« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

Qで比較明による星景

 Qのインターバルモードで、比較明による星景ができないか。

ちょっと旅先で・・・とかできたら、コイツデキるヤツとなるのだが。
SS=15sec程度で、部屋で実験するのだが規定枚数まで写せず終了してしまう・・・うまくいかない。
が、ペンタックス大本営と相談するうちに、ひとつ誤解があることがわかった。SS=15secで2秒の休止を入れるとしたら、撮影間隔は2秒ではなく17秒としなければいけない。
あと、休止をできるだけ短くできるように、JPEG、レンズ歪曲補正OFF、高感度NR弱、あとクイックビューをOFFにすることで条件をよくする。
 すると、撮像センサーが冷えているうちはインターバルできるではないか!

続きを読む "Qで比較明による星景"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中望遠レンズでお気軽に月

 コンデジのセンサーのサイズが1/2.33型といっても・・・実寸法がはっきり書かれてなくていろいろと困る。
 135フォーマットに対する換算率が5.5ということは、対角線が7.87mm
3:4:5の直角三角形から、長辺×短辺=6.29×4.72mmと推測される。

さて、月。smc PENTAX 1:2.5 135mm+Qで試してみたが、ピントががゆるい。∞位置が縮まりきらないせいもある。
そこでsmc PENTAX-645 1:3.5 150mm+Qでやってみた。換算825mmと望遠鏡並みで3.5の明るさ(笑)
計算上は・・・フルサイズのハチゴローなんてもんじゃない。
それが手のひらに乗り、ポラリエで楽勝なのだから不思議なものだ。

続きを読む "中望遠レンズでお気軽に月"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

PENTAX Qその他の作例と感想

 Qは、もちろん気楽な日常使いが主目的であります。
いろいろ撮ってみて、いくつかの感想を記したいと思います。
共通:PENTAX Q/smc PENTAX 1:1.9 8.5mm AL[IF]

Q_169oomagari  

Av f2.2 1/320sec ISO1000 RAW カメラ内現像

続きを読む "PENTAX Qその他の作例と感想"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

FC60+O9mm+Q

 このところ、宵の明星がひときわ夕方の空に映える。
金星は、割とすぐに沈んでしまうので、機動性のあるFC60望遠鏡+SPACEBOYで投影法で狙ってみることにした。
光学系:FC60望遠鏡D=60mm  f.l.=500mmにsmc PENTAX O-9mm接眼鏡、引伸ばし法(高橋カメラアダプターを一番伸ばして使用)+PENTAX Q

動画設定:18:14から27sec 815フレーム 露出Manual  ISO400  1/30sec 

本日もシーイングは著しく悪い。眼視では、動画のイメージ通り、ハマグリになったりくらげになったり、平均して上弦を少し過ぎた半月形かな?とわかる程度。
ただ、金星は明るいので、6cmの小口径でもISO400で充分だった。

続きを読む "FC60+O9mm+Q"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MT160+コレクター+Q

MT160+コレクター光学系では、直焦点より焦点距離がやや伸びてf.l.=1330mm  1:8.3の光学系になる。
これにPENTAX Qをつけると135換算で7315mm・・・接眼レンズつけなくても、トリミングで何とかなっちゃうかも。ということで、すっきり晴れていない状況ですが、今晩もも望遠鏡をむけて見ました。

Jupiter_4s

MT160+コレクター 1330mm 1:8.3+PENTAX Q
ISO200 2sec  JPEG

ガリレオ4大衛星とともに写し込むには、ちょうどいい大きさ。

続きを読む "MT160+コレクター+Q"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

PENTAX Qで木星を撮ってみた

 昨晩は、強い冬型の季節風のなか、ほんのいっとき晴れ間が覗いた。
泊まり勤務明けでうとうとしていたが、いたずらをする子供のように、一気にモチベーション全開。
 はやる気持ちとは裏腹に、なかなか極軸望遠鏡に北極星を導入できない。年かな・・・ つД`)
 が、まあなんとか組みあがった。

Touei_q

さすがに小型軽量、望遠鏡のドローチューブにかかる負担は格段に小さい。
が、問題は写りだ。

続きを読む "PENTAX Qで木星を撮ってみた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

イメージセンサーが小さいほうが画質がよいときもある!?

 すっきり晴れない日々が続きますorz
Qはあくまでも気楽に使うのが主体ですが、天体用途にも優れた場面があるのではと、実験してみた。
 PENTAX  75SDHF望遠鏡直焦点(D=75mm f.l.=500mm)にAPS-C判DSLRとQを取り付けて、強トリミングを試みる。

まず、トリミング無し
PENTAX K-m

P75_km_all

次にPENTAX Q

P75_q

各機種共通:ISO200、JPEG最高画質、AWB SS=1/10sec内外(Mモード、露出計で適正値に決定)

もちろん、センサーの小さいQのほうが大きく写る。しかし、同じ望遠鏡の結ぶ像は、実は同じ大きさのはずである。
対象が小さく、かなりトリミングをしなければならない場合・・・

続きを読む "イメージセンサーが小さいほうが画質がよいときもある!?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

KQアダプター

 K-Qのアダプターは、PENTAX純正のものは参考出品されただけで一向に発売にならないが、サードパーティーからは複数出ている。
 宮本製作所のものを取り寄せた。

Kqadapter

キットレンズはシルバー仕上げなので、ボディは断然白がイメージカラーだと思っていて、購入直前は白のつもりでいた。一日待ては白も入荷可能という。いままでの逡巡の日数からすれば、一日待つことなどわけもないことであった。しかし、このおっさんが白だろうかと迷いを生じた。
また、このようなレンズ遊びをするなら、やはり黒でよかったのだ(笑)

続きを読む "KQアダプター"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

女王さま降臨・・・

 気付くと、ポラリエを縮小したような、ポラリエと連星のような何かがそこにあった(笑)。

Copy_pq

肩の力を抜いて、いつでも持ち歩きたい。しかし、携帯のカメラじゃいやだ(役に立つこともあるけれど)。単レンズの描写、マニュアル設定や場合によってはRAWデータにもこだわりたい。

 いわゆるミラーレス、撮像素子の大きさも各社さまざま、豆粒センサーのQは当初、自分の中では対象外であった。ペンタックスにはこだわらず、白紙から考えた。
 
・しかし、しかめ面して撮るときはEOS 60Dやなにかがあるのだから、サブ機は徹底的に小さくて、肩の力の抜けるやつ、遊び心のあるやつがいい。
 
・星を本気で撮ることは考えないにしても、天体にも有利なことがありそう・・・サードパーティーからはマウントアダプターも出たし、豆粒センサーは、豆粒のような惑星を撮るのに拡大率の点でDSLRよりいいのではないか。レジスタックスで処理するさい、動画の感度やシャッター速度がマニュアル設定できる、などK-5より進歩している点もある、など、幾度となく逡巡しながらも検討した結果、Qは急上昇、降臨となった。
もちろん、キャッシュバック、スペア充電池サービス、下取り値引きなど好条件も重なった。
(前置きが長い・・・笑)

気楽な普段使いがもちろん主目的だが、通過儀式は受けてもらう(笑)

続きを読む "女王さま降臨・・・"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

今日の太陽

透明度は良好だが、シーイングは悪い。下が西。

Sun20120113

EOS 60D/PENTAX  75SDHF望遠鏡 1:10に絞る/  1/640sec ISO100
1/13 15:23

続きを読む "今日の太陽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

今日の169系

 朝-14℃の寒い一日。北アルプスも凛として見えた。
午後の斜光線の時間でコントラストが難しいが、彫刻のような山並みと169とを組み合わせてみた。

Alp169_2012112

EOS 60D/EF 70-200mm F4L USM

続きを読む "今日の169系"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

信濃川田駅(2)

 久々に、時としてフィルムでいえばベルビアのように色乗りの良い、PENTAX K-mを持ち出してみた。
 なぜか、背面液晶が画面の左半分ほど黄ばんでしまっていて、大丈夫だろうかと心配になった。案の定?時々原因不明のフリーズに悩まされた(電池は充分あるはず)が、いずれも電車の到着少し前には機嫌が直り、目的を果たすことができた。

Kawata5

続きを読む "信濃川田駅(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

信濃川田駅

ふと気づけば、ファイナルカウントダウンの長野電鉄屋代線。
もう、最後の冬だ。なんだかんだで秋は取り損なってしまった。

葬式鉄という言葉を思い浮かべてしまった。
カメラやビデオを持った人が多く、夏に訪れたときの素の雰囲気とはすでに異なってしまっている。
でも、自分なりにかかわりを持った線区、自分なりに記憶に焼き付けておきたい。

一番憂いのある風情の駅は、信濃川田(しなのかわだ)駅、ここではないだろうか。

Kawat5

次の新学期は、もう来ない。

Kawata4

続きを読む "信濃川田駅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

ND-100000

5月21日金環日食、6月6日金星の日面通過。太陽にまつわる天文イベントが続けてめぐってくる。
このときも、このときも、いつも問題だったのが、強烈な太陽光の減光対策。

下手をすると機材を壊したり、最悪失明しないとも限らないので、今回はしっかり準備することにした。

Nd10man

marumiのND-100000(フィルター径58mm)とPENTAX 75SDHFの対物キャップ、ジャンクのEF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 ISレンズ鏡筒。
露出倍数10万倍。そうとうまぶしいものを翳さない限り、何も見えないに等しい。

続きを読む "ND-100000"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2012年1月 4日 (水)

lenovo G570のその後

あけましておめでとうございます。

Ocya_sannkaku

御茶ノ水から眺める冬の大三角

続きを読む "lenovo G570のその後"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »