« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月28日 (土)

蝶ケ岳(3)・・・朝

 もろもろの理由で良く寝れないまま、短時間はきっと濃く寝たのだろう。
そして、朝4時。山小屋の朝は早い。がさごそ、荷造りの音。
自分は、夜のうちに一定の「収穫」があったので、ゆっくり目に起きて、そのまま下山のつもりだった。
 が、まだ薄明時間帯。天気はどんなだろうと、トイレに立ってみた。なんと!すばらしい快晴。明けの明星がぎらぎらと輝いている。
 多くの人が外でスタンバッていた。ご来光を。天文現象の関心に、一般の人より鈍いなんて・・・。
急遽、起きて、準備した。
みな、今か今かと見つめる。日の出の正確な時刻を調べてきた人もいる。

「夜明け前」

Chougatake_yoakemae

EOS 5D MarkⅡ/smc PENTAX-FA☆1:2 24mmAL F4.8/ 1/25sec ISO100

続きを読む "蝶ケ岳(3)・・・朝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝶ケ岳(2)・・・夜空

 7/26撮影。目当ては標高2600m級の夜空。ただ、この日は前半月がある。星景やるのか、星野やるのか、定まっていない。ポラリエ含め、重いレンズもいくつか持ってきてしまった。そう、フルサイズをカバーする、気の利いたズームレンズは未だ持ってない。
すっきりとした晴れ空ではないが、星はある。まあ、こんなものだ。
まずは、厳然とそびえる穂高山系に圧倒されながら、

「月の光」

Hotaka_tukiyo

EOS 5D MarkⅡ/smc PENTAX-FA☆1:2 24mmAL F4.8/30sec ISO800 RAW
DPPで画像処理

続きを読む "蝶ケ岳(2)・・・夜空"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

蝶ヶ岳(1)・・・初めての北アルプス

 7/26登山記。安曇野市三股手前の駐車場で車を置き、とぼとぼと徒歩をスタート。500mほどで三股登山指導所。ここで標高1280m。蝶ケ岳ヒュッテは2650m程度とすると、6.5kmの距離歩くうちに1350m程度標高を稼がなくてはならない。平地を6.5km歩くのもこの重いリュックでは楽ではない。重いリュックが肩に、心に、食い込む。帰宅してからわかったのですが、EOS 5D MarkⅡやポラリエなどあれやこれやと欲張り、撮影機材だけで7.5kg。
砂利道のような河原のような道を歩き、つり橋を渡り、

Tuirbashi

なおもはしごや急坂を登って、見えた標識は「標高1500m」。残り標高1150m!・・・挫ける。心が折れる。

続きを読む "蝶ヶ岳(1)・・・初めての北アルプス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

にわかフルのレンズ事情(5)・・・Fish-eye-Takumar 1:4/17

 宮本製作所のM42-EOSアダプターで取り付けています。
このアダプターは、がたつきが少なくていい感じです。
しかも、Avモードで露出補正も使える。

Fetaku17_5d2



ただし、メカニカルバックの関係で、すべてのタクマーが使えるわけではなかった。
∞まで縮めると、5D2のミラーに後玉の枠が当たってしまうのだ。
これにはショックだった。
手持ちのM42で有効に使えるのは、このレンズだけだった。

続きを読む "にわかフルのレンズ事情(5)・・・Fish-eye-Takumar 1:4/17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にわかフルのレンズ事情(4)・・・FA☆1:2 24mmAL

宮本製作所のPK-EOSアダプターを介して、自動絞りのレバーは全撤去でつけています。

Fa24_5d2_2

続きを読む "にわかフルのレンズ事情(4)・・・FA☆1:2 24mmAL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100万Hit、ありがとうございました

 

本日、拙ブログのカウンターが、
11:13
Mhit_1113


11:48
Mhit_1148

になったようです。
たくさんの閲覧、ありがとうございましたm(_ _)m

続きを読む "100万Hit、ありがとうございました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

にわかフルのレンズ事情(3) 標準~望遠系

 撒き餌レンズ:EF50mm 1:1.8Ⅱ。天体に関しては、開放近くでは、周辺の星像はあまり良くなかった。F4とか5.6まで絞ればOK。

2012/7/17  S52編成

S52_759m

プラマウント、ピントリングはスカスカ、つくりはありったけチープ、USMもないのでAFもうるさい部類だけど、絞れば全面シャープなのは、この手のガウスタイプの安心なところ。

続きを読む "にわかフルのレンズ事情(3) 標準~望遠系"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にわかフルのレンズ事情(2)・・・EF35/2

 銀塩のころから広角35mmF2をこよなく愛して(!?)きたので、EF35/2はどうしても欲しかった。

Ef35_2

このレンズ、昔から変わらないし、数あるCanonの現行レンズの中でも、たしか唯一、技術的ウリを表すアイコンがない。AFはジージーうるさい。
中古も豊富で、似たようなタマがずらり、より取り見取り。
いまだにイチオシにする評論家もいるようだし、それなりに生き延びてきた理由はあるはずだ。
ここでは、星がどう写るかに限って、調べてみた。

続きを読む "にわかフルのレンズ事情(2)・・・EF35/2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にわかフルのレンズ事情(1)

 ボディだけあっても、フルサイズをカバーできるレンズが無ければ、宝の持ち腐れ。
いままでのいきさつ上、どうやらフルサイズカバーできそうなレンズを集めてきたら、こんな感じになった。

Full_lens

手持ちのM42レンズでは、ミラー干渉の関係からFish-eye-TAKUMAR  1:4 17mmのみ。
Kマウントも、smc PENTAX-FA☆1:2 24mmAL、M28/2.8、FA100/2.8 MACROあたり。
新鋭EF40/2.8STMがフルサイズカバーということで、どんな写りを見せてくれるか。
銀塩カメラのときは35/2大好き人間だったので、EF35/2は中古だが、確保してみた。
設計古めのレンズが現代のフルサイズセンサーでどの程度戦力になるか、徐々に試していきたい。

まずは、新鋭のEF40/2.8STMを星で。

続きを読む "にわかフルのレンズ事情(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

EOS 5D MarkⅡ

簡単に言えば、欲しかった。

Ef405d2

続きを読む "EOS 5D MarkⅡ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »