« VIVIO・・・リヤホイールシリンダのOH | トップページ | 広角域の拡張 »

2012年9月16日 (日)

標準ズーム

 EOS 5D MarkⅡの標準ズームをどうするか。
相ふさわしいのはようやく発売になったEF24-70/2.8L ⅡUSMとか
EF24-105/4L IS USMとか、赤い筋の入ったやつになる。
が、いいお値段で、当座のところ到底ムリ。(でも、いつかは欲しいなんて思っちゃうからフルサイズは恐ろしい)

 とりあえずは、本気のときは単焦点、機動力重視のときは↓にした。

Ef28_105_2usm

EF 28-105mm 1:3.5-4.5Ⅱ USM
もう販売終了した中古品。

 多分、この程度のレンズしか用意できないなら、APS-Cにキットレンズのほうが像性能はいいのかも。
 案の定、開放では特に周辺で甘い。望遠側での糸巻き型の歪曲収差も目立つ。それでもF8程度に絞れば、シャープネスについては困るようなことはない。ただし、倍率の色収差は、拡大すると気になる。

EOS 5D MarkⅡ
ISO100 28mmF9 1/160sec

Ef28_105ex28_1


ISO100 105mmF4.5

Ef20_105ex105

 ズームにしては、バックのボケは柔らかく好印象。
また、金属マウントでリングUSMで静粛だしフルタイムマニュアルもできるから、操作性は良い。

 今のAPS-Cのキットレンズも写りは頑張っているのだろうけど、モノとしての魅力がせめてこのレンズほどは備わっていて欲しいと思うのであります。

|

« VIVIO・・・リヤホイールシリンダのOH | トップページ | 広角域の拡張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/55674773

この記事へのトラックバック一覧です: 標準ズーム:

« VIVIO・・・リヤホイールシリンダのOH | トップページ | 広角域の拡張 »