« 豪雨から起死回生の?ペルセウス流星群 | トップページ | EOS 5D MarkⅡ+smc PENTAX-FA 1:2 35mmALで星野 »

2012年8月17日 (金)

VIVIO・・・18ケ月目点検

 ブレーキパッド類の磨耗が限度に近くなっているので、半年刻みにDIYにて点検をしているわけですが、フロントのパッドについては、そろそろ年貢の納め時かもしれない。

Frontpad2012_8

そこへいくと、リヤドラムのライニングの摩耗は前回比、測定誤差ほどにしか減っていない。

Rear2012_8

ちゃんと仕事をしているのか、不安になるほど(笑)

Wear2012_8

フロントパッドは2mmきったところもあるし、今回交換の手続きをしたい。リヤのトレーリング側ライニングは、半年後の車検まで、いや車検を越してもしばらくいけると思うが、手ブレーキの調整など難しい面もあるので、直前よりは余裕のある今のうちにやっておきたい気もする。

・パワステポンプ周りのオイル漏れは、小康を保っている。
・バッテリーの比重は、両端が1.26、中4つは1.29。数値的にはまだ使えるが、極板のうねりが目立つようになってきた。冬季には交換の覚悟をしたほうがいい。
・タイヤの磨耗が進んでいる。溝の深さが前3mm、後2mmなので、そう遠くないうちにこれも交換の算段を立てねばなるまいorz
今年6月に購入2周年を迎えたVIVIOですが、燃費についての傾向が出揃ってきた。

Nenpi20115_

 大まかには、夏伸びて冬悪い。冬は(青空駐車ゆえ)霜取りのための暖機、スタッドレスタイヤによる転がり抵抗増加、行動低下による行楽などの長距離移動が少ない、等々の条件が重なるためだろう。

 傍からはちっぽけな軽自動車だが、自分的には高い水準で満足。車を操る楽しさ、快適さ、車の便利さは充分これで享受できる。なかでも、飽きずに維持する上で燃費や快適さも重要ではあるが、ハンドリングの良さが自分の中では大事だということを、改めて認識することとなった。
 だが、補修部品が困らないうちはいいとして、将来的にこれを置き換えるとなったら、もうスバル純血の軽は(新車では)もうない。次はどんな車にしようか、ちょっと脳裏をかすめるのである。

|

« 豪雨から起死回生の?ペルセウス流星群 | トップページ | EOS 5D MarkⅡ+smc PENTAX-FA 1:2 35mmALで星野 »

コメント

燃費の傾向は、私の場合もほぼ同様です。
冬場は20km/Lを維持するのがせいぜい。この夏は結構頑張っていて22km/L後半の数字も出ています。
タイヤ交換後に一時的に悪化しましたが、意識的にエンジン回転を抑えるようにしたところ、前シーズンよりかなり向上しました。
先日、カミさんのスズキ ソリオで家族4人で所沢まで出かけてきましたが、エアコンも普通に使って22km/Lを超えてました。
もともとスピードの出る車ではないので、高速も一番左の車線を流れに乗せて走ってました。
やはり燃費向上には、いかにエンジンを回さずに走るかに尽きるようです。(笑)

後継車、順当に行けばR2あたりが候補になるのでしょうか。
今お付き合いされている販売店さんはなかなか頼りになりそうなので、頼んでみるのも手かもしれませんね。(^^)

投稿: ich | 2012年8月17日 (金) 07:12

>ich様

 私の場合、一回の走行距離がどのくらいかでほぼ燃費が決まってしまう感じです。
通勤で使用していないので、行楽で遠出する夏が伸びます。近所しか乗らない冬とかなり差が出ます。
軽は、交通の流れに乗るためには、ある程度エンジンをブン回さざるを得ず、意外に燃費は伸びません。
R2もいいのですが・・・駐車スペースや経済的に余裕があれば1.2~1.3Lの排気量があったほうが、
燃費にはいいのではないかと、思っています。そういった場合に選択肢がないのがスバル。
純血系はずいぶん大きな車になってしまいます。
まあ、当面はVIVIOに乗り続けながら、のんびりと新車の動向も関心をもってみていこうと思っています。

投稿: keypon13^2 | 2012年8月17日 (金) 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/55439914

この記事へのトラックバック一覧です: VIVIO・・・18ケ月目点検:

« 豪雨から起死回生の?ペルセウス流星群 | トップページ | EOS 5D MarkⅡ+smc PENTAX-FA 1:2 35mmALで星野 »