« EOS60D購入から1年 | トップページ | lenovo G570 »

2011年12月22日 (木)

POLARIE・・・星空雲台

 星空雲台とは、ロマンチックな命名だな~なかなかVixenもセンスいいなぁ、と感心した。
 望遠鏡の聖地に立ち寄ると、1台だけ在庫があるという。ラーメンを食べて、替え玉を追加して、はやる心を押さえ、動画をやるようになってから能力の限界を感じてきたパソコンと、それとは別に中古レンズを物色し・・・あの金であれが買える、これが買える、といういつもの貧乏根性(笑)。

今後の趣味活動に、効果的なものは何か、そう、出来ないことができるという機動性、これをもって新しい作画活動にインスピレーションが得られるのではないかと、逡巡した挙句、再度聖地に向かった。

Polarie1

面倒な配線類が一切ないのがいい。
設営も、とても楽。
SPACEBOYと比べると、ぶつかったりする部分が少ないので、自由な向きにカメラを向けやすい。
ただ、極軸合わせは「北極星のぞき穴」という素通しの小穴に北極星をおさめるだけのアバウトなもの。これでどのくらい実用になるかがポイント。

まずは、SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSMの広角端(8mm)での様子。

Polarie_test1

EOS 60D/SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSM(8mm)開放/600sec ISO200
POLARIEにて恒星時追尾

Polarie_test2

8mm/480sec ISO640 POLARIEで恒星時追尾
↓同上画像の等倍切取

Polarie_2up

おお、なかなか優秀ではないか!

それではと、いきなり200mm望遠・・・これはイジワルすぎるか(^^;

Polarie_test3

EF 70-200mm F4L USM 望遠端(200mm)開放/60sec ISO3200
一見した限りでは、これもいい感じではないか。
↓同上画像の等倍切取(メローペ付近)

Polarie_3upp

さすがに、1分露出でもちょいと厳しい。
追尾性能というより、極軸のセット精度であろう。
また、三脚や雲台の剛性も大きく関係してくる。

逆に言うと、超広角しか使わないのに、極軸望遠鏡のリングレベルとスケールパターンで正確に極軸をセットするのはオーバークオリティー、時間の浪費、シャッターチャンスをその分逃すことになる。あるから、つい出来るだけ正確にあわせてしまうけど。極軸の据付精度はTPOをわきまえる、ということの大切さがわかった。
O-GPS1も画期的ではあったが、超広角、長時間露光という自分の用途には、POLARIEは大きな戦力になるような気がする。

|

« EOS60D購入から1年 | トップページ | lenovo G570 »

コメント

POLARIE購入おめでとうございます。なかなか良いでしょ。(笑)
北極星覗き穴の視野は8度ちょっとなので、数値的にはアストロトレーサーと良い勝負かな、と思います。星屋なら北極星が見えていれば、傾斜計を合わせて目視でそちらに向けるだけで、覗かなくとも穴に入ります。すごく楽チン。
周辺画像にレンズの影響が無いだけ、実写では良く写る印象ですね。

投稿: ich | 2011年12月22日 (木) 13:00

ご無沙汰しています。
良いですね、ポラリエ。ビクセンもなかなか楽しいものを出してくれますね。
うちは追尾する道具がなくなってしまったので、あわよくば僕もいずれ・・なんて思ったりしてます。(笑)
一晩稼働させるとなると・・12Vを3Vにどうやって降圧するかがキーになりそうです。

投稿: Fuuma-mfuk | 2011年12月22日 (木) 21:47

>ich様

 当初、SPACEBOYとの棲み分けが懸念事項でしたが、それぞれの持ち場がありそうです。なにしろ小型軽量、面倒な配線類もないので、そのうち山にでも連れ出したいです。
 小さいとはいえ、本当の赤道儀ですから、超広角で少し長めの撮影でもきれいに撮れそうです。

>ふうま様

 ポラリエは、公私ともにお忙しいふうま様にぴったりのアイテムだと思います。肩の力を抜いて、星野、星景を楽しまれてはいかがでしょう?
 なお、長時間駆動には、外部電源接続端子(USB-Mini B)が装備されていて、三洋電機製のリチウムイオンバッテリー:エネループKBC-L2BS
http://products.jp.sanyo.com/products/kbc/KBC-L2BS/index.html
で連続駆動時間20時間ただし20℃にて・・・が使えるそうです。

投稿: keypon13^2 | 2011年12月22日 (木) 22:37

おひさしぶりです。
この頃は星を写す意欲が薄れてしまい。もっぱら目視+双眼鏡です。
ところで私、かなりの年数、星関連の聖地を訪れておりません。
今回の聖地は東信でしょうか?久しぶりに新品の天体用機器の匂いを嗅ぎたいです。

投稿: らすあるはげ | 2011年12月23日 (金) 13:50

>らすあるはげ様

眼視観測は原点ですし、意欲も任せるままに流すのがいいと思います。
天文観測って、意欲の沸くとき、引くときの波のようなものがありますよね。
今回の聖地は東京秋葉原の「スターベース東京(高橋製作所)」です。
200万円台の望遠鏡も眺めてまいりました(汗)

投稿: keypon13^2 | 2011年12月24日 (土) 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/53538857

この記事へのトラックバック一覧です: POLARIE・・・星空雲台:

« EOS60D購入から1年 | トップページ | lenovo G570 »