« SI6、K-5のRAW画像でのノイズ筋解消 | トップページ | 169系部分復活(2) »

2011年8月 9日 (火)

169系部分復活(1)

 115系の走りすぎを少しでも抑えるため?自社線内で完結する運用に169系が現れた。
本日はS53編成。
今までの運用と違うため、光線の加減は今までと違った絵が得られる。これは行かないわけにはいかない(笑)
しかし、スカッと青空というわけにはいかなかった。

771M

S53_771m

PENTAX K-5/smc PENTAX-DAL  1:3.5-5.6 18-55mm AL F6.3/ISO250 RAW
カメラ内現像で「雅」
「雅」は背面モニターで見たときは、いい感じだったが、草が青い・・・。

771M(169系)と772M(115系)とのすれ違い

S53_771m_2

同、トリミング。


K-5でRAWでAF.Cで連写を試してみた。24コマほど淀みなく連続撮影できて、AFも「つっかえてレリーズできない」という苛立ちはなかった。秒7コマ出ているとすれば85km/hの電車は1ショットごとに3.4mずつ進み、3.4秒は持続できる勘定。この辺は驚くべきことに?EOS 60Dよりハイスペックである。連写シャッター音といい、まるでペンタではないみたい(笑)
ただし、その後のバッファ開放には、随分と待たされる。

また、Mでシャッター速度も絞り値も固定して連写しても、明るさがけっこうコマごとにばらつく傾向が認められた。シャッター精度より絞り精度の問題だろうか。

|

« SI6、K-5のRAW画像でのノイズ筋解消 | トップページ | 169系部分復活(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 169系部分復活(1):

« SI6、K-5のRAW画像でのノイズ筋解消 | トップページ | 169系部分復活(2) »