« もうひとつの方法 | トップページ | 自分的太陽観測の真打? »

2012年2月28日 (火)

月水木金

 2/27、抜群に晴れ上がった夕空。役者がそろう。
月木金が微妙な形で寄り添う。

Getumokukin

PENTAX Q/smc PENTAX 1:2.8-4.5  5-15mm ED AL[IF]広角端 開放
4sec  ISO125  2/27  18:21

あれ、なんだか見慣れないようなレンズ名だが、気にしない(笑)
そして、このとき、肉眼では確認しそびれたが、Qはしっかりともうひとつの役者を捕らえていた。

Sui

上画像のトリミング・・・木々の間に見える星が水星。

02導入は、実は少し悩んだ。
せっかく01一本で単焦点の魅力を再発見しようと、良い癖が出てきた矢先なのだし。
02も絶対的にはちっこい、かわいいブツだが、どうしても潜在意識として撮像素子の面積でノーマライズしてしまう。すると、巨大なレンズなのだと。135に換算したらニコンのゲンコツクラスの大きさではなかろうか(笑)
ソニーの標準ズームがよく「レンズでっかち」と呼ばれるが、02は実は巨大なのだ。

だがまてよ。02は広角端2.8のゴージャスなレンズなのだ。あこがれのレンズ内モーターにクイックシフトフォーカス、レンズシャッター、NDフィルターまで内蔵してこのプライス。
それに、開放から星にも使えるすばらしい結像性能。
夢のようなレンズなのだ。

02つけて、ズームの機動力・・・気楽なQもいいかもしれない。

|

« もうひとつの方法 | トップページ | 自分的太陽観測の真打? »

コメント

02導入されたのですか。おめでとうございます。
贅沢なレンズ構成をコストパフォーマンス良く実現できるのも、スモールサイズの強みですね。

うーん、星景ならこの焦点距離は使い勝手良さそうだなぁ。
でも今どきズームだから云々とは言いませんが、135換算で28mmか35mmの単焦点も欲しいですね。

PENTAXなんだから。(笑)

投稿: ich | 2012年2月28日 (火) 06:10

>ich様

 実は、だいぶ前に発注してあったのですが、店から連絡が入らず品薄なのかな?と勘ぐっていました。
店には、とっくに入荷していたそうでorz
 普段使いにはQ+02で事足りてしまいそうで、逆に怖いです(笑)

 だからこそ単がいいんです。個人的には換算35mmの画角、6.3mm 1:1.9をお願いしたいです。
HPのQレンズロードマップを見ると、広角単は計画されていますね。ゾーンの中心は35mmよりもう少し広角寄りな感じですね。
ロードマップはあくまでロードマップですが・・・PENTAXですからね(笑)
Qの花言葉(?)は遊び心、カリカリしてもしょうがありません。楽しみにして待つことにします。

投稿: keypon13^2 | 2012年2月28日 (火) 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/54094776

この記事へのトラックバック一覧です: 月水木金:

« もうひとつの方法 | トップページ | 自分的太陽観測の真打? »