« 屋代線廃止からほぼ2ヶ月 | トップページ | EF40mm F2.8 STM (その2) »

2012年6月23日 (土)

EF40mm F2.8 STM

  キヤノンから、まことに悩ましいレンズが発売された。まさかキヤノンからこんな遊び心のあるレンズを?とは想像していなかった。レンズ内新型モーターで薄型を実現し、さらにはフルサイズ対応でお値打ち価格、しかも金属マウントなど、作りもまともである。速攻で注文をしたのは成り行き上、仕方が無い(?)
 一瞬は、これを生かせるフルサイズ機を!などと妄想するのだが、このコンパクトレンズの持つ画角を実現しようとすると、(ペンタックス比で)そのボディがバカでかくなるジレンマ(笑)。だから悩ましい。

Panke_p_c

しかし、ペンタックスのDA40Ltdのような究極の薄型にはなっていないし、見栄えもそれなりに地味ーな感じ。パンケーキというよりは、おでんの大根である。

 レンズ駆動音は、プイーンというような感じで、それなりに聞こえる。USMのほうが静かに感じる。合焦スピードも心なしかマイルドなのは、動画とのマッチングを優先に考えられているからなのかもしれない。動画対応にしても、別にUSMのままでもできそうなものだが。

DA40Ltdと描写比較をしてみた。

EF40:EOS60D スタンダード(メーカーデフォ)
DA40:K-01 鮮やか(メーカーデフォ)
いずれもAv auto、ISO100、AWB、LV時の評価測光

EF40 F2.8開放

Panke_ef4028

DA40 F2.8開放

Panke_da4028

EF40 F4

Panke_ef4040

DA40 F4

Panke_da4040

EF40 F5.6

Panke_ef4056

DA40 F5.6

Panke_da4056

レンズの違いというより、画像エンジンの考え方の違いのようなもののファクターが大きく、また、カメラの形状の違いで、撮影距離が変化してしまったので、適切な比較にはなりそうもない。レンズ構成は違う両者だが、バックのボケなど意外に描写は似ているのではないだろうか。

 ただ、EF40の方が寄れる。0.3mとスペックではDA40より10cm余分に寄れる。この違いは、実用上案外大きい。

EF40、AFの効く最短距離にて。

Panke_ef40cl

DA40最短

Panke_da40cl

ペンタックスのフルサイズDSLRもうわさされる中、EF40mmに手を染めてしまったのは、自分の今後の機材の交通整理上、波紋を投げかけている(笑)

|

« 屋代線廃止からほぼ2ヶ月 | トップページ | EF40mm F2.8 STM (その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/55030526

この記事へのトラックバック一覧です: EF40mm F2.8 STM:

« 屋代線廃止からほぼ2ヶ月 | トップページ | EF40mm F2.8 STM (その2) »