« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月29日 (日)

K-01と付き合って(4)・・・御座山の夜。

 前回は晩夏だったので、主役が違う。オリオンの没には間に合った。

Ogura2012res

PENTAX K-01/SIGMA 8‐16mm 1:4.5-5.6HSM 16mm(開放)/ ISO400 30sec×30コマ
比較明合成

続きを読む "K-01と付き合って(4)・・・御座山の夜。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の御座山

 

4/28登山記。
珍しく連休だ。珍しく安定して晴天が期待できそう。ということで、マイブームの御座山に星見をかねて登ってみた。 もちろんK-01の実力を試しに・・・というのもある。そう、そして長らく懸案だった「山に赤道儀」も、ビクセンのポラリエで容易に実現してしまった。

久しぶりに泊まり登山なので、準備に時間がかかってしまった。登山口ですでに夕方の風情。

Ogura_in

続きを読む "春の御座山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

K-01とつきあって(3)・・・もはや純正

 ジャンクで、もはや純正ともいえるレンズ発見!
PENTAX RICOH IMAGINGになってからの初号機のお祝いに(笑)

K01_xr50f2

Kの字体とともに当時にタイムスリップ。ちょっとチープなプラ外装のレンズはK-01と良く馴染むいでたち。だだし、ペンタが入っていたとんがった屋根部分を見慣れた目には、ねこの耳を押さえながらなでている姿を連想してしまう。

続きを読む "K-01とつきあって(3)・・・もはや純正"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

4/24の金星

4/24の金星。肉眼では相変わらず明るい星だけれども、望遠鏡で観察すると、「柿の種」
のような形になっている。来る6月6日には金星の日面通過を迎える。

続きを読む "4/24の金星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

K-01とつきあって(2)・・・大小ミラーレス

 久しぶりに青空を見たような気がする。
開花は遅れているけど、その分急速に花開く、昔の城跡に前回に引き続き行ってみた。

K01_sigma1

続きを読む "K-01とつきあって(2)・・・大小ミラーレス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

K-01とつきあって(1)

 当県でも、標高の低いところから順に花の便りが聞かれるようになった。
今年は異様に遅い。本日も、風は冷たく、暗い空からとうとう雨まで降ってきてしまった。
でも、新機種のいろいろな性質を試してみるのは、この趣味(ええ、写真趣味というよりカメラ趣味ですね)の大きな楽しみ、モチベーションの高まりを感じつつ、近所に行ってみた。

うーん、咲きたい!と聞こえてくるようです。

Kaiko_k0124

PENTAX K-01/Super-Multi-Coated TAKUMAR  1:3.5 24mm F5.6/ 1/125sec ISO200

続きを読む "K-01とつきあって(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

レンガ入荷!?

 実は、主に経済的危機を脱するためにK-5を手放してから、5ヶ月ほどになる。K-5はいいカメラであった。もう一度K-5を取り戻す手もある。だが、K-01なる実に悩ましいものが発表された。ペンタックスなのにペンタプリズムもレフミラーも入っていない(笑)
 なのに、フランジバックはKマウントそのもの。さして小さくも、軽くも、安くもない。プリズムとミラーのない分は、デザインの自由性に回したという。そんな趣旨の機種はまあこんなおじさんには対象外、スルーするはずであった。

・ミラーボックス跡地を利用した、小型高性能な広角レンズの可能性。
・撮像素子から直接得るAEAFの正確さ、機構シンプルゆえの信頼性への期待。
・K-5より進化したLV、動画機能。
・アルミ削りだしの操作部に惚れた。ローレットに微妙に絡まる指紋の感触(笑)
そして、アウトレット品の設定でお求め易くなったのが大きい。

Qとのすみわけは明確だし、EOS 60Dともかぶらない、独自の守備範囲を持っている、早い話が面白そうだと思った。

K01_smct24

続きを読む "レンガ入荷!?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

4/9の土星

 火星にも望遠鏡を向けてみたけど、接近から一ヶ月が過ぎ、ただ漫然とイクラのようにしか見えない。
 かわって南東の空に、スピカと並んで落ち着いた輝きの星、土星が観望の好機を迎えつつあります。口径数cmの望遠鏡でも、環はわかります。
 4/9の晩は、割と気流の状態が良好な部類なのかな。ぶれは出るけど、細部が見えている時間も割りとある。

PENTAX Q/MT160+高橋PJ20mm接眼鏡/引き伸ばし法
Full HD動画、ISO1600 SS=1/30sec 22:24より記録時間30秒

続きを読む "4/9の土星"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

4/6の金星

  夕方西の空にひときわ目立つ金星ですが、
10日ほど前の3/27に東方最大離角を迎え、今後は高度を下げて行きます。
一方明るさは、今月末4/30に最大(-4.5等)を迎えます。

半月形よりとがった三日月形っぽくなってきました。
PENTAX Q/FC-60望遠鏡+smc PENTAX O-9mm接眼鏡/引き伸ばし法
full HD動画 ISO200  ss=1/30sec  30秒

続きを読む "4/6の金星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »