« FC60+O9mm+Q | トップページ | 中望遠レンズでお気軽に月 »

2012年1月26日 (木)

PENTAX Qその他の作例と感想

 Qは、もちろん気楽な日常使いが主目的であります。
いろいろ撮ってみて、いくつかの感想を記したいと思います。
共通:PENTAX Q/smc PENTAX 1:1.9 8.5mm AL[IF]

Q_169oomagari  

Av f2.2 1/320sec ISO1000 RAW カメラ内現像

Q_169hira

Av f2.8 1/1250sec ISO125 RAW カメラ内現像

Kirari

Av f3.5 1/1600sec ISO125 JPEG

Kom_ilu

Av f1.9 1/13sec ISO640 JPEG

真っ先の印象は、(最近は主力はEOSに転換してしまったが)人生の大部分をPENTAXユーザーで過ごしただけあって、すぐ使いこなせたこと。PENTAXの新しい主張がより明確に伝わってきたこと。使える、楽しい。

高感度ノイズや解像具合、夜景の暗部の諧調も含め、このくらい写れば文句無いのではないか。また、01レンズは開放からすばらしい結像性能を示した。
少なくとも自分の場合、BlogアップやL判、2L判プリントが殆どだから、最近のDSLRはオーバークオリティの場面が多い。

しかし、日中液晶モニターに日が指す場面で動体を撮るのは視認性の点でつらい。一眼レフのOVFはやはりいいな、と感じた次第。
また、星などの長秒時、連写、動体はまだ断然一眼レフがいい。
(まあ、やれといえば、PENTAX Qでも置きピン、一発必中で電車は撮れるが。)
棲み分けが明確だから、設備投資?の重複感がない。

・電池寿命:やはり、評判どおり短め。ただ、一時期の単三電池(ニッケル水素充電池)使用のペンタックスで突然フリーズしたり残量表示が不安定ということはなく、寒いところを含め順当に終わっていく感じで、不安感は無い。スペア電池を持ち歩けば、問題は解消する。

・インターバル撮影でSSに15、30秒など長秒時、間隔に最短の1秒を設定すると、設定枚数にならないうちに勝手に2枚程度で終了してしまう。説明書にも記述が無い。おそらくは長秒時NRがONになってしまうのと整合していないためであろう。
やはりユーザー判断でNRをON、AUTO、OFFから選べるようにしたい。K-5を見る限り、技術的にも、今のペンタならできると思う。
星ならDSLRでということなんだろうが、最近のリコーGRDでもできるようだし、比較明による星景に生かせたらと思うのですが。

・動画時、マイクは2つあるのに、なぜステレオにならないんでしょう?音の自動レベルコントロールは、自動としては割と音楽にも向いている(やたらと感度を上げてこないので、強弱が割りと自然)ほうなので、惜しいし理由を聞いてみたいものだ。

・4ノッチまである、前面のダイヤル。コストもかかっていることだろうし、個人的には、もっと大事なことに割り当てたいが、自分でもいまのところその項目は思い当たらない。つい、クリクリ回してみてしまうが、・位置に戻っていないと困ることがある。

・あとは、交換レンズの充実。スナップ用に換算35mmあたりの明るい広角が欲しい。

|

« FC60+O9mm+Q | トップページ | 中望遠レンズでお気軽に月 »

コメント

写真で見る雪景色は良いですね〜。
でも現実目の前にすると嫌ですね(ーー;)

クイックダイアルに割り当てる機能、
もっと自由度があると良いですね。
あとプライムレンズの拡充も必要ですね。
これだけ携帯性が良くて写りも良ければ
長く続きそうですね。

投稿: suge | 2012年1月26日 (木) 20:14

135換算35mm、いいですね。構造上、沈胴は無理でしょうから、うんと薄いパンケーキレンズを希望したいです。

Qマウントのカメラもまだ出てくるようですが、別にミラーレスにこだわらなくとも、今度こそAuto110デジタルとか。(笑)

投稿: ich | 2012年1月26日 (木) 21:34

>suge様

 雪は、醜いものを覆いつくしてくれるから、フォトジェニックです。
でも、交通従事者にとっては、凶悪な強敵です(苦笑)。

 クイックダイヤルは、数字が振ってあるので、どうも個人的に電車の運転台にあるマスコンをイメージしてしまいます。
数字が大きいほど念力が出るような何かの設定って無いですかね(笑)
 背面液晶を見ながらでなしに、即切り替えたいのはドライブモードとAFモードのセットかな。
最高4ノッチには連写Hi、高速化を阻むRAWの強制キャンセル、AFエリア中央一点とかカスタマイズできるとうれしいです。

 これからのシステムですから、本気レンズの拡充はおいおいとやっていって欲しいし、一本一本が楽しみです。
普段使いには充分に高画質ですし、デザインも気品があり、いつも連れ歩いています。

>ich様

 スナップや旅行は35mm程度の広角のほうがつぶしが利きますし、ズームよりコンパクトなことが期待できますので、ぜひ欲しいところです。
ミラーレス全般に、一部の、描写を割り切ったレンズ以外、ボデイの奥行の割りにレンズが薄くならないですね。
フィルムと違って、まだ斜入光の問題があるせいだと思っています。
Qも拡大コピーでフルサイズを想像すれば、かなり巨大なレンズになると思います。
逆に、撮像素子が小さいから、レンズ屋がいろいろな妥協を排して理想的な設計をしても、比較的現実的な大きさ・値段に収まるシステムなのだと思います。
レンズ屋のユートピアを具現化したようなレンズの追加を期待したいです。
個人的には、ミラーありは大きめのに任せて、ミラーのない利点をさらに磨いていって欲しいような気がします。

 

投稿: keypon13^2 | 2012年1月27日 (金) 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/53825297

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX Qその他の作例と感想:

« FC60+O9mm+Q | トップページ | 中望遠レンズでお気軽に月 »