« 自分的太陽観測の真打? | トップページ | ファイナル・カウント・ダウン »

2012年3月12日 (月)

接近の(翌)晩の火星

 もう鮮度の落ちたネタだけど、今回の火星接近は3/6の2h00m
一番近い晩は、天候が悪くてだめだった。
撮影できたのは、3/7 0h26m ほぼ1日遅れ。
それも、風雲急で、極軸も満足に合わせられないほどorz 
そして、雲の切れ間から撮れたのはわずか30秒動画一本のみ。
すぐに雲が覆い尽くした。
でも、皮肉なことに、撤収しているときしばらく晴れたorz



PENTAX Q/MT-160望遠鏡+smc PENTAX O-9mm引伸し法 高橋カメラアダプター使用
FullHD動画 SS=1/30sec  ISO640  3/7 0:26から21秒 

3/7 0:26  上動画より、RegiStax6で品質上位85フレームをスタック

Mars2012_0307

参考↓2/20 22:27 同一光学系による

Pm1653wlt

光軸を合わせなおしたり、主鏡を清掃したりしてみたが、改善度合いはわからなかった。
今回の接近は、視直径が小さく、またひどい気流で、細部は何もわからないに等しい。
それでも、今回、北極冠が観測しやすい。

問題点を洗い出して、もう少しシャープなイメージを得られるように模索しなければ・・・

|

« 自分的太陽観測の真打? | トップページ | ファイナル・カウント・ダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/54207857

この記事へのトラックバック一覧です: 接近の(翌)晩の火星:

« 自分的太陽観測の真打? | トップページ | ファイナル・カウント・ダウン »