« K-01と付き合って(5)・・・EOS 60Dと星像を比べる | トップページ | 御座山の夕べ »

2012年5月 6日 (日)

大きな満月・・・太陽と比べてみた

 昨日は、月が最近だったようだ。深夜になって天候が回復したようだが、観測を忘れてしまった。
まあ、今日もまだそうは変わらないはずだから、太陽と見かけの大きさを比べてみた。

共通:PENTAX Q/EF300mm 1:4L F8 固定法 
太陽・・・ISO125、1/1250sec、ND100000使用  撮影 5/6 17:08
月 ・・・ISO200、1/160                撮影 5/6 20:55

太陽

Sun20120506



Moon20120506

うーん、漫然と見ただけでも、月のほうが大きい感じはする。

更にはっきりするために、(SI6で)加算平均合成してみた。

Sunmoon20120506

だいぶ、月のほうが大きい。
なのになぜ、2週間後の金環日食のときは、月のほうが小さくなってしまうのか。
このまま大きいままでいてくれたならば、皆既日食だったのに・・・(笑)
軌道計算すれば、納得せざるを得ないのだろうけれども、その技もない。

まあしかし、たまたま月と太陽がほぼ見かけ上同じ大きさで皆既日食だの、金環日食だのと楽しませてくれるとは・・・地球というのは、本当にうまく条件のそろった天体なのだと感謝せねば。

|

« K-01と付き合って(5)・・・EOS 60Dと星像を比べる | トップページ | 御座山の夕べ »

コメント

 楕円軌道考えると,近地点で満月なので,反対側の新月では遠地点付近なんでしょう。ほんとに逆だったらねえ。。。

投稿: うみほし | 2012年5月 8日 (火) 07:45

>うみほし様

 あっ、そうでしたね。楕円の2つの焦点の一方に地球があるとすれば、容易に合点いきますね。
最初、楕円のど真ん中に地球があると思っていました(汗)
 金環日食も貴重ですが、やはり皆既日食に出会ってみたいのはどうしようもないサガです。

投稿: keypon13^2 | 2012年5月 8日 (火) 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/54650070

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな満月・・・太陽と比べてみた:

« K-01と付き合って(5)・・・EOS 60Dと星像を比べる | トップページ | 御座山の夕べ »