« レンガ入荷!? | トップページ | K-01とつきあって(2)・・・大小ミラーレス »

2012年4月22日 (日)

K-01とつきあって(1)

 当県でも、標高の低いところから順に花の便りが聞かれるようになった。
今年は異様に遅い。本日も、風は冷たく、暗い空からとうとう雨まで降ってきてしまった。
でも、新機種のいろいろな性質を試してみるのは、この趣味(ええ、写真趣味というよりカメラ趣味ですね)の大きな楽しみ、モチベーションの高まりを感じつつ、近所に行ってみた。

うーん、咲きたい!と聞こえてくるようです。

Kaiko_k0124

PENTAX K-01/Super-Multi-Coated TAKUMAR  1:3.5 24mm F5.6/ 1/125sec ISO200

Avオートでしたが、タクマーだと露出補正が効かない。お客様相談センターに問い合わせると、備品でも現象確認・・・仕様なのだそうだ。
なお、Aポジションが無くてもKとかMとかのレンズなら露出補正は効きます。が、今度は、絞りリングがP、Tv、Avでは無効・・・もう少し互換性に融通をもたせてくれたらいいのに。

そんなこともあり、今度はFAレンズで撮ってみた。

Kaiko_k0135

PENTAX K-01/smc PENTAX-FA 1:2 35mmAL F2.8/ 1/800sec ISO200 +0.7EV

折からの小雨で、防塵防滴のK-5が懐かしい。
FAレンズなら露出補正もできるし、AFの恩恵にもあずかれるのだけど、AFが思ったところに合わない。エリアの中でやや細かいパターンを拾って合焦する傾向がある。
この場合、同じ花でも遠いほうに合ってしまい、仕方なくMFした。

Kaiko_zoo

そのことは、この画像でもいえる。荒いパターンの檻より、細かいパターンのライオンの顔に合焦している。この場合はメリットなのだけど。

MF中のLVの拡大画面もあまり高精細とはいえず、規則性のある対象ではモアレっぽく見えたりする。
フォーカスピーキングも広角で煩雑なパターンの場合、かえってわずらわしい。

ボデイ駆動のAFレンズは、どうしてもオーバーシュートして引き返すコントラストAFのタイムロスをできるだけ小さくしようと、駆動がパワーアップしている感じ(音も賑やか)。
また、電池の残量表示もAF駆動をきっかけに減る感じ。Qに比べれば、絶対的な電池容量は大きいので粘るけど。

レンズとの相性も「良いものは良い、悪いものは悪い」と割りとはっきり出してくる感じがする。オールドレンズは周辺での結像性能に粗が出やすい。※どうやら、DAレンズでは色収差補正がデフォルトでかかって得しているせいもありそう。

なんだかネガティブな感想が多い感じになったけれど、一番の利点は画質の安心感かな。
曇った日でも、感度をためらわず上げられるし、AWBも露出も正確。Qも低感度での解像感は充分にあるけど、奥行き感、空気感のようなものは、やはりAPS-CのK-01が優れている。基本、ほぼK-5の画質が普及価格帯で手に入るのだから、少々の粗は割り切れば、基本を押さえた有用な機材だ。

|

« レンガ入荷!? | トップページ | K-01とつきあって(2)・・・大小ミラーレス »

コメント

参考になります;
普段、露出もピント合わせも殆どマニュアルしか使わないのですが、一番の理由は自分の思い通りにならない・・・。
要は使いこなせていない、という事なのですが。(^^;

特にAFについては、作例のように対象が階層になっているような構図では、まず思ったようには合ってくれないので、どうしてもMFの方が楽に思えてしまいます。
とはいえ、視力の衰えも日々感じていますので、困ったものです。
星撮りにも使えるくらい、高性能なEVFの登場にも期待したいところですが・・・。

投稿: ich | 2012年4月24日 (火) 06:17

>ich様

ペンタプリズムとレフレックスミラーから由来のペンタックス、そこが自らそれらを取り去ったK-01の登場は、ファインダーのありかたに議論を投げかけているように思います。

いままでの位相差AFなら、基本的には近距離優先のような感覚がありましたので、当機のAF特性は、慣れるまで違和感を感じます。
思うようにいかないならマニュアルで、というのも同感です。車の変速機みたいに、思うように操る楽しみみたいなものもあります。
ただ、現代のデジイチが要求するピント精度を、光学ファインダーのマット面で、というのは至難の業といわざるを得ません。
特に暗い広角レンズ。
そこをLVなりEVFなりがどうバックアップするかが今後の機材の宿題だと思います。
光学とEVFのハイブリッド的なファインダーも出てきていますね。
当機ではLVでの拡大ということになりますが、ややきめが粗く、ピントのピークの検出はやややりづらいのが正直なところです。

視力の衰え・・・というか、私もそうなんですが、目の焦点調節能力の低下ですよね(苦笑)
私は、ど近眼なのでマクロ定位(あまり眼鏡できちんと遠方視力をだすとデスクワークが疲れる)ので、LVとは相性がいいので、なんだかまあペンタの割り切りを受け入れています(笑)

投稿: keypon13^2 | 2012年4月24日 (火) 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-01とつきあって(1):

« レンガ入荷!? | トップページ | K-01とつきあって(2)・・・大小ミラーレス »