« PENTAX Qその他の作例と感想 | トップページ | Qで比較明による星景 »

2012年1月31日 (火)

中望遠レンズでお気軽に月

 コンデジのセンサーのサイズが1/2.33型といっても・・・実寸法がはっきり書かれてなくていろいろと困る。
 135フォーマットに対する換算率が5.5ということは、対角線が7.87mm
3:4:5の直角三角形から、長辺×短辺=6.29×4.72mmと推測される。

さて、月。smc PENTAX 1:2.5 135mm+Qで試してみたが、ピントががゆるい。∞位置が縮まりきらないせいもある。
そこでsmc PENTAX-645 1:3.5 150mm+Qでやってみた。換算825mmと望遠鏡並みで3.5の明るさ(笑)
計算上は・・・フルサイズのハチゴローなんてもんじゃない。
それが手のひらに乗り、ポラリエで楽勝なのだから不思議なものだ。

smc PENTAX-645 1:3.5 150mm+K-645アダプタ+KQアダプタ+Q
ポラリエで追尾
動画フルHD 30fps、ISO125、1/125sec、30秒のうちの100フレームをRegiStax6でスタック
すこしトリミング

Moon2012130_1

ああ、ちょっと輪郭が破綻してます( ̄○ ̄;)!
1/30晩は木星と月が接近しておりました。

これはsmc PENTAX 1:1.2 50mm 換算275mmをF2で使いました。
これは静止画像1枚ものです。

Jupi_moon

ISO125 1/4sec

|

« PENTAX Qその他の作例と感想 | トップページ | Qで比較明による星景 »

コメント

645のレンズ、さすがに良い描写ですね。
月のレジスタックス処理も、以前にやった事が有るのですが、また試してみなければ。
うんと拡大してみても、面白そう。
まだまだ色々遊べますね。>Q

投稿: ich | 2012年1月31日 (火) 04:33

>ich様

 聞くところによると645のレンズはミリ40本のOTFにこだわって世に出てきたので、Kのボケ玉よりは意外にもQの要求に耐える感じがします。
とはいえ、Q専用設計の望遠系レンズには期待、あるいはちっちゃなシャープな望遠鏡欲しい、なと妄想するわけですが(。・w・。 )
換算5.5倍をうまく天体に生かせれば、持ち出す(観察する)機会も増えるし、可能性を秘めたアイテムですね。

投稿: keypon13^2 | 2012年2月 2日 (木) 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/53865661

この記事へのトラックバック一覧です: 中望遠レンズでお気軽に月:

« PENTAX Qその他の作例と感想 | トップページ | Qで比較明による星景 »