« lenovo G570のその後 | トップページ | 信濃川田駅 »

2012年1月 7日 (土)

ND-100000

5月21日金環日食、6月6日金星の日面通過。太陽にまつわる天文イベントが続けてめぐってくる。
このときも、このときも、いつも問題だったのが、強烈な太陽光の減光対策。

下手をすると機材を壊したり、最悪失明しないとも限らないので、今回はしっかり準備することにした。

Nd10man

marumiのND-100000(フィルター径58mm)とPENTAX 75SDHFの対物キャップ、ジャンクのEF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 ISレンズ鏡筒。
露出倍数10万倍。そうとうまぶしいものを翳さない限り、何も見えないに等しい。

PENTAX 75SDHFは口径75mmなので径77mmがジャストサイズ(取り付けは何らかの工夫が要りそう)だが、77mmはちょっとお値段が張るし、眼視太陽観測はサングラスをつけた上で口径50mmに絞るお約束があるので、キャップには50mmの穴が開いている。

ここへ、ジャンクレンズの58mmフィルター枠を取り付けて済ませようというのが、○ビ減光対策である。
早速、EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS(ジャンク)に犠牲になってもらう。

Filter_waku

たやすく切れた。

Waku

それを望遠鏡のキャップの穴に(接着剤で)取り付け、出来上がり。

Waku2

早速、試写。

Ashinaga_u

夕暮れを間近にひかえ、ようやく撮影準備が整った・・・と思ったら、

Solar201217

雲が邪魔をするorz  (↑光学系は下と同じ、 0.8sec ISO100、トリミングなし)
が、日没直前、雲が引いた。

Solar201217_2

EOS 60D/PENTAX  75SDHF望遠鏡直焦点 D=75mmを50mmに絞る f.l.=500mm 1:10/
1/100sec ISO100
2012/1/7 16:14 トリミングあり

日没ぎりぎりで、気流も悪く陽炎のように輪郭がぼやけている。
それでも、結構大きな黒点が写っている。活動が活発になってきているのだろう。


さすが露出倍数10万倍、太陽なのに、満月並みの露出になっているのは驚き。

太陽は-26.7等級
満月は-12.7等級
14等級の明るさの差がある。
一方、等級の定義より、
等級が1等級変わると明るさは100の5乗根、すなわち約2.512倍変化する。

結局、満月に対し太陽は
100^14/5=100^2.8≒400000倍の明るさがある。

月と太陽は、見かけの大きさがほぼ等しいから、輝度もその割合で、露出倍数100000倍のフィルターを使えば、満月に対し4倍の明るさまで減光できるから、充分コントローラブルといえる。

|

« lenovo G570のその後 | トップページ | 信濃川田駅 »

コメント

marumiのND-100000を双眼鏡の対物側に取り付けて、
のんびり金環をながめたいという野望があります。
(どうせなら2個使いで贅沢にまとめたい。)

露出倍数からすれば、NDフィルターをちょっと追加すれば
いけそうな気ももするのですが、まだまぶしいかな・・・

フィルターから太陽を直視した感じはいかがでしょうか?

投稿: らすあるはげ | 2012年1月 9日 (月) 13:45

>らすあるはげ様

 このところ、お日様をまともに拝んでおりません。またフィルターで太陽を直視する機会があったら、ここに報告したいと思います。
m(_ _)m
 PENTAX 75SDHF望遠鏡に装着した限りでは、同じISO100で(300mm)F4の望遠レンズで満月を撮るよりシャッター速度が遅くなりました。
最初、首をかしげていたのですが、口径50mmに絞ることにより、1:10の口径比になっていたせいでした。
計算上は、双眼鏡の光明度によっては、4倍くらいのNDフィルターと重ねて使用したほうがいいかもしれません。

投稿: keypon13^2 | 2012年1月10日 (火) 21:03

>らすあるはげ様

このフィルタを太陽に翳して、肉眼で直接見てみる。また7×50のファインダーにかぶせて観察してみると・・・いずれも、見れる範囲には減光されているけれど、個人的にはもう少し減光が欲しい、あまり長く見ていたくない、そんな感じです。
見た後、太陽の丸い残像がしばらく目に残ってしまう。
満月でも、直視していればまぶしいですからね。
食の進み具合にもよりますが、4から8倍のNDフィルターと重ねて使用のほうが安全だと思います。

投稿: keypon13^2 | 2012年1月13日 (金) 08:34

正直なところ、食関係はあまり熱心では無かったのですが、昨年暮れの月食で少し意識が変わりました。(笑)
そこで日食観測用の機材、どうしようかと思っていましたが、結局こちらで紹介されていたのと同じ形になりました。
テスト撮影しましたのでTBさせていただきます。(^^)/

投稿: ich | 2012年1月14日 (土) 14:02

>ich様

 TBありがとうございました。
ちょうど新兵器導入の日で舞い上がっていて、気づくのが遅れてしまいました
m(_ _)m

 露出倍数10万倍でも、1:5.6の光学系だとだいぶ高速のシャッターになるんですね。
余談ですが、以前、マルミの工場の近くに住んでおりまして、子供の小さい頃、一緒に散歩しながら工場の近くを通っていました。

投稿: keypon13^2 | 2012年1月18日 (水) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/53679516

この記事へのトラックバック一覧です: ND-100000:

» 太陽撮影2012.1.14 [ich's Notebook]
月食もそうなのですが、いままで食現象にはもう一つ興味を惹かれませんでした。 理由 [続きを読む]

受信: 2012年1月14日 (土) 15:58

« lenovo G570のその後 | トップページ | 信濃川田駅 »