« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月29日 (金)

K-5動画で土星

 惑星を写すには、ムービーをRegiStax(現在はVer6まで進化している)で画像処理というのが定番になってすでに久しい。
 ところが、我が家のカムコーダーは故障したままになって久しい。

 ふとK-5の動画スペックをみると、旧式のMotion JPEG、AVI形式なるがゆえに、無加工でレジスタックス6に取り込めることに気づいた。(EOS 60DだとH.264なので、画質の割りにデータが小さくて済む長所があるが、そのままではレジスタックス6は受け付けなさそう。変換すれば使えるとは思うが、H.264はPCで処理すると非常に時間がかかる。)
 PENTAXも、ポンカメの質疑応答ではH.264では専用チップが必要なのでコストアップや基板の大型化を招くという釈明で、どちらかというと消極的にMotion JPEGを採用している感じである。
が、レジスタックス6との互換性は、怪我の功名である。また、動画の開始、ストップをレリーズ端子からできるのも、ぶれ防止に便利である。早速試してみた。

光学系データ:MT160+smc PENTAX O-9mm接眼鏡、引伸ばし法(高橋カメラアダプターを一番縮めて使用)
PENTAX K-5、Full HD25動画 ☆☆☆ 2011/4/28 23:04より38sec 950フレーム

まず、動画から1枚を切りだし 1920×1080より274×183をトリミング(以下同様)

Stn1sk


うーん、感度的にはぎりぎり。肉眼では明るい星だけれども、拡大すると土星は意外にも”暗い星”なのだ。面積あたりの明るさ、輝度が小さいのだ。K-5の動画は、感度はオート任せになってしまう。EOS 60Dのほうが感度などマニュアル設定できて、多分具合いいのだろうけど。

続きを読む "K-5動画で土星"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年4月11日 (月)

アンタレス付近

 撮影は4/6のもの。低空はやや澱んでいて、最高の空とはいえない。
 
 K-5では、まだRAW画像がステライメージ6に対応していない→PDCU4でRAWを16bit Tiffに現像→SI6で4コマコンポジットしてレベル調整、トーンカーブ調整→フォトショップでリサイズ等。
 天体には定番他社機と比べてもいい線行っているので、早くSI6に対応して欲しいものだ。

Sco4ce


PENTAX K-5/smc PENTAX 1:2.5 135mm→F3.4/ 3分 ISO800 4コマ加算平均
長秒時NR OFF、気温-3℃
SPACEBOYで追尾
0:47-4コマ露出

続きを読む "アンタレス付近"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

夏の大三角

 今の季節でも0時を回ると、東の空に夏の大三角が昇って来る。DA21を星野に初めて投入してみた。

Triangle_sum

PENTAX K-5/smc PENTAX-DA  1:3.2 21mm AL Limited→F4/3分 ISO800 JPEG AWB
SPACEBOYで追尾

続きを読む "夏の大三角"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年4月 7日 (木)

うみへび座(2)

 前回のうみへび座は光害でイマイチだったので、空の暗いところで仕切りなおし。
Hya2

続きを読む "うみへび座(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年4月 4日 (月)

うみへび座

 久しぶりに晴れた。しかし、透明度はイマイチ。空が呼んでいない。こういう日はテーマがきまらない。
 そうだ、全長100°をこえるうみへび座をSIGMA超広角で狙ってみよう。

Hya

うみへびの形がわかりますか?

続きを読む "うみへび座"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

EOS 60D ファームウェア1.0.9

 「アートフィルター」を「クリエイティブフィルター」に呼称変更しただけならそのまま放置したかもしれないが、動作不具合の改良もあるようなので、しぶしぶファームウェアを更新した。

before
Before_108

続きを読む "EOS 60D ファームウェア1.0.9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1TBの救世主

 デジカメで動画を撮るようになってからというもの、撮影済みのSDカードがじわじわとたまってきてしまった。これは、ムスメが小6(ああ、3年前)の最後の運動会のとき、ハンディーカムが故障して急遽OptioW60の動画モードで急場をしのいだことに端を発する。

 だが、我が家のPC環境では、Optioの動画ですら、滑らかに再生できない。再生したければその機械にSDカードを挿して、その都度見るしかなかった。
 その後、KissX3の動画は、暗所での画質など、メリットを感じるものがあった。さらに、EOS 60Dの録音レベルマニュアル設定が出来るにおよび、音質も生録に使えるものとなった。(KissX5にも付いたんで、もう少し待っていればエントリー機でもできたわけですがね・・・)

 静止画なら4GBもあれば余裕の生活でしたが、動画となるとたちまち問題が。

・一つは動画の鑑賞法。EOS 60Dの説明書には、「動画を滑らかに再生するには高性能なパソコンが必要です。」旨のことがさらりと書いてあるだけだ。このご時勢、VHSデッキにダビングするのもイマイチだし。ブルーレイレコーダーならうまく行くのか。この種のレコーダーにHDMI入力は付いていなさそうだし(高画質が生かせない?)

PCの高性能化は金もかかるので、DVD-Rに焼くソフトを入手してDVD化してプレーヤーで見るのが安上がりと悟り、とりあえずその方法で。

続きを読む "1TBの救世主"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »