« 土星by EOS movie | トップページ | 動画クロップ再検証 »

2011年5月14日 (土)

EOS 60D動画クロップによる土星

 惑星には、撮像素子の大きさに起因して、拡大率の点でDSLRよりコンデジのほうが有利なのだが、EOS 60Dには倍率7倍の動画クロップがある。そのときの画像は640×480となる。7倍拡大してこのサイズなら有望なのか?Full HDをトリミングしたほうがいいのか?
内部でどんな処理をしているかわからないので、やってみなければ・・・。

液晶モニターに見える画像は充分に大きい。ただ、気流は悪い。線香花火の火の玉のように激しく揺れている。

MT160+smc PENTAX O-12接眼鏡 引伸法
EOS 60D 動画クロップ60fps ISO3200  61sec 付属ソフトでAVIに変換後RegiStax6で処理

結果は・・・

Stn60dcrp_2

ただデカイだけ。トホホ・・・_ノ乙(、ン、) ..
いくらウェーブレット掛けても細部が出てこない。
ノートリミングでここまで大きくできるのはいいのだが。

ただ、気流の影響も否めない。気流のいい日に再検証する価値はあるかもしれない・・・。

|

« 土星by EOS movie | トップページ | 動画クロップ再検証 »

コメント

試しに、私の撮影した画像を640x480にトリミングしてみましたが・・・うーん、MT-160なら、もう少しいけそうな気がしますね。
条件の良い空での再チャレンジに期待します。(^^)/~~

投稿: ich | 2011年5月14日 (土) 19:37

光学的拡大やカメラ側の画像サイズでいろいろやっているのですが、あまり大きな像を欲張ってもぼけぼけ(もちろんピントは合わせて)になりがちです。
きっと機材にあわせた最適な拡大率があるのだと思います。

EOS 60Dの全画素数5184×3456のうちストレートに640×480を切り出すとおよそ7倍クロップになるので、中央の画素をそのまま使っているような気もするので…(クロップのない640×480はいったいどうやって処理しているのだろうか…画素統合でもしているのだろうか、さまざまな疑問が浮かんできます)
もっと切れのある画像に期待したのですが。
でも、コマ送りで観察するとひどく変形したのも相当数含まれていて…いくらRegiStaxでも、やはり気流の良い日のほうが結果はいいはずで、後日追実験してみようと思います。

投稿: keypon13^2 | 2011年5月15日 (日) 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/51664919

この記事へのトラックバック一覧です: EOS 60D動画クロップによる土星:

« 土星by EOS movie | トップページ | 動画クロップ再検証 »