、19のスパナとか、光軸だめなら近くにテスター屋どこだろうとか、覚悟をして。

Shaken_pass

続きを読む "初めてのユーザー車検"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴィヴィオ、車検準備(5)

 前照灯の光軸は、一番の心配の種。もちろん事前に業者に出して調整してもらえばよい。
でも、一発で受かるかもしれない。ダメ元で、ぶっつけ本番しかない。
 そうは言っても、どんな様子かは見ておきたい。
 原理は簡単。でも水平垂直な場所を見つけるのが一苦労。というか、個人的な施設では、まともなのはない。気休め程度に1m前の壁に投射してみた。

Headlamp

続きを読む "ヴィヴィオ、車検準備(5)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

8-16mm試写

 月が明るいので、比較明による星景で。

Sig_test3

EOS 60D/SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSM 8mm、開放/30sec  ISO640 JPEG
固定法
2/16 0:54-1:32の73コマを比較明合成

続きを読む "8-16mm試写"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

広角域の拡張

 APS-Cサイズの素子の標準ズーム18-より広角のレンズは以前から欲しかった。
わりと選択肢は限られる。Canon純正ならEFS 10-22ほぼ一択。もちろん、これはこれでいいレンズである。これにすれば、いよいよペンタとはさらば感が濃くなる。

  一方、ペンタのレンズでも、選択肢はDA12-24。単もあるけど、意外と高いし。それにレンズ内モーターでないのが、今となってはいまひとつワクワクしない。
 ふと、東京を旅したうつろな目でショーウインドウのすみに遠慮がちに積み上げらたSIGMAレンズに目が行った。以前8-16mm(画角114.5-75.7°)という強烈な焦点域が脳裏をかすめたことはある。が、PKマウントだけ、4万円台の値段(まあ、ほとんど50kといったほうが正直なのだけど)なのだ。


Sig8_162


もちろん、余裕など無い。

続きを読む "広角域の拡張"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

ヴィヴィオ、車検準備(4)

 エンジンルーム。銘板の清掃。ベルトのたわみ、ブレーキ液、パワステフルード、エンジンオイルの量確認。クーラントは交換・・・やや黒ずんでいたが、そんなに悪い状態ではなかった。
前輪ブレーキパッドの厚さ測定。右3mm、左4mm。

 さて、この車、購入時から気づいていたが、ステアリングの中立がずれている。直進時、けっこう右にずれている。気分としては右15度程度。その状態で手を放しても、直進は安定している。が、気にしだすと気になる。

続きを読む "ヴィヴィオ、車検準備(4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィヴィオ、車検準備(3)

 下回り点検。
下から覗ける機会を得たので、じっくり観察。
まず、エンジンオイルの漏れが気になっていたエンジン。

Eng_leak

まだ漏れている、というより外からは手がいきわたらず吹き残したっぽい。
ここでしっかり清めて、様子見。最近は臭ってこないので、ロッカーカバーガスケット交換で治まったような気がする。

続きを読む "ヴィヴィオ、車検準備(3)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

霜切列車

 霜切列車のパンタグラフから発するアークを動画で撮ってみたい、と以前から思っていた。
運転士には申し訳ないが、出来れば派手なアークをと・・・。
しかし、真冬しっかり冷え込むと、もちろん霜は降りるのですが、目だったアークにはならないことが多い。晩秋とか春先のほうがむしろ激しいアークが出ることがある。
 まあ、きょうは練習かな。EOS 60Dにキンタマイク(笑)を装着してお出かけ。

続きを読む "霜切列車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

ヴィヴィオ、車検準備(2)

 経費の安さが魅力で、よくわからぬうちにユーザー車検を予約してしまった。
軽自動車検査協会の下見と手続きの準備。

Line_all

続きを読む "ヴィヴィオ、車検準備(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

ヴィヴィオ、車検準備(1)

 リヤはドラムブレーキだから、ライニングの厚さを見ようとしても分解が必要になる。

Lt1

割りピンを外して、27mmのボックスレンチでハブナットを緩めて

続きを読む "ヴィヴィオ、車検準備(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »