« フルサイズでM31 | トップページ | VIVIO・・・フロントブレーキのOH »

2012年9月 2日 (日)

生活習慣病からの脱出を・・・

 今後の戒めに、あえてブログに書きとめることにする(苦笑)
 さる6月下旬の会社の健診で出た尿糖。「ついに来たかorz」
前々から、特に食生活に関しては↓「このままではいかん!」との認識は持っていた。

Neturyou

ひどいときには、これに加えてビールのお供に袋ラーメンで3000kcal近くに。
遠くでヤバイとの危機感は持っていたのだが、改善への実行が伴わなかった。
結果BMIは28に達し、高血圧、心臓付近の痛みすら覚えるようになった。

6/30、糖尿担当の先生の門を叩き、「まずは食生活、運動で努力をしてみて経過を観察」と、いわば2ヶ月の執行猶予をいただいた。
1日の摂取熱量を1600~1800kcalに抑えると、体重は面白いように減りだした。
たぶん、心境はダイエットに夢中になる若い女性のように。

さて、その2ヶ月は過ぎて、約束の日がやってきた。
採血と採尿を済ませ、中待合で待機していると・・・

歯に衣を着せない語り口のその先生の、先行の患者数名に対してのやり取りが聞こえてきた。
経過が良好な人には「良く頑張りましたねぇ。その調子です。」
悪化した人には、「マジ、ヤバイです。入院の手続きとりますか!!」
などとやっている。
自分は、それなりに努力してきたが、「体重減少が病状進行によるものではないのか」との懸念はあった。
さて、その検査結果は・・・ジャジャジャ-ンsweat01

Dm_data

実際は、この2ヶ月強で8kgは減っているのだが、6/30の初診の時はサバを読んで少なめに申告したので、減少幅は6kg強となっている(笑)

どう過ごしましたか、とまず自主申告をさせる。
「食事の摂取カロリーに気をつけて体重を落としました。」

血糖値は範囲を超えているのだが、そのことには触れずに、
「本当ですね、良く頑張りました。まったく正常の範囲です。」
「これなら、糖尿病の治療はいりません。」
これ以上、無理して体重を落とす必要もありません。
ただ油断すると、簡単に元に戻ってしまいますから、維持に心がけてください。
それと、臓器は加齢とともに確実に機能が低下します。
定期的(3ヶ月毎)に血液検査をしましょうかね。

ということで、今回は釈放となった。
問題意識はありながら、「それを放置するか実行するか」だけの違いだが、その違いが大きいことに気づいた。
と日記には記しておこう。

|

« フルサイズでM31 | トップページ | VIVIO・・・フロントブレーキのOH »

コメント

遅ればせながら、生還おめでとうございます。本当に良かったですね。
生活習慣の改善は、血糖以外にも良い影響が有りますので、ぜひこれからもご自愛を。
私の場合、肝心の血糖値は楽観できない状態ですが、尿酸値やら中性脂肪などはほぼ正常値になりました。
基本的な事を地道に続けることの大変さは、日々実感していますが・・・。

投稿: ich | 2012年9月 9日 (日) 16:16

>ich様

ありがとうございます。
今回は、とりあえず無罪釈放?となりました。
が、「あなたの場合、(遺伝的に因子がありそうなので)いつかきっとインスリンは出なくなります。」
「それが努力の有無で今すぐなのか、5年先か、10年先かという違いになって現れます。」
とちょっと不気味なけん制をされました(苦笑)
同じ糖尿でも個々の症例によっていろいろな経過と対処がありますから、一筋縄にはいえないわけですが、
まあ、私の場合簡単に言えば、暴飲暴食をなんとなく自覚しながら、長年続けてきてしまった。というところにあります。
病気を遠ざける手立てがあるなら、努力してみた。というところです。
そしてなによりも、これからキープすることが課題ですが(^^;

投稿: keypon13^2 | 2012年9月10日 (月) 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/55561170

この記事へのトラックバック一覧です: 生活習慣病からの脱出を・・・:

« フルサイズでM31 | トップページ | VIVIO・・・フロントブレーキのOH »