« 輪行で屋代線 | トップページ | VIVIO 一周年 »

2011年6月10日 (金)

祝 ステライメージ6、K-5に対応

 こう言っては何だが、あまり星に積極的に使う人は多くないと思われるK-7やK-xでも対応してくれたのだから、いずれはK-5にも対応してくれるだろう、と予想はしていたが、ついにその日はきた(6/2)。RAWファイルを開いたときにカメラ名にPENTAX K-5と出るのは、当たり前だがちょっとうれしい。
 
 ただ、ここのところ天候または体調が優れなかったので、過去に撮影のものでお茶を濁す。4/6撮影、-3℃だったので、ダーク撮影もしていない。検証には、不十分なのはご勘弁を。

撮影は4/6のもの。低空はやや澱んでいて、最高の空とはいえない。
撮影データ:
PENTAX K-5/smc PENTAX 1:2.5 135mm→F3.4/ 3分 ISO800 4コマ加算平均
長秒時NR OFF、気温-3℃
SPACEBOYで追尾
0:47-4コマ露出
 
まず、対応前の画像:
PDCU4でRAWを16bit Tiffに現像→SI6で4コマコンポジットしてレベル調整、トーンカーブ調整→フォトショップでリサイズ等。

Sco4ce

ステライメージ6でRAWから現像したもの

Near_a_sco


天体の画像処理は、そのさじ加減こそが重要で、それによって結果は大きく変わってくる。
しかし、やはりステライメージ6でRAWからの処理は無理が利き、同じ程度の荒れを許すなら、PDCU4での処理より強力な表現ができるような感触がある。

K-5の色表現は無改造機としてはなかなかいいので、今回のSI6対応はありがたい。

|

« 輪行で屋代線 | トップページ | VIVIO 一周年 »

コメント

ようやく出ましたね。
私もさっそくダウンロードしましたけど、タイミング悪く星が撮れません。以前に撮ったやつを現像してみたら、変な線がいっぱい。撮像素子を交換する前のでしたけど、やっぱりゴミだけじゃないのかも。

投稿: ich | 2011年6月11日 (土) 06:10

>ich様

 タイミング的には、D5100登場を待ってという感じかな。
 変な線がいっぱい…twitterでお聞きしていたので、果たしてどうなることやら、やってみるまでは半信半疑でした。
どうやら、自分の個体では、普通にステライメージのメリットを享受できるようです。

 何かあるときを境に、天文人的には大幅な変更があったのでしょうか。
だとすると、なにかアナウンスが欲しいような気もします。

いずれにしても、新たに、良い空のもとで、強い処理を前提にした撮影もしてみたいものです。

投稿: keypon13^2 | 2011年6月11日 (土) 21:37

いつも楽しく拝見しております。
天体画像はやはりソフトが肝ですよね。
私もかねがねソフト方面を強化したいと思ってはいるのですが、
O-GPS1の発表にクラクラしてしまい思わず予約を入れてしまいました。
う~ん、ソフト強化が遠のいた?

投稿: らすあるはげ | 2011年6月12日 (日) 00:43

はじめまして。eti_forestと申します。
PENTAX K-x , K-r , K-5 で星を撮っています。
何時も拝見させて頂いており、とても参考になります。
私はステラ6を持っていないのですが、これを機に導入してみようかと思います。
また寄らせて頂きます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: eti_forest | 2011年6月13日 (月) 21:00

あれっ?IRC除去改造機?と思わせる写りですね>K-5
アンタレス周辺は、とても気になる(画になる?)領域ですが、今年は未だ写していません。
自宅では標高が足りないのか?梅雨の晴れ間でも透明度が全く駄目です。

今回のSI6アップデートに伴い、所有のK-5はむろんのこと、オリンパスペンE-P1にも対応となり、
(何とペンは約2年前待たされた)これで所有機全てのRAW画がSI6で処理できるようになりました。
#次はSI6での処理法にもっと精通せねば!とは思っているのですが、なかなか...orz

あっ、それから..自分もO-GPS1を速攻(=衝動買い)で申し込みました。
約20K円で超小型ポタ赤?が手に入るのだから(Max5分露光可とは!ス、凄い)..と思いまして。
#実は、SI6アップデートにつられてもう一つ衝動買い..(謎)

投稿: Ken28 | 2011年6月13日 (月) 22:26

はじめまして、sakuamともうします。
私もK10D、K-5とペンタ機で星を撮っていまして、
keypon13^2さんのブログも、K10Dを使われていた時から拝見させていただいてました。

K-5になり、ペンタもほんとに天文向きになりました。
私はステラは使っていませんが、コントラストや星雲の表現はステラのほうが優れていますね。
これで露出を伸ばしたり、コマ数を増やせばかなり星雲が表現できるのではないでしょうか。
EOS60Dもお持ちですが、ペンタでの星撮りも、同じペンタ使いとして期待しています。

投稿: sakuma | 2011年6月14日 (火) 00:14

>皆様

沢山のコメント、ありがとうございます。レス、今しばらくお時間をください
m(_ _)m

投稿: keypon13^2 | 2011年6月14日 (火) 22:20

>皆様
大変遅れまして申し訳ございません。

>らすあるはげ様

O-GPS1、これは天文人にとっては大変魅力的ですね。
私も、経済的には厳しいのですが、逝ってしまおうか、(たぶん逝ってしまう)と思案中です。
ソフトはRAWで撮っておけば、その後いつでもいいですもんね。
でも、ステライメージ6は、なかなか便利で強力なので、お値段なりの値打ちはあると思います。

投稿: keypon13^2 | 2011年6月16日 (木) 21:52

>eti_forest様

はじめまして。
( Д) ゚ ゚最新機種3台お持ちですか。改めて、PENTAX愛好者の熱意を感じます。
私のような浮気者は、なんだか恥ずかしくも思います(笑)
楽しいブログ、拝見しました。貴ブログのほうにも寄らせていただきます。
ほかの画像処理ソフトを良く知らないのですが、ステラ6は、一歩踏み込んだ処理など、やはりあると便利です。

投稿: keypon13^2 | 2011年6月16日 (木) 23:36

>Ken28様

K-5は、無改造機としては、赤っぽい星雲も写りが良いほうかな、と思います。
SPACEBOYで追尾していますが、このくらいのレンズ、露出ならアストロトレーサーでいけるかも・・・。
となると、もっと空の良いところへミニマムな装備で登って・・・、などと妄想が膨らみ・・・。
うーん、そうなるとこの夢を2万円で買えるなら、安いということになりますね。
もうこれは買うしかないような(笑)

SI6対応は念願でしたが、これでEOS 60Dと対等に、星でも使えます。

投稿: keypon13^2 | 2011年6月16日 (木) 23:49

>sakuma様

はじめまして。すばらしい星写真を撮られていますね。

K10Dは、当時としては天文向きで感涙ものでした。
途中、受難の時代、そしてペンタファンとしてはお恥ずかしいふるまいがありましたが(^^;
が、天体人にとっては、K-5は当時からすれば夢のカメラですね。
SI6のK-5対応を機会に、もう少し気合を入れて星写真に取り組んで行きたいと思っています(笑)

投稿: keypon13^2 | 2011年6月17日 (金) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/51908577

この記事へのトラックバック一覧です: 祝 ステライメージ6、K-5に対応:

« 輪行で屋代線 | トップページ | VIVIO 一周年 »