« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

EF 70-200mm F4Lをつけてお散歩

 新しいレンズは、わくわくする。なにかいい被写体に出会えそうな気がする。
ぶらぶら散歩には、ちょっと重く長いが、高性能レンズとしては細身で軽量な部類。
いました、ここいらに君臨する白猫。

Neko_kotu

続きを読む "EF 70-200mm F4Lをつけてお散歩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

オリオン三ツ星周辺

 少し前までは、「ズームレンズで天体なんて・・・。」という、ズームレンズに対する偏見があった。
 今回のEF 70-200mm F4Lも、日常写真のモチベーション向上が主眼だけれども、星に対する写りも、やはり気になる。

Orimain

EOS Kiss X2改 / EF 70-200mm 1:4L USM  200mm、絞り開放/
ISO1600  210secを4フレーム加算平均
その他SI6で画像処理
SPACEBOY赤道儀でオープンループ(放置)駆動

続きを読む "オリオン三ツ星周辺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2本目のLレンズ

 キヤノンのレンズは、これまで必要最小限にとどめていた。
一つは、マウントアダプターでペンタックスのレンズが使える事。
一つは、キットレンズがレンズ内モーターで、快適性については一応の満足がいく事、
それに、各社ともそうだと思うけれど、Wズームの描写性能も意外に健闘していて、そこそこの焦点域をカバーできることもある。

Ef70200

でも、手に入るのならば・・・Lレンズも使ってみたいのは人情(?)である。

今回は、星というより日常撮影の(多分に気分的)レベルアップをめざして、EF 70-200mm F4Lをゲットした。(たまたまいい中古品に出会った)
EF70-200 F4LズームはIS付と無しがあって、無しの方も現行製品のようだ。
中古ではIS無しは、その分お求めやすい。
(中古でごめんなさい)

続きを読む "2本目のLレンズ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

冬の大六角形

 11/27撮影記。
11/26夕暮れは、抜群にきれいだった。
冬の星座たちをおさめに、大河原峠に行くことにした。
しかし、夜半になるにつれて星の輝きがイマイチに感じるとともに、道中、積雪とアイスバーンを見るようになってしまった。
夏タイヤで急坂は、さすがにすべるようになった。パートタイム4WDのヴィヴィオの4WDスイッチを押すときが来た。辛うじて登れる。

峠に出ると寒い。おまけに風が強い。

気乗りはしなかったが、せっかく来たのだから一枚
少し大袈裟に言えば命を賭けてやってきたところだけど・・・
大した成果がなくてがっかり

Winter6c2

続きを読む "冬の大六角形"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

久々のM42

 M31もそうですが、M42は中心部の輝度の高いところと周辺の淡いところとの差が大きく、撮像素子のダイナミックレンジにうまく収めるのが難しい対象です。
 まずは、ISO400、4分の露光で5フレームを加算平均し、SI6の「デジタル現像」でできるだけ階調を確保してみた。

M42_4m5ct2

EOS 60D/EF300mm 1:4L開放/4min×5  ISO400
EM-200赤道儀、PHD Guidingによるオートガイド
トリミング

続きを読む "久々のM42"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々にM31

 久々にPHD Guidingを使って、我が家唯一の白レンズでM31を狙ってみた。

M31_8mixt2_2

EOS 60D/EF300mm 1:4L開放/4min×4、5min×4加算平均 ISO800  RAW 
SI6でデジタル現像ほか処理、トリミングあり
EM-200、PHD Guidingによるオートガイド

続きを読む "久々にM31"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の大河原峠(星)

 11/1-2にかけて、久々に、晴れと月がないことと翌日勤務がないことが重なった。もちろん出動なのですが、寒くなると、気合スイッチが入るまで時間がかかる(苦笑)
でも、どうせなら空のいいところ・・・蓼科山のお膝元、大河原峠へと。
久々に見た、降るような星。
木星は超高輝度LEDのように輝き、その星明りで影ができるのではないかと思うほど。

本格的な冬に比べたらまだなのですが、体感的には非常に寒い。ただ、湿度が少なくて、レンズへの露つきがなくて助かりました。
PENTAX K-5では、SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSMで星景とガイド撮影。

Oogawara_n

PENTAX K-5/SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSM 8mm開放/ 30sec ISO800 JPEG
固定法、 2:29-2:35までの14フレームを比較明合成

続きを読む "晩秋の大河原峠(星)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »