« 5/21の金環日食をシミュレートする | トップページ | 2012・5・21の金環日食 全過程 »

2012年5月21日 (月)

金環日食を見た

ついにこの日は訪れた。
地元にいながらにして見れる金環日食は、そうは訪れない。
皆既日食がいいのに、などとぜいたくは言わない。
ただ、この手のイベントはいつもお天気の問題がついて回る。
まったくダメならあきらめもつく。が、判断次第で裏めるのがつらいかも。
ネットで複数のサイトを見た結果、なんとなく埼玉県北部と気持ちを固めた。
以前チャリで迷い込んだから、よさげに思った。

埼玉県寄居町・・・あの高橋製作所寄居工場がある。
東経:139度15分 北緯:36度7分あたり

部分食開始:6h19m42s
金環食開始:7h32m42s
食最大   :7h34m54s
金環食終了:7h37m06s
部分食終了:9h02m36s

と予想されていた。

Seichi_yorii

荒川の河岸段丘で、環境はなんとなくいい。

Cppc

高橋製作所のお膝元でタカハシEM-200を設営するの図。

結果的には、自宅近辺でも晴れた。
息子も娘も単眼日食メガネで見たようだ。
ただ、息子いわく、芯のずれた金環だったようだ。北限界線に近いので、理屈どおり。

さて、寄居町。
ついた当初は雲が厚くて、残念感いっぱいだった。もたもたしていたら白みだしたので、
方位磁石と緯度から、投げやりに極軸の向きを決めて覗くと・・・なんと北極星が見える!
大急ぎで極軸を可及的正確にあわせた。これはいいかも。

序盤、多少筋状の雲に邪魔されたが、恵まれたほうだろう。
まず、インターバルで全体の進行を一枚に納めたもの。

Suneck02_2

PENTAX K-01/Super-Multi-Coated TAKUMAR  1:3.5 24mm F3.5~9.5/
1/500sec ISO100 ND100000使用
太陽画像最初6h14m49s
2コマ目6h22m53s、以後正しく8分間隔
背景4h31m  Av auto( 1/100sec 絞り値不明 )ISO100
比較明で合成

↓上記画像で、金環食の付近だけをクローズアップしたもの
ただし、金環食のショットが7h34m53sで4分間隔
また、風景との比較明合成はしてありません

Hilite

これだけの天体ショーは初めてなので、的が絞れず、動画も登場。
金環食を中心に、少しその前後まで入れて撮ってみました。

PENTAX Q/EF300mm 1:4L F8/1/500sec ISO125 Full HD動画 ND100000使用
EM-200で追尾
サウンドは、現地のリアルな音源です。

金環食中は、ああーっ、と声も出ない。
事実、自分のこの目の前で繰り広げられている。
案外ゆっくりと時が流れていく。でも名残惜しい、不思議な感覚。
あたりは、日差しに気力がうせ、たそがれた感じ。しかし、その状態でも太陽は充分まぶしくてリング状の形もわからない。
・・・こういった空気感が独特だ。

参考までに、5倍速バージョンも用意してみた。



上記動画を、動画編集時に操作しただけです。

第二接触の際の月の凸凹も観察してみたかったけど、動画からの切り出しなので、シャープ感に欠ける。

Sesshoku2

遠出してみたものの、結果的には地元のほうが晴れたみたいだけれども、できるだけ金環食中心線まで近づいたのだし、喧騒のない大自然の中で眺められたのだから、良しとしよう。

|

« 5/21の金環日食をシミュレートする | トップページ | 2012・5・21の金環日食 全過程 »

コメント

おー、見事に捉えてますね。(^ ^)
当地は事前の予報通り、時折り雨の落ちる空模様でした。
一応、機材は準備していつもより2時間ほど早めに出社したものの、
そんな訳で設置もせず、そのまま仕事してました。(笑)
もう少しだけ内陸だと、雲の切れ間から金環食が見られたようですが…。
当地では後半の部分食を十秒程度、雲越しに確認するのがやっとでした。
午後からは薄日が差して来ましたが、後の祭り。半日ずれてくれれば良かったのですが。(^◇^;)

投稿: ich | 2012年5月21日 (月) 22:30

見事目的達成、素晴らしいですね!
高橋さんのおひざ元で高橋さんちの道具を使っての撮影は感慨深いものがありますね~。
当方も雲の影響でオーバーになるのを見越して1分インターバルしてみましたが、現実は厳しく使い物になりそうにありません。orz

投稿: Fuuma-mfuk | 2012年5月22日 (火) 02:30

>ich様

 お天気残念でした。御地は、金環食の中心に近くわざわざ遠征する必然性が無いですものね。
私も、雲量予想が少なければ御地近くまで行こうか、と思っていたくらいです。
参考にした天気予報も、サイトによって微妙に違い、地元から動かない事が最適、というような情報もありました。
でも、少しでも中心線に近いところまで行きたい、というのもありました。
過去、自転車で迷い込んだ時(笑)、おおよその土地勘も残っていましたので、ここの観測地に決めました。

>ふうま様

 観測地に着いたときは、地元より雲が立ち込めていましたが、薄明中に極軸を北極星を使って可及的正確に合わせられたのはラッキーでした。
 実は減光フィルターND100000のメーカー、marumiの工場のある長野県南部をロケ地に、という構想もありました(笑)
以前、そのあたりに住んでいて、土地勘があったからです。
予報は複数のサイトを参考にしたところ、最大公約数的な埼玉県北部に決めました。
河川敷の広々とした畑の一角に陣を据えました。
紀伊半島も金環食の中心に近く、いいなと思っていましたが…(さすがに長野県からは遠いですが)

 

投稿: keypon13^2 | 2012年5月23日 (水) 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/54766319

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食を見た:

« 5/21の金環日食をシミュレートする | トップページ | 2012・5・21の金環日食 全過程 »