« 久々のM42 | トップページ | 2本目のLレンズ »

2011年11月27日 (日)

冬の大六角形

 11/27撮影記。
11/26夕暮れは、抜群にきれいだった。
冬の星座たちをおさめに、大河原峠に行くことにした。
しかし、夜半になるにつれて星の輝きがイマイチに感じるとともに、道中、積雪とアイスバーンを見るようになってしまった。
夏タイヤで急坂は、さすがにすべるようになった。パートタイム4WDのヴィヴィオの4WDスイッチを押すときが来た。辛うじて登れる。

峠に出ると寒い。おまけに風が強い。

気乗りはしなかったが、せっかく来たのだから一枚
少し大袈裟に言えば命を賭けてやってきたところだけど・・・
大した成果がなくてがっかり

Winter6c2

EOS 60D/SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSM 8mm開放/ 10min ISO800
SPACEBOYで追尾

うす雲の通過で、輝星が膨らんでいる。このレンズは前玉が飛び出しすぎていてフィルターはかけられないので、思わぬ自然のフィルター効果を受けた。

|

« 久々のM42 | トップページ | 2本目のLレンズ »

コメント

画面下、地表に白いモノが写っていますね。ついに、来るべきモノが...ですね。
その前の晩、自分も高鷲へ出かけていました。
R156白川郷辺りから路肩に白いモノが見え始め、夏タイヤで来たことを後悔しましたが、そのまま高鷲へ。
数センチの降雪、零下2度でした。(御地の方はもっと冷えたでしょう)
帰りは、そろりそろりと慎重に山を下り、白川郷の道の駅でしばし仮眠し、明るくなってから帰投しました。
結局、(たった-2℃の)寒さにめげてしまい、長焦点追尾は無し、土産は流星1個とカノープスのみでした。

次の土曜の晩(本記事と同じ晩)、自宅周辺もよく晴れたのですが、前夜の狂行がたたって寝てしまいました。(泣)

次回は、寒さにめげずに頑張ろうと思います。(怪)

投稿: Ken28 | 2011年11月28日 (月) 01:27

>Ken28様

夏タイヤと積雪、同じようなシチュエーションで運転に気を使いましたね。お疲れ様でした。
私も雪から解放されたふもとで車を停めて、しばし爆睡でした。
気温は測っていないのですが、停車中の車がふわんふあんと揺れるほどの強風なので、体感温度は-10℃程度かと。
冬は、大河原峠には車では行けません、たぶん。

流星一個とカノープスなら十分なお土産じゃないですか。

次回は、冬季でも、また、カノープスも見渡せる新天地を開拓しようと思います(疑)

投稿: keypon13^2 | 2011年11月28日 (月) 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/53350241

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の大六角形:

« 久々のM42 | トップページ | 2本目のLレンズ »