« ヴィヴィオ、車検準備(2) | トップページ | ヴィヴィオ、車検準備(3) »

2011年2月 6日 (日)

霜切列車

 霜切列車のパンタグラフから発するアークを動画で撮ってみたい、と以前から思っていた。
運転士には申し訳ないが、出来れば派手なアークをと・・・。
しかし、真冬しっかり冷え込むと、もちろん霜は降りるのですが、目だったアークにはならないことが多い。晩秋とか春先のほうがむしろ激しいアークが出ることがある。
 まあ、きょうは練習かな。EOS 60Dにキンタマイク(笑)を装着してお出かけ。

上り列車、まだあたりは暗い。・・・思ったほどアーク出ていない。
リハーサルできないので、録音は「オート」でやってみた。来た来た。ブボッ、バリバリ。それなりにアーク音がしている。やばい、画面から列車があふれる。ズーミング。追っかけろ。うわー、いってしまった。
さて、再生。が、結果は悲惨。音が小さいときけっこう感度を上げてくる。近くの小川の流れがザワザワ。雑音みたい。ボコボコッ(手動ズームの音)。キーンキーン!(カッターパンが架線をこする音)あ、ピークが歪んでいる。こうならないはずのオートなのに・・・ボココココ(カメラをパンするときのポップノイズ)。バホッ(これはアークの音)。ボコボコプチッ(録画ボタンを手探りで探し、停止したときの音)
YouTubeアップロードさえはばかるような出来_ノ乙(、ン、) ..
突っ込みどころ満載だが、アップロードしてみた(笑)



録音「マニュアル」でやってみるか。山勘で営業列車を一本撮って見る。マニュアルのほうがよっぽどまし。まだちょっとレベルは上げられるな。

下りの霜切8691M。もう夜明け。勾配も下りだから主回路電流も少なく、アークも大して問題にならない。から、今日の目的にはつまらない、ということになる。まあ、練習だ。



霜切列車というより、冬の情景が主題か。列車が遠ざかって、静けさがもどる・・・録音オ
ートでは出なかった臨場感が得られたようだ。
ポップノイズ2回はご愛嬌ということでm(_ _)m

|

« ヴィヴィオ、車検準備(2) | トップページ | ヴィヴィオ、車検準備(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/50789363

この記事へのトラックバック一覧です: 霜切列車:

« ヴィヴィオ、車検準備(2) | トップページ | ヴィヴィオ、車検準備(3) »