« 169系S54編成、廃車回送の日 | トップページ | カノープスアーチ・・・途切れたorz »

2012年2月10日 (金)

PENTAX Qで太陽

 
 
 ※2/11、画像追加しました。
 来る金環食や金星の日面通過に備え、いろいろな光学系で写りを検証しておきたい。
今回はQでやってみた。
 マルミのND100000がはまる58mmのフィルター枠で、絞りが調節できて200mmクラスの手持ちのレンズ・・・うーん、あったにはあったけど・・・
smc PENTAX-A  ZOOM 1:4  70-210mm  古いしズームだし太陽にはあまり向いてなさそう。でも、ものはためし。

Mini_maguro

換算5.5倍のQマジックにかかれば385-1155mm 1:4の、シグマのマグロレンズもびっくりの超ど級レンズなのだ(笑)
まあ、実態は鯖か鯵程度ですが。

さて、写り。
まず、ノートリミングで
Sun20120210nt

2/10 12:44
PENTAX Q/smc PENTAX-A  ZOOM 1:4  70-210mm (210mm)  F8 ND100000   
1/1000sec  ISO125 JPEG
ポラリエで追尾

全景を程よく収める程度にトリミング

Sun20120210tr1

うす雲がかかっていたせいもあるし、レンズ構成枚数の多いズームレンズなので、PENTAX  75SDHF望遠鏡+EOS 60Dで試したときよりコントラストがいまいちな気がするが、ブログ掲載にはシャープさは充分。

↓翌日2/11の様子も並べてみた。約1日分の黒点の移動がわかる。

Sun20120211tr

光学系は同じ。2/11 13:01 F8 1/1250 JPEG 
前日より透明度がいいので露出が異なる

大き目の黒点があったので、2/10撮影のものをさらにトリミング↓してみた。

Sun20120210tr2

アンシャープマスクかなり掛けているのでノイジーだけど、けっこう解像している。
ちなみに、動画+レジスタックス6↓だとどうなるか。(同程度にトリミング)

Sun20120210wlt

PENTAX Q動画Full HD 約30sec 900フレームから画像品質の良い25フレームをスタック
1/1000sec ISO125  光学系は静止画と同じ。

うーん、RegiStax万能とはいえないな。動画だとFull HDでもせいぜい200万画素相当、拡大率がさほど大きくないこのような撮影では、コンニャク現象も深刻にならず、静止画1枚の方がシャープ感は上だな。

Qはミラーショックもないし、この場合電子シャッターなのでシャッターショックもない。だから、ポラリエでも充分行けそう。

まあ、実のところ、静止画ならこのSSなら固定法でも充分いける。
しかし、数枚撮っているうちに案外みるみる視野からはみ出してしまう。
このような日中、Qの背面液晶では不足に見えてしまうので、段階露光は必須であるし。

ポラリエは、昼でも高度計と方位磁石でおよその極軸出しができて、都合いい。Q+ポラリエで気楽な観測、いいかもしれない。

|

« 169系S54編成、廃車回送の日 | トップページ | カノープスアーチ・・・途切れたorz »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/53951084

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX Qで太陽:

« 169系S54編成、廃車回送の日 | トップページ | カノープスアーチ・・・途切れたorz »