« 気がつけば秋 | トップページ | 今度こそ金峰山 »

2011年9月10日 (土)

天狗山

 今朝は、起きて外を見たときから、久々に登山のスイッチが入った。本当は信州・甲州境の金峰山に登るつもりだったが、信州側から大弛峠に行く道が通行止めになっていた。
_ノ乙(、ン、) ..
三国峠から秩父方面にドライブしようと試みたが、これも全面通行止。
そうかといって、そのまま自宅に引き返すのも癪である。
そこで浮上したのが天狗山(1882m) 

Tengu_y0

馬越(まごい)峠からスタート・・・地図上では近そう。標識も、山頂まで1時間とある。
当初、なぜか標高を15××mと勘違いしていたのせいもあり、わりに楽勝なのではないか、と誤解していた。

久し振りに暑くなり、標高1100m程の川上村の道路の温度計も30℃ほどを示している。
噴出す汗、すぐ切れる息。
こういった中級山岳のほうが案外きつい、というのは毎回経験する。が、今日の場合、本当の原因は・・・

体がなまっている(笑)

里山もいいな、と思うのは、ふもとから聞こえてくる生活の息吹。
尾根に出て、午後3時。お茶の時間。(登山の安全からは、もっと早く行動したいのはもちろんですが・・・)

右手南相木村からは、学校のチャイムのような4音程のメロディー。
左手川上村からは、ビートルズのイエスタディのメロディー。

へんてこなスレテオ放送(笑)そんなころ、この辺だったか。
右の岩峰が目指す山頂。まだこんなに標高差あるの~?とため息。

Tengu_y1

それもそのはず、標高を300mも勘違いしたままだったから。
それでも、行きは55分程度で山頂に達した。

Tengu_y4

北側の眺望がよい。ピークは御座山。SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSMの広角側で山を全てΣってしまえ(笑)
石楠花の花の時期に来てみたいものだ。

Tengu_y2

少し西側に視線を振る。左側のピークは男山。雲基準の露出にしてみた。

Tengu_y3

まあ、生存証明ってことで。

Tengu_ys

下山中も、湧く雲と青空の対比が夏と秋の境界を感じた。
下界は高原野菜の畑。

Tengu_y5

下山のほうが時間がかかってしまった。明らかに体が重い。
が、久々に吹っ切れた一日であった。

そういえば・・・前日出た血液検査では、尿酸値とHbA1cがわずかながら上限値を超えてしまった。数値的には、美食で体をダメにしていることになる。粗食のつもりなんだがなぁ(苦笑)

一番目の画像はOptioW30
その他はPENTAX K-5/SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSM

|

« 気がつけば秋 | トップページ | 今度こそ金峰山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/52697520

この記事へのトラックバック一覧です: 天狗山:

« 気がつけば秋 | トップページ | 今度こそ金峰山 »