« EOS 60D ファームウェア1.0.9 | トップページ | うみへび座(2) »

2011年4月 4日 (月)

うみへび座

 久しぶりに晴れた。しかし、透明度はイマイチ。空が呼んでいない。こういう日はテーマがきまらない。
 そうだ、全長100°をこえるうみへび座をSIGMA超広角で狙ってみよう。

Hya

うみへびの形がわかりますか?

星座線入り。Hyaがうみへび、Crtはコップ、Crvはからす座

Hya_line

PENTAX K-5/SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSM(8mm)開放/3分、ISO800
SPACEBOYで追尾

そのほか、右からかに座、しし座、おとめ座、てんびん座まで見えています。
かみのけ座とうしかい座のアークトゥルスもかすっています。


ついでに北天の星々。

Hokuten

露出5分、そのほかは同上。

K-5のLVは6倍拡大までは良いが、それを超えた倍率では、星が縦長に延びてかえってピントあわせが困難。SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSMは被写界深度が深いといっても、ピントはきちんと合わせないと真価を発揮しない。
改良を望みたいところだが、現状では、明るい夜景であわせたほうが早くて容易。

|

« EOS 60D ファームウェア1.0.9 | トップページ | うみへび座(2) »

コメント

やはり、ここで南天撮影は無理があるなぁ…

投稿: keypon13^2 | 2011年4月 4日 (月) 23:08

なかなか全天で条件の良い観測地というのはありませんね。
節電意識の高まりもあって、いつもより照明を落とす企業や商店なども多いのですが、当地で見る空の明るさ(暗さ)は、あまり変わりません。(^^;

投稿: ich | 2011年4月 5日 (火) 06:27

>ich様

南天の暗い観測地で仕切り直しをしました。
街中は、看板など消しているところもあり、いつもより確かに暗いのですが、
光害としては、それでもまだまだ充分なパワーを持っています。
エネルギーが半分になっても数%しか小さくなったしかと感じない
音圧の単位、デシベル=対数=の世界に通じるものがあります。

投稿: keypon13^2 | 2011年4月 7日 (木) 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/51296145

この記事へのトラックバック一覧です: うみへび座:

« EOS 60D ファームウェア1.0.9 | トップページ | うみへび座(2) »