« ガラッド彗星 | トップページ | さよなら、冬の主役たち »

2012年3月23日 (金)

ガラッド彗星・・・16フレーム手動コンポジットの巻(笑)

 位置確認だけの、お気楽観測→ポラリエ→極軸合わせアバウト→いざ見つかると望遠でアップしたくなる→短時間ですむ高感度→多数コマコンポジットでノイズ低減・・・のはずだった。

 が、コマ間の星像のずれが大きく、SI6のコンポジット(自動)位置合わせが機能しない。
しょうがないから、16コマ全部手動で位置合わせ。

C2009p1_300_16c

EOS 60D/EF300mm 1:4L 絞り開放/30sec ISO6400を16フレーム加算平均
ポラリエで追尾 2012/3/21 22:08-22:22 (コマ間に休止時間あり)

画面右が黒ずんでいるのは16コマでずれた幅に相当orz

コンポジットの効果を噛み締めるため、あえて1枚ものを掲出。(トリミング)

C2009p1_300tr1c


↓同じく16枚コンポジット

C2009p1_300tr16c

ランダムノイズに対しては、n枚コンポジットするとSN比は√n倍になるのだそうで、16枚コンポジットすれば4倍のSN比になるはずだ。その分、強調処理に回せるわけで・・・。

確かに、尾はある感じ。
反転してみると、少しはわかりやすいか?

C2009p1_neg

もう一度撮影の機会があるといいのですが。
いま一番欲しい光学製品:ポラリエの極軸望遠鏡だったりして。

|

« ガラッド彗星 | トップページ | さよなら、冬の主役たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/54291064

この記事へのトラックバック一覧です: ガラッド彗星・・・16フレーム手動コンポジットの巻(笑):

« ガラッド彗星 | トップページ | さよなら、冬の主役たち »